理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ブラジル

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/13(土) 14:24:09.48 ID:???.net
体長1センチの新種カエル、7種を発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/061100141/

画像
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/061100141/ph_thumb.jpg
最近、ブラジルで発見された超小型カエルの1種(Photograph by Luiz Fernando Ribeiro, CC BY SA)


 ブラジルの熱帯雨林で、体長1センチほどの小さなカエルの新種7種が発見された。先週、ブラジルのパラナ連邦大学教授マルシオ・パイ氏が、オンライン学術誌「PeerJ」に発表した。

 見つかった新種はいずれもコガネガエル属(Brachycephalus)の仲間。体がごく小さく、鮮やかな色をしていることで知られる。目立つ色で、皮膚に猛毒を持つことを敵に警告しているようだ。
(参考記事:「最小の脊椎動物、7.7ミリのカエル」)

 コガネガエルの大半の種は、ブラジルの雲霧林のごく限られた山の頂上付近でしか発見されていない。 これらの種は、谷に遮られて生息域を広げられず、それぞれの種が互いに隔離され、孤立して生息している。


コガネガエルが21種から28種に

 今回論文を発表したパイ氏のチームは、新種のカエルを探すため、ブラジル南部のパラナ州およびサンタ・カタリーナ州の雲霧林で複数回の野外調査を実施した。

 コガネガエルが最初に見つかったのは1824年だが、大半の種は過去15年の間に発見されている。生息地がアクセスの困難な奥地にあることも理由の一つだ。「野外調査をするには、通常、2時間から8時間かけて険しい山道を登り、また同じ時間をかけて戻ってこなくてはいけません」

続きはソースで

images (1)

(参考記事:「かわいい!カーミットそっくりの新種カエル」)

文=Mary Bates/訳=キーツマン智香

引用元: 【生物】体長1センチの新種カエル、7種を発見 ブラジル熱帯雨林に孤立して生息

体長1センチの新種カエル、7種を発見 ブラジル熱帯雨林に孤立して生息の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/25(水) 22:01:22.69 ID:???*.net
ブラジル南東部にある熱帯雨林で地元の人々に目撃され、伝説になっていた白いバクの撮影に、ナショナル ジオグラフィック誌に寄稿する写真家ルシアーノ・カンディザーニが成功した。

images


ブタにも似た出で立ちのバクの体は、通常、こげ茶色をしている。「白いバクが出没する」という噂に興味をそそられたカンディザーニは、この幻の動物を写真に収めたいと考えた。

2014年5月、目撃情報のあるヴォトランチン保護区に入り、暗闇の中、夜行性のバクが姿を現すのを待った。
バクは数多くやってくるものの、白いバクは一向に現れない。
彼はあきらめず、今度はカメラトラップを設置した。
動物がカメラの前を通ると、自動的にシャッターがおりる仕組みだ。

「ある晩、撮った写真を確認していたら、白いバクが目に飛び込んできたんです。胸が高鳴りました」と
カンディザーニは振り返る。アルビノのアメリカバク(学名:Tapirus terrestris)が野生下で撮影されたのは、
これが初めてだ。

■バクの受難

アルビノの動物は、自然に起こる遺伝子の突然変異によって色素が欠如し、毛は白く、眼は赤みを帯びたピンク色となる。

アルビノのバクは、生息地である南米の熱帯雨林でもめったに見られない。
体長1.8メートル、体重200キロ以上にもなるバクは、ブラジル最大の陸生哺乳類だ。

続きはソースで

画像
ブラジルの熱帯雨林で撮影されたアルビノのバク。(PHOTOGRAPH BY LUCIANO CANDISANI)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/032400013/ph_thumb.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/15/032400013/

引用元: 【生物】幻の白いバクの撮影に成功(画像あり)

幻の白いバクの撮影に成功(画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/28(土) 08:30:09.37 ID:???.net
掲載日:2015年2月27日
http://www.afpbb.com/articles/-/3040970

no title


 ブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)で来年開催される夏季五輪のセーリング競技会場に今週、再び大量の魚の死骸が打ち上げられ、選手たちの衛生面での懸念が高まっている。地元漁師の間にも不安が広がっている。

 市清掃局によると、リオデジャネイロ五輪でセーリング競技が行われるグアナバラ湾(Guanabara Bay)では25、26日の2日間で計12.3トンの小さな銀色の魚の死骸が回収された。

 同湾では昨年10月にも、おびただしい数の同じ魚の死骸が見つかっている。

続きはソースで

(c)AFP

<画像>
ブラジル・リオデジャネイロのグアナバラ湾に打ち上げられた魚の死骸を回収する地元当局職員(2015年2月26日撮影)。(c)AFP/Christophe Simon
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/e/a/1024x/img_eaa25fb5be9334fcdaeee9dfa943fee0279992.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/1/e/1024x/img_1e792714c76095387ad09a114c0fa460328532.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/6/1024x/img_560a3204f2c02aaf9e626297ecbcbe77271517.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/0/1024x/img_70de477aaaf6bf967068bd200f863a39210713.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/7/1024x/img_8741a933ed00336de5ca492560d3c169188925.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/0/a/1024x/img_0a45fb11d6e555aff0c6a8388a3e69ab160021.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/e/0/1024x/img_e0eaa031cf41124be04f15927c3d62fb276991.jpg

<参照>
Thousands of dead fish wash up again in Rio Olympics bay - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=Yq0V4d7huiE


引用元: 【環境】リオ五輪セーリング会場でまた魚大量死、2日で12トン超

【画像・動画】リオ五輪セーリング会場でまた魚大量死、2日で12トン超の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/06(金) 14:19:25.65 ID:???*.net
ISSきぼう:ブラジルの超小型衛星を放出 有料で初
【毎日新聞】 2015/02/06 10:33(最終更新 02/06 11:25)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」からブラジルの超小型衛星を宇宙へ放出することに成功したと発表した。JAXAが公募した有料による放出枠を利用した初のケースという。

放出したのは、ブラジル国立宇宙研究所などが開発した1辺10センチの技術実証衛星「AESP14」。
JAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で開発に参加した研究者らが見守る中、同日午後9時50分に放出された。

JAXAは昨年4月、きぼうからの放出やH2Aロケットへの相乗りを希望する衛星について、研究を目的にした従来の無料枠に加え、試行的に有料枠を設けた。きぼうからの放出は10センチ級で300万円と、ロケット相乗り(2700万円)より安い。

続きはソースで

【大場あい】

ソース: http://mainichi.jp/select/news/20150206k0000e040192000c.html
画像: http://mainichi.jp/graph/2015/02/06//20150206k0000e040192000c/image/001.jpg
 (国際宇宙ステーションの日本実験棟から放出されたブラジルの超小型衛星(中央)=JAXA、NASA提供)

プレスリリース:
ブラジルの宇宙機関が開発した超小型衛星を放出しました
http://iss.jaxa.jp/kiboexp/news/150205_aesp14.html

引用元: 【科学】ISS「きぼう」からブラジルの超小型衛星を放出、有料枠で初 - JAXA [15/02/06]

ISS「きぼう」からブラジルの超小型衛星を放出、有料枠で初 - JAXAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/18(日) 23:40:08.01 ID:???0.net
http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/20239/cat/1

 連邦医師審議会(CFM)は昨年12月、幼児と青少年向けの抗てんかん薬として大麻(マリフアナ、マコーニャ)の成分の一つであるカナビジオール(CBD)の処方を脳神経科医、神経外科医、精神科医に限って認める決定を下したが、国家サニタリー監督庁(Anvisa)は今月14日、全会一致で同成分の薬剤としての分類を従来の「禁止薬」から「要管理薬」に変更することを決定した。
これにより、ブラジルでも正式にCBDの臨床での使用が認められた形となる。15日付エスタード紙が報じた。

 医師会による決議はAnvisaの要請を受けてのものだったという。昨年4月に重度のてんかん患者アニー・フィッシャーちゃん(6)の両親が同庁の「特別申請手続き」を通して行った輸入要請によってCBDの輸入を許可して以来、同庁はこれまでに374件の申請を受理し、このうち336件を許可している。

 欧米諸国をはじめ南米でもチリやウルグアイで抗てんかん薬としての処方と使用が認めらているが、比較的短期間でのこの受理数はブラジル国内でも需要があることを示している。
 ブラジル脳神経学会(ABN)が「同薬剤にはあらゆるタイプのてんかんに奇跡的な効果があるわけではないが、科学的にはまだ定義されていない特定の難治性てんかんに対して大きな効果が見込める」と述べており、さらにCBDはてんかんそのものを治療するわけではなく、症状を抑える薬として重要だと強調した。
アニーちゃんの場合は、毎日の発作を抑えることができる薬はCBDだけだったという。

続きはソースで

引用元: 【ブラジル】医療大麻を合法化

【ブラジル】医療大麻を合法化の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/09(火) 17:15:14.87 ID:???.net
Yahoo!ニュース - 中国の長征ロケット・シリーズ、200機目の打ち上げを達成 (sorae.jp)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141208-00010002-sorae_jp-sctch


 中華人民共和国は12月7日、ブラジルと共同開発した地球観測衛星CBERS-4を載せた、長征四号乙ロケットの打ち上げに成功した。
こ回の打ち上げで、中国の長征ロケット・シリーズは200機目の打ち上げとなった。またここ最近の100機に限れば、打ち上げ成功率は世界第1位をひた走っている。

 最初の長征ロケットである長征一号は、当時開発が進められていた大陸間弾道ミサイル「東風5」を基に開発され、1号機は1970年4月24日、人工衛星「東方紅一号」を搭載して打ち上げられた。これにより中国は、ソ連、米国、フランス、日本に次ぐ、世界で5番目の人工衛星打ち上げ国となった。

 その後、返回式衛星(FSW)と呼ばれるフィルム回収式の偵察衛星を打ち上げる手段として、打ち上げ能力を増やした長征二号ロケットが開発された。長征二号は2段式のロケットで、地球低軌道に2tの打ち上げ能力を持っていた。1974年11月5日に1号機の打ち上げを試みるも離昇20秒後に爆発、失敗に終わる。原因はジャイロからの信号を伝達するケーブルに問題があったためと記録されている。

 その後、改修を施した長征二号甲が登場する。長征二号甲は基本的に長征二号と同じ機体だが、長征二号の失敗の原因となったケーブル部に手が加えられている。1975年11月26日に1号機が打ち上げ成功し、FSWを軌道に乗せた。その後1978年1月26日までに全3機が打ち上げられた後、引退した。

 またその後、打ち上げ能力を高めた長征二号丙が登場した。見た目は長征二号、長征二号甲と似ているが、改良により、地球低軌道への打ち上げ能力が2.4tにまで向上している。FSWなどの他、イリジウム衛星など他国の商業衛星を打ち上げるロケットとしても使われ、第3段として固体ロケットを装着した構成や、また近年は打ち上げ能力を4tまで高めた改良型も登場した。1982年9月9日に初飛行し、現在も活動している。

 そして、1980年代中期に開発されたFSWの改良型FSW-2を打ち上げるために、長征二号丁が開発された。当初は長征二号丙の開発を担当した中国運載火箭技術研究院(CALT)が長征二号丙の改良型を提案するもコスト高により却下、代わりに上海航天技術研究院(SAST)が提案した案が採用され、これが長征二号丁となった。1992年8月9日に初飛行し、現役である。ただし、当初開発された長征二号丁は1992年と1994年、1996年の3回だけ打ち上げられて運用を終え、2003年からは尾部にフィンが追加されるなどした、改良型の長征二号丁が運用に就いている。

引用元: 【宇宙開発】中国の長征ロケット・シリーズ、200機目の打ち上げを達成

中国の長征ロケット・シリーズ、200機目の打ち上げを達成の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ