1: 2016/01/11(月) 19:55:36.55 ID:CAP_USER*.net BE:532994879-PLT(13121)
sssp://img.2ch.sc/ico/syobo2.gif
 地球温暖化による気温上昇に対応するため、政府は昨年11月、適応計画をまとめ、九州・山口でも暑さに強い農産物への転換が本格化している。

 宮崎県は温暖化を見越して、主力果物のミカンの代替作物として、ラン科の熱帯植物「バニラ」の量産化を進める。他の県でも米や野菜など様々な品種の開発や普及を急いでいる。

 宮崎県日南市にある県総合農業試験場・亜熱帯作物支場。15度に保たれたガラス張りの温室にはバニラの苗木が並ぶ。

続きはソースで

ダウンロード

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160111-00050009-yom-soci

引用元: 【社会】温暖化を見越してバニラ栽培…ミカンの代替で

温暖化を見越してバニラ栽培…ミカンの代替での続きを読む