理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ピーク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/07/24(木) 12:24:10.87 ID:???0.net
最近数日間で、太陽活動は著しく低下し、7月19日、太陽に黒点は一つもなかった。
LosAngelesTimesが伝えた。

学者たちは、通常この時期、太陽活動はピークを迎えるため、太陽のこのような状態は、十分に奇妙だとの考えを表している。

米国の天文学者トニー・フィリップス氏によると、現在、最近100年間で太陽活動が最も低下している状態だという。

続きはソースで

「ロシア新聞」より

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_23/275008452/

引用元: 【宇宙】太陽から黒点が消える…最近100年間で太陽活動が最も低下している状態

太陽から黒点が消失…ここ100年で太陽活動が最も低下の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2014/02/21(金) 22:13:13.48 ID:???0 BE:925887839-PLT(12557)

厚生労働省は21日、16日までの1週間に全国の医療機関を受診したインフルエンザ患者が推定147万人で、2週続けて減少したと発表した。前週から11万人減った。

定点報告を受けている約5000の医療機関の患者数は平均28.18人で、大流行の恐れを示す警報レベル(30人)を下回り、ピークを過ぎたとみられる。

3

*+*+ 毎日jp +*+*
http://mainichi.jp/select/news/20140222k0000m040045000c.html



インフルエンザ、ピークを過ぎるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/31(金) 19:16:07.41 ID:???0

★スギ・ヒノキの花粉、飛散量は少なめ 環境省予測
2014年1月31日

環境省は31日、今年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量や飛散時期の予測の第2報を発表した。
昨年、大量に雄花がついて飛散したことから、今年は雄花が少ないため昨年に比べて量は少ないが、多く飛散する期間が長くピーク時期は昨年より早まると予測した。飛び始めは東北、北陸では、過去10年間の平均に比べて遅めになる。

ピークは九州、四国、近畿、東海、関東などで2月下旬から3月上旬、北陸は3月中旬、東北は3月下旬から4月上旬の見込み。2月3日から環境省花粉情報サイト(http://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/)で日々の観測データが公開される。

039a73e2.jpg

http://apital.asahi.com/article/news/2014013100002.html



スギ・ヒノキの花粉、飛散量は少なめ 環境省予測の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/12/26(木) 07:17:59.71 ID:???0 BE:2160402697-PLT(12557)

毎年出現する三大流星群の一つ「しぶんぎ座流星群」が、来年1月4日の夜明け前に出現ピークを迎える。

国立天文台は「今回は月明かりがなく、来年の流星群の中では最も観察条件が良い」(縣秀彦准教授)として、防寒に注意して新春天文ショーを楽しむよう呼び掛けている。

d9edf1be.jpg

*+*+ jiji.com +*+*
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013122600025



しぶんぎ座流星群、1月4日夜明け前がピークの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ( ´`ω´) ◆ChahooS3X2 @ちゃふーφ ★ 2013/12/15(日) 16:04:53.91 ID:???0

★ ふたご座流星群ピーク、ラブジョイ彗星の間近に

 師走の夜空を彩るふたご座流星群が出現のピークを迎えた。

 流星は宇宙を漂うちりが地球に落ちてくる際に空気との摩擦で燃えて光る現象。同流星群は毎年この時期にピークとなり、ふたご座の辺りから放射状に流れるように見えるためこの名称で呼ばれる。1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並んで3大流星群とされ、毎年安定して多くの流れ星が見られることでも知られている。

 和歌山県串本町では14日未明、1時間に40個ほどが観測され、中には今月23日に太陽に最も近づくラブジョイ彗星すいせいの間近に出現するものもみられた。

(2013年12月14日15時46分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131214-OYT1T00365.htm
21

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20131214-549438-1-L.jpg

★ 天空で美の競演 ふたご座流星群、富士山の背後に長い尾

 三大流星群の一つ、ふたご座流星群が、13日から14日にかけてピークを迎え、山梨県富士河口湖町の精進湖畔には、数多くの天文ファンが詰めかけた。

 氷点下近くに冷え込むなか、富士山の背後に長い尾を従えた流星が流れ始めると、観衆からは歓声が上がり、感動のため息が漏れていた。

産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/life/news/131215/trd13121514530011-n1.htm
22

http://sankei.jp.msn.com/images/news/131215/trd13121514530011-p1.jpg

★ ふたご座流星群、ピーク迎える あと2~3日は肉眼で観測可能か
FNN http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00259698.html
※ソースに報道動画あり



【科学】 ふたご座流星群がピーク迎える…みんなもう見た?まだ間に合う!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/12/12(木) 15:23:05.21 ID:???

2013年12月14日 ふたご座流星群が極大

毎年12月14日ごろに見られるふたご座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並ぶ三大流星群のひとつだ。
小惑星ファエトンの通り道を毎年この時期に地球が通過し、そこに残されていたちりが地球の大気にとびこんで、上空100km前後で発光して見える。

今年の活動のピークは14日14時ごろと予想されているので、13日から14日にかけて、14日から15日にかけての二夜が見ごろだ。
流れ星の中心となるふたご座は、木星をともなって宵のころに現れる。
未明まで月明かりがあり条件はあまりよくないが、その反対の方向を中心に、空を広く見わたしてみよう。
防寒の準備を万全に。

617d6184.jpg

▽記事引用元 AstriArts
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2013/201312/1214/index-j.shtml
http://www.astroarts.jp/alacarte/2013/201312/1214/20131214.png



【天文】2013年12月14日 ふたご座流星群が極大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ