理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ヒル

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/06/14(水) 20:07:08.22 ID:CAP_USER9
宇宙に行ったプラナリア 体の両端に2つの頭が出現 帰還後もそのまま
Hazardlab:2017年06月14日 17時06分
http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20650.html

http://sp.hazardlab.jp/contents/post_info/2/0/6/20650/p001.jpg
体の両端に頭ができたプラナリア(撮影:諸隈淳治さん/Allen Discovery Center at Tufts University)

 プラナリアという生物をご存知だろうか?川や池など綺麗な水に住み、ヒルのように見えるが、よく見るとマンガのキャラクターのような目を持っていて、全身が消化管になっている。
何がすごいって、イモリやミミズを凌駕する高い再生能力。
体を切り刻んでもすべての断片が再生し、切った数だけ個体数が増殖するとあって、再生医療の研究者たちから熱い注目が寄せられている。

 米マサチューセッツ州のタフツ大学で生物化学を研究する諸隈淳治氏らのチームは、水と空気を1対1の比率で詰めたチューブ状の容器に、プラナリアを入れて、国際宇宙ステーション(ISS)に送り込み、5週間滞在させてから、再び地上に戻した。
プラナリアのうち、15匹は、無重力空間が再生能力に及ぼす影響を調べるため、頭部、胴体、尻尾の3分の1ずつ切断したものを用意した。

 そして、地球上で同じ期間を過ごしたプラナリアと比較した結果、宇宙帰りのプラナリアは、新鮮な湧き水に移した瞬間にショック反応を起こし、仰向けになって痙攣した後、ピクリとも動かなくなった。

続きはソースで

http://sp.hazardlab.jp/contents/post_info/2/0/6/20650/reg279-fig-0001.png
プラナリアを宇宙へ運ぶための容器。バッテリーが内蔵されていて、中の温度を一定に保つ(Allen Discovery Center at Tufts University)
二つの頭を持つプラナリアは、地球帰還後に頭を切り離しても、同じように再生された(撮影:諸隈淳治さん/Allen Discovery Center at Tufts University)
ダウンロード (1)


引用元: 【生物】宇宙に行ったプラナリア 切断した体の両端に2つの頭が出現 18年間で初の観察事例、帰還後もそのまま 米・タフツ大学©2ch.net

宇宙に行ったプラナリア 切断した体の両端に2つの頭が出現 18年間で初の観察事例、帰還後もそのまま 米・タフツ大学の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/30(火) 05:55:02.22 ID:???0.net
2014/12/29 20:04

画像
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201412/img/d_07621561.jpg

 山で人や動物の体に張り付き、血を吸うヤマビルが兵庫県内で生息域を広げている。県内の森林組合は、既に姫路市(夢前町)、たつの市、多可町など16市町で生息を確認。動物に付いて移動することが多いとされ、シカの生息域拡大が一因とみられる。専門家は「ヤマビルはシカが運ぶリスクの一つ。早急な対策が必要」と指摘する。(阿部江利)

 県内の森林組合によると、2012年時点の生息域は、但馬、丹波、北播、姫路、西播、淡路地域。西播磨では中国自動車道を越え、南下している。多くの組合は「田畑でも確認されるようになった」としており、姫路市の雪彦山など、人気の登山コースでも血を吸われるケースが相次いでいるという。

 東京の民間団体「ヤマビル研究会」が03年に行った調査では、密度の濃い生息域は朝来市や宍粟市の一部にとどまっており、急速な拡大がうかがえる。

 同会の谷重和会長(70)によると、ヤマビルが確認されている全国33都府県の中でも、兵庫県は生息域が広範囲にわたる地域。拡大の主要因はシカやイノシシの増加といい、「薬剤散布では数が一時的に減るだけ。野生動物を寄せ付けない防護柵の設置や、有害獣駆除による適正管理が欠かせない」と話す。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)

引用元:神戸新聞NEXT
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201412/0007621559.shtml

引用元: 【兵庫】 吸血ヤマビルにご注意! 生息域南下、六甲山系に迫る [神戸新聞]

【兵庫】 吸血ヤマビルにご注意! 生息域南下、六甲山系に迫る [神戸新聞]の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: おっ、おにぎりが欲しいんだなφ ★ 2014/01/23(木) 10:44:46.74 ID:???0

ほとんどの生物が死ぬ零下196度の液体窒素に入れて凍結した後でも生きているヒルを発見したと、東京海洋大の鈴木徹教授(食品冷凍学)らのチームが22日付の米科学誌電子版に発表した。


【画像】
ヌマエラビル。上部に口がある。体の横側に枝状の突起があるのが特徴(プロスワン提供) 
http://img.47news.jp/PN/201401/PN2014012301000676.-.-.CI0003.jpg


このヒルは、本州の川などに生息するクサガメに寄生する体長約1センチの「ヌマエラビル」。
チームが研究用に冷凍保管していたクサガメを解凍したところ、寄生していたヒルが動きだしたのをきっかけに詳しく調べた。

その結果、液体窒素に24時間漬けて体内の水分を凍らせても解凍すると生きていた。ヒルの成体だけでなく、ふ化直後の幼体や卵も生き残った。
同じ実験をした他の5種類のヒルは全て死んだ。

ソース:共同
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012301000671.html 

1ce44930.jpg
 


【驚異!】零下196度で生きる「ヒル」を発見 凍結、解凍に耐えるの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ