理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

パーキンソン病

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/06(金) 12:25:20.10 ID:CAP_USER
共同発表:若年性パーキンソン病原因遺伝子産物(PINK1とParkin)によるミトコンドリア品質管理の調節機構の解明
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160506/index.html


ポイント
ミトコンドリア品質管理の1つの調節機構を明らかにしたことで、パーキンソン病の病態のさらなる理解に貢献することが期待される。
細胞内環境に応じた調節機構の発見により、環境が大きく変化する細胞分化の際にもミトコンドリア品質管理が新たな役割を果たすことを示唆している。


私たちの体で使われるエネルギーの多くは、ミトコンドリアと呼ばれる細胞内の小器官で産生されます。ミトコンドリアはエネルギーを産生する際に生じた活性酸素種(ROS)注1)で障害を受けることがあり、障害が蓄積したミトコンドリアは積極的に分解・排斥されます。このような機構をミトコンドリアの品質管理と呼び、若年性パーキンソン病原因遺伝子産物(PINK1とParkin)が重要な役割を果たしています。しかし、PINK1とParkinがどのように細胞内の環境に応答して調節されているかは分かっていませんでした。このたび、立教大学 理学部の岡 敏彦 教授のグループは、徳島大学 藤井節郎記念医科学センターの小迫 英尊 教授のグループと共に、環状AMP(cAMP)注2)という低分子物質がタンパク質にリン酸を付加する修飾(リン酸化)を介してPINK1とParkinのミトコンドリアへの標的化を制御し、ミトコンドリア品質管理を抑制することを発見しました。

立教大学の赤羽 しおり PD(ポストドクトラルフェロー)と宇野 碧 大学院生は、cAMPの細胞内濃度を上昇させるとPINK1とParkinが障害を受けたミトコンドリアに標的化しなくなることを発見しました。さらに、この現象は、cAMPがミトコンドリアタンパク質(MIC60とMIC19)をリン酸化修飾することで生じることを突き止めました。今回の研究成果はパーキンソン病の病態のさらなる理解に貢献するだけでなく、細胞内環境に応じた調節機構の発見により、環境が大きく変化する細胞分化の際にもミトコンドリア品質管理が新たな役割を果たすことを示唆しています。

本研究の成果は米国学術誌「Molecular Cell」に5月5日(米国東海岸時間)付にて発表されます。

続きはソースで

ダウンロード (5)
 

引用元: 【医学/生化学】若年性パーキンソン病原因遺伝子産物(PINK1とParkin)によるミトコンドリア品質管理の調節機構の解明 [無断転載禁止]©2ch.net

若年性パーキンソン病原因遺伝子産物(PINK1とParkin)によるミトコンドリア品質管理の調節機構の解明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/29(火) 22:18:45.56 ID:CAP_USER.net
パーキンソン病に頭皮からの電気刺激が有効か 一時的だが効果を確認
Medエッジ 2015年12月28日 9:00 AM
https://www.mededge.jp/a/psyc/20879

パーキンソン病に、頭皮からの電気刺激が有効であるかもしれない。

◇腕の動きが鈍くなる

米国ジョンズ・ホプキンス大学のレザ・シャメール氏らの研究グループが、神経分野の専門誌であるジャーナル・オブ・ニューロサイエンス誌において2015年9月に報告。
同大が紹介している。

パーキンソン病では、体の動きが鈍くなる問題が起こると良く知られている。
研究グループは、力の強さも弱まる傾向があると説明する。

脳の中でドーパミンと呼ばれるシグナルが不足して、症状が出てくると分かっている。

研究グループは、電気刺激がこうしたシグナルにどう影響するかに注目した。

対象としたのは、50歳から75歳で右利きの健康な15人、さらにパーキンソン病の15人。

パーキンソン病の人は、2年から20年、病気を患っている人で、震え、筋肉の硬直、バランスが取れないなどの症状をコントロールするための薬を飲んでいる人を対象にしている。

腕をテーブル上に固定して、設置されたハンドルを握ってもらう。10回繰り返してもらって測定する。

◇運動症状は平均25%改善

健康な人は、ハンドルを動かすときに両手に均等に力をかけられていた。
左右の差は30%を超えていなかった。

一方、パーキンソン病の人は、症状のない腕に2倍の力をかけられるものの、症状のある腕との差は70%を超えることもあった。

次に、25人に頭の外から電気刺激を加える処置をした。
頭皮に置いた電極から軽い刺激を与える。
神経細胞に電流を流すことになる。

ここからマイナスの電気刺激をすると効果が表れた。腕の力のばらつきがすくなくなった。
運動症状は平均25%改善。症状のある腕の硬直に改善が見られた。

(引用ここまで 全文は引用元参照)

ダウンロード (4)
 

引用元: 【神経/医学】パーキンソン病に頭皮からの電気刺激が有効か 一時的だが効果を確認/米ジョンズ・ホプキンス大

パーキンソン病に頭皮からの電気刺激が有効か 一時的だが効果を確認/米ジョンズ・ホプキンス大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/08(火) 01:20:30.50 ID:CAP_USER.net
iPS研究の工程表公表、文科省 毛包や歯がお目見え
共同通信47NEWS 2015年12月4日 17時09分
http://this.kiji.is/45421593567969289

ダウンロード


文部科学省は4日、さまざまな細胞や組織に成長させられる人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った再生医療研究の10年先までの目標を盛り込んだ工程表を公表した。

工程表は2009年に初めて作成され13年に更新、今回は2回目の改定。
新たに毛包や歯など5組織が加わり、再生を目指す細胞・組織は19になった。

昨年9月に実施した世界初の網膜の再生医療に続くと期待される京都大のパーキンソン病治療については、これまでの想定より少し遅れ「1~2年後に臨床応用開始」とされた。
毛包は4~5年後、歯は7年後以降の見込み。

(引用ここまで 全文は引用元参照)

ips細胞の主な工程表
http://giwiz-nor.c.yimg.jp/im_siggaB95oPJmWvc.mAl6ONkm3A---exp3h/r/iwiz-nor/ch/images/45534990213367290/origin_1.jpg

▽関連サイト
文部科学省
平成27年12月04日 iPS細胞研究ロードマップの改訂について
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/046/houkoku/1364984.htm
今後の幹細胞・再生医学研究の在り方について 改訂版 報告書 平成27年8月7日 平成27年11月11日一部改正 (PDF:1068KB)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/046/houkoku/__icsFiles/afieldfile/2015/12/04/1364984_1_1.pdf

引用元: 【再生医療研究】iPS細胞研究の工程表公表 毛包や歯がお目見え/文部科学省

iPS細胞研究の工程表公表 毛包や歯がお目見え/文部科学省の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/17(火) 21:57:02.68 ID:???*.net
【AFP=時事】コーヒーを1日に3~5杯飲んでいる人は、心臓病、自◯、糖尿病、パーキンソン病で早死にする確率が低くなるとの結果が16日、米国で発表された。

0


 米ハーバード大学チャン公衆衛生大学院(Harvard University Chan School of Public Health)の研究チームが米国心臓協会(American Heart Association)の学術誌「サーキュレーション(Circulation、「循環」)」11月16日号に発表した研究論文によると、カフェイン入りとカフェイン抜きのコーヒーの両方に、この効果がみられることが判明したという。

 研究では、コーヒーの1日の摂取量がカップ2杯未満の人と、1日に最高5杯までの「適度な」量を飲んでいると回答した人を比較した。
その結果、コーヒーと特定の疾患の発症率低下との因果関係は証明されなかったが、これまでの研究と一致する明確な関連性が発見された。

 論文の筆頭著者で、ハーバード大栄養学部博士課程のミン・ディン(Ming Ding)氏は、コーヒーに含まれる生理活性化合物がインスリン耐性や炎症を減少させると指摘する。「今回の研究結果の一部は、これで説明がつく可能性がある。
だが、これらの効果を生み出している生物学的メカニズムを調べるためには、さらに研究を重ねる必要がある」という。

 論文は「調査対象集団全体で、中程度のコーヒー摂取と、心臓病、糖尿病、パーキンソン病などの神経系疾患、自◯などによる死亡リスクの低下との関連性が認められた」と述べている。

 研究チームは、喫煙、体格指数(BMI)、運動、アルコール摂取量、食事などの潜在的な交絡因子についても説明している。
だが、自己申告に基づいた調査だという点で、研究の信頼性が疑問視される可能性もある。

 また、コーヒーは多くの人々に愛好されているが、誰にでも適しているわけではない可能性があるとチームは注意を促している。
同じく筆頭著者のハーバード大のフランク・フー(Frank Hu)教授(栄養学・疫学)は「コーヒーの定期的な摂取は、健康的でバランスの取れた食事の一部として組み込むことができるが、妊婦や子どもなど特定の人々は、コーヒーや他の飲料によるカフェインの摂り過ぎに注意すべきだ」という。

 一方、過去の研究にはコーヒーの摂取と特定のがんのリスク低下との関連性を指摘するものがあるが、
今回の研究では、がんに対する予防効果については何も見つからなかった。

 今回の研究は現在進行中の大規模な調査3件で収集されたデータに基づく。これらの調査のうち1件は、看護師などの医療従事者約30万人が、自分の医学的状態や日常習慣に関して30年間にわたって定期的に回答する調査だという。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151117-00000024-jij_afp-int

引用元: 【食】コーヒー1日3~5杯、死亡リスク低下と関連

コーヒー1日3~5杯、死亡リスク低下と関連の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/23(金) 11:13:43.77 ID:???*.net
パーキンソン病患者に特有の「におい」、遺族が指摘 研究対象に

【10月23日 AFP】パーキンソン病で夫を亡くした妻が、この病気に「におい」があることに気付き、疾患に関する新たな研究が今週、始まった。

 ジョイ・ミルン(Joy Milne)さん(65)は、亡き夫のレスさんがパーキンソン病を発症する数年前、体臭の変化に気付いたことを研究者らに伝えた。

 英スコットランドのパース(Perth)で取材に応じたジョイさんは、「私はにおいにとても敏感だった。レスのにおいに微妙な変化があったことは、とても早い段階で気付いた」と語った。

 ジョイさんによると、このにおいを言葉で説明するのは難しいが、濃厚でわずかにムスクのような香りがするのだという。他の患者らにも同様のにおいがあることに気付き、この病気とにおいとの間に関連性があると疑ったと話す。

 研究者らは、パーキンソン病患者らが就寝時に着用していたTシャツのにおいでジョイさんが患者らを特定できたことから、ジョイさんに「スーパースメラー」というニックネームを付けた。

続きはソースで

images


(c)AFP

AFPBB NEWS 2015年10月23日 10:27 発信地:ロンドン/英国
http://www.afpbb.com/articles/-/3063980

引用元: 【科学】パーキンソン病患者に特有の「におい」、遺族が指摘 研究対象に[10/23]

パーキンソン病患者に特有の「におい」、遺族が指摘 研究対象にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/16(火) 18:14:06.83 ID:???.net
新しい細胞移植法によって、聴神経の機能再生に成功 — 京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/150616_1.html
新しい細胞移植法によって、聴神経の機能再生に成功
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/documents/150616_1/01.pdf

画像
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/images/150616_1/02.jpg
移植細胞は、最終的に、有毛細胞と蝸牛神経核細胞とシナプスを介して連結する


(前略)


概要

 脊髄損傷や神経変性疾患と呼ばれるパーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの病気では、中枢神経細胞が次第に死んで神経変性が起こります。このために、手足が麻痺したり、体がスムーズに動かなくなったりします。これらの問題を解決するために、神経細胞を送り込んで失われた神経機能を回復させようとする「細胞移植治療」に、大きな期待が寄せられています。しかし、現状では、移植された細胞の大部分が比較的短期間のうちに死んでしまうという大きな問題が、未解決のまま残されています。

 この移植された細胞の多くが死んでしまうという問題は、中枢神経特有の性質が関係していると考えられています。中枢神経細胞が死んでいくとき、それと平行して「瘢痕組織」ができてきます。
瘢痕組織は硬い組織なので、移植された細胞は、このような過酷な環境の中では生き延びることができない、とされて来ました。

 当初の研究では従来から広く行われている細胞移植法を採用し、細い注射針などを神経組織に刺して、細胞を神経内部に注入しました(神経内移植法)が、注入された細胞は数週間後までに死んでしまいました。ところが、偶然に神経表面に漏れ出た細胞が、「自力で神経内に入り込んで生き延びる」というこれまで報告されていない現象を発見しました。そこで、次の実験では、細胞を神経内に注入するのではなく表面に置くことにし、これを「表面移植法」と名付けました。その実験の結果、表面移植された細胞は、瘢痕化した神経内に次々と入り込み、瘢痕組織を利用しながら形を変えつつ、長期間にわたって生き続けました。そして、3ヶ月後にラットに音を聞かせてみると、聴神経の機能が改善していることが明らかになりました。

詳細・続きはソースで

0 (2)
 

引用元: 【再生医学】新しい細胞移植法(「表面移植法」)によって、聴神経の機能再生に成功

【すごい!】新しい細胞移植法(「表面移植法」)によって、聴神経の機能再生に成功の続きを読む

このページのトップヘ