理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ハブ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/10/09(月) 00:58:02.13 ID:CAP_USER
ハブの毒に偶然の「進化」 OISTがゲノムを解読、治療応用に期待
2017年10月5日 05:00

【恩納】沖縄科学技術大学院大学(OIST)と県衛生環境研究所のチームがハブ毒のゲノム(全遺伝情報)を初めて解読し、4日発表した。えさを捕まえるのに有利な強い毒だけでなく、弱い毒も次世代に受け継ぎながら進化しており、それが偶然の働き「遺伝的浮動」に基づくことを明らかにした。

ハブの毒には獲物の血圧を異常にしたり、血液を固まらせたりする複数の成分が含まれる。一つが効かなくても他の成分で確実に仕留める仕組みだ。

続きはソースで

▽引用元:沖縄タイムス+プラス ニュース 2017年10月5日 05:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/152065

▽関連
沖縄科学技術大学院大学(OIST)
2017-10-04  ハブの毒を初めてゲノム解読:ヘビ毒の進化を解明
https://www.oist.jp/ja/news-center/news/2017/10/4/31854
タイワンハブ(Protobothrops mucrosquamatus)は、沖縄において定着した外来種。
https://oist-prod-www.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/s3fs-public/photos/IMG_1166.jpg
サキシマハブ(Protobothrops elegans)は南西諸島に固有の種で、現在は沖縄県南部での定着も確認されている。西表島で捕獲したこの個体はキノボリトカゲを捕食していた。
https://oist-prod-www.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/s3fs-public/photos/IMG_0671.jpg
images


引用元: 【遺伝情報】ハブの毒に偶然の「進化」 ハブ毒のゲノムを初めて解読/沖縄科学技術大学院大など

ハブの毒に偶然の「進化」 ハブ毒のゲノムを初めて解読/沖縄科学技術大学院大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/11(金)02:14:29 ID:TQ7y2Zm0v

猛毒のハブにかまれて、奄美で10年ぶりの死者です。

 鹿児島県・奄美群島の加計呂麻島で10日午前、池の近くで作業していた51歳の男性が、毒ヘビのハブに右手の甲をかまれました。男性は病院で血清治療などを受けましたが、およそ3時間半後に死亡しました。

 県によりますと、奄美群島でのハブによる死者は10年ぶりです。

 ハブはこれからの時期、活動が活発になるため、保健所が注意を呼びかけています。(10日20:59)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140410-00000054-jnn-soci



【ハブ】奄美群島で男性が猛毒のハブにかまれて死亡。死者がでるのは10年ぶり。の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ