理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

パプアニューギニア

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/13(月) 12:31:20.23 ID:???.net
【動画】超貴重!巨大深海ザメの撮影に成功 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/071000180/


http://assets.nationalgeographic.com/modules-video/assets/ngsEmbeddedVideo.html?guid=0000014e-69f2-dd38-ab4e-fff71b0a0000
ソロモン諸島沖の海底火山付近で高解像度ビデオが捉えたオンデンザメの鮮明な映像。オンデンザメは1:04から登場。生きた姿をとらえたビデオはこれまで3例しかないという。(動画は広告の後に
再生されます)
http://assets.nationalgeographic.com/modules-video/assets/ngsEmbeddedVideo.html?guid=0000014a-4f6a-d229-a15b-5ffa463e0000
参考動画:「ドロップカム」を使って、体長約6メートルのニシオンデンザメを撮影できたことに大喜びする別の研究者の様子。ドロップカムが出てくるのは24秒以降。3時間の空振りの後に訪れた
クライマックスは1:20前後から。場所はフランツ・ヨーゼフ諸島周辺。(動画は広告の後に再生されます)


 無事に戻ってくることを祈りつつ、高価な観測機器を海中に投下することは、海洋探査の大きな仕事のひとつ。たいていの場合、観測機器は戻ってくる。1つか2つ、へこみが増えているかもしれないが。(参考記事:特集「バイオロギングで迫る海洋動物の素顔」)

 こうして引き上げられた観測機器が、ときに驚くような発見をもたらす。今回は、その海域で一度も見つかったことがないオンデンザメ(学名:Somniosus pacifucus)の姿だった。

 オンデンザメ属のサメは「世界一のろい」魚と言われる深海ザメで、ふつうは北太平洋、北大西洋、南極大陸とタスマニアの周辺海域に生息している。(参考記事:「のろいサメ、眠ったアザラシを捕食?」)

 けれども今回オンデンザメが撮影された場所は、南太平洋のパプアニューギニア東方のソロモン諸島付近だった。

 米ロードアイランド大学で海底火山の研究をしている博士課程の学生ブレナン・フィリップス氏は、予想外の発見に興奮を隠せない。

水深937m、7時間45分 

 2015年1月、フィリップス氏らのチームは海底火山を調査するため、ソロモン諸島沖の深海に、ビデオカメラと生物をおびき寄せる餌と照明の3点セット――通称「ドロップカム(drop-cam)」を投下した。

 ナショナル ジオグラフィック協会/ウェイト助成金プログラムの支援を受けているフィリップス氏いわく、ある日、記事のネタになりそうな「奇妙な」ものを探そうと、「カバチ(Kavachi)」という海底火山から20kmほど離れた海上からドロップカムを投下した。

 ドロップカムは水深937mまで沈んだ。その後に彼らが引き上げ、7時間45分にわたる録画をダウンロードすると、複数あるビデオファイルのうち、大きな茶色い斑点が写っているサムネイルに目が止まった。

 フィリップス氏によると、ビデオのデータを処理する技術者は非常に几帳面な人で、科学者がどんなに頼んでも、サムネイルの順番を飛ばすことはないという。

 けれども今回、彼はこのルールを曲げた。「私たちは顔を見合わせ、『このサムネイルのファイルをすぐに見よう』と言ったのです」

 そのファイルを開いてサメの姿が映し出されると、チームのメンバーは歓声をあげた。火山研究者のフィリップス氏はサメのことはよく知らなかったので、スクリーンのキャプチャー画像を専門家に送って、珍客の正体を教えてもらった。

続きはソースで

ダウンロード

文=Jane J. Lee/訳=三枝小夜子

引用元: 【深海生物学】超貴重!巨大深海ザメの撮影に成功 オンデンザメでは史上3例目、間近で捉えた鮮明な映像

超貴重!巨大深海ザメの撮影に成功 オンデンザメでは史上3例目、間近で捉えた鮮明な映像の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/12(金) 20:37:26.18 ID:???*.net
人肉食が予防した不治の病
かつて人肉食で親類縁者を弔っていたパプアニューギニアのフォレ族にプリオン病の抵抗遺伝子が見つかった

2015年6月12日(金)17時49分
ダグラス・メイン

20世紀初頭の時点で、パプアニューギニアの少数民族フォレ族には、死んだ仲間や家族の死体を食べる弔いの習慣があった。身体だけではなく、脳も食べた。
フォレ族はそのお陰で、彼ら特有の「クールー病」に対する抵抗力を身につけていたことがわかった。

「クールー病」は、人間の牛海綿状脳症(BSE)にあたるクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)と同じく、悪性のタンパク質プリオンによって引き起こされる。脳内にプリオンが蓄積されると筋肉の動きに異常が起こり、
認知症を発症して最終的には死に至る。

患者の神経組織を食べなければ、この病気に感染することはない。
だがフォレ族は、仲間の死体の脳を食べることで知らぬ間に病気に感染していた。

しかし人肉食の習慣は、1つ良い効果をもたらしていた。
フォレ族の多くが、クールー病やCJDに抵抗力を持つとみられる遺伝子変異をもっていたのだ。
科学雑誌「ネイチャー」に今月発表された研究で、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(UCL)のジョン・コリンジの研究チームは、フォレ族から見つかった遺伝子変異をネズミに移植した。
すると実験対象のネズミには、クールー病だけでなく2つのタイプのCJD(自然発生に起こるタイプとBSEの牛を食べて感染するタイプ)への抵抗力が生まれた。

続きはソースで

no title

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/06/post-3694_1.php

引用元: 【科学】人肉食の習慣が認知症を予防

人肉食の習慣が認知症を予防の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ