理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ブラジル

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/15(土) 02:08:44.98 ID:???.net
ハイトーンボイスのカエル、名はオジー
Carrie Arnold
for National Geographic News
November 14, 2014

ブラジルのアマゾン熱帯雨林で、コウモリのような鋭い鳴き声を上げる新種のアマガエルが発見された。

「鳴き声を聞いた瞬間、新種だとわかった。あんな鳴き声はそれまで聞いたことがなかった」と、ブラジルのパラエンセ・エミリオ・ゴエルディ博物館(Museu Paraense Emilio Goeldi)の博士研究員で発見者の一人、
ペドロ・ペロソ(Pedro Peloso)氏は語る。

ペロソ氏のチームは2009年、アマゾン熱帯雨林の自然保護区の一つであるパウ・ロサ国立植物園(Floresta Nacional de Pau-Rosa)で、生物多様性の調査中に2センチほどの両生類を発見した。

チームは数カ月に及ぶフィールドワークの間に、細長い四肢の指を持ち、オレンジがかった茶色をしたこの不思議な両生類21個体を発見した。

オスは、ほぼ透明な皮膚でできた非常に大きな鳴嚢を持ち、これが膨らんで高音のチーチーという風変わりな鳴き声を生み出す。
一般に、アマガエルのオスは大きな鳴き声で離れた場所の樹上にいるメスとコミュニケーションを取ることが知られているが、コウモリのような鳴き声を発するカエルが見つかったのは今回が初めてという。

ペロソ氏によると、捕獲したこのカエルを実験室に持ち帰り、「コウモリのような鳴き声だねと皆で話し続けているうちに、オジー・オズボーンとブラック・サバスのファンだという話になった」そうだ。

イギリスのロックバンド、ブラック・サバスの1981年のコンサートでボーカルのオジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)は、ファンの一人がステージにコウモリの死骸を投げ込んだところ、おもちゃと思ってその頭を噛みちぎったことがある。
ペロソ氏はこのコウモリのような鳴き声のカエルをオジー・オズボーンに因んでDendropsophus ozzyiと命名し、11月6日付けの「Zootaxa」誌に発表した。

-----------引用ここまで 全文は引用元参照----------

▽記事引用元
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20141114001
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_images/dendropsophus-ozzyi-407f7de-pedro-peloso_85673_990x742_600x450.jpg
National Geographic(http://www.nationalgeographic.co.jp/)November 14, 2014配信記事

▽関連リンク
Zootaxa
A new “Bat-Voiced” species of Dendropsophus Fitzinger, 1843 (Anura, Hylidae) from the Amazon Basin, Brazil
http://biotaxa.org/Zootaxa/article/view/zootaxa.3881.4.3

引用元: 【生物】ブラジルのアマゾン熱帯雨林で新種のアマガエル発見 ハイトーンボイスのカエル、名はオジー

ブラジルのアマゾン熱帯雨林で新種のアマガエル発見 ハイトーンボイスのカエル、名はオジーの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/26(金) 10:37:23.49 ID:???0.net
デング熱の感染者が世界で最も多いとされるブラジルで、「デング熱に感染しない蚊」が開発され、1万匹が放出されました。

 リオデジャネイロにある研究所は24日、デング熱ウイルスの働きを抑える
バクテリアの一種「ボルバキア」に感染した蚊、約1万匹を放出しました。
この蚊にデング熱の感染者が刺されると、体内のデング熱ウイルスの増殖を抑えることができるということです。
また、野生の蚊と交配した際、ボルバキアの物質が遺伝するため、将来的にはデング熱を持つ蚊を根絶させることができると期待されています。
研究所は今後、約4カ月にわたって週に1回、1万匹の蚊をリオデジャネイロの北部で放出する予定だということです。


http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000035375.html
デング熱“抑える蚊”1万匹を放出 ブラジル(09/26 08:01)

引用元: 【ブラジル】デング熱に感染しない蚊、1万匹放出

【ブラジル】デング熱に感染しない蚊、1万匹放出の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/15(金) 14:18:48.54 ID:???.net
■新種の翼竜の化石、ブラジルで発見 47個体分

 ブラジルで発掘された骨の化石が、6600万年から1億年ほど前に大空を高く舞っていた翼竜の新種であることを確認したとの研究論文が、13日の米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)に発表された。

化石は、同国南部パラナ(Parana)州のクルゼイロ・ド・オエステ(Cruzeiro do Oeste)郊外にある古い
湖沼堆積物の中から見つかった。少なくとも47個体分あったという。

ブラジル・コンテスタード大学(Universidade do Contestado)のパウロ・マンジグ(Paulo Manzig)氏率いる研究チームが発表した論文によると、翼竜は「カイウアヤラ・ドブルスキイ(Caiuajara dobruskii)」と名付けられた。翼竜の化石が同国南部で発見されたのは初めてだという。

同国ではこれまで、翼竜の化石はすべて北東部で発見されていた。
翼竜の化石はこの他にも世界各地で見つかっており、これまで主に古代の沿岸地域で発見されている。

論文によると、今回発見された翼竜の大半は若いうちに死んだと考えられており、このことは、この種が
群れで生息・飛行していたことを示唆しているという。

見つかった個体の翼を広げたときの大きさは、0.65メートルから2.35メートルだった。20平方メートル足らず発掘地からは、白亜紀後期のものと見られる骨が数百個見つかっている。(後略)

http://www.afpbb.com/articles/-/3023066
http://www.afpbb.com/ AFPBB News (2014年08月14日 11:41発信地:ワシントンD.C./米国)配信
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1403379058/239 依頼

Discovery of a Rare Pterosaur Bone Bed in a Cretaceous Desert with Insights on Ontogeny and Behavior
of Flying Reptiles
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0100005

引用元: 【古生物学】新種の翼竜の化石、ブラジルで発見 47個体分

新種の翼竜の化石、ブラジルで発見 47個体分の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/07/17(木) 22:10:51.98 ID:???.net

アマゾン川が逆に流れる理由
Sid Perkins, 15 July 2014 3:45 pm

逆流する川。地表に起こる侵食などのプロセスによってアマゾン川(明るい色に塗られた流域)の大部分が逆向きに流れる理由が説明できる。
http://news.sciencemag.org/sites/default/files/styles/thumb_article_l/public/sn-amazonH.jpg

数百万年前、現在のブラジル北部を西に向かって流れていたいくつもの川が、大西洋に向かって流れるように向きを逆転させ、巨大なアマゾンが誕生した。以前の研究では、「回れ右」を引き起こしたのは、南米大陸の地下深くで熱くて粘り気のある岩石の流れがゆっくりと変化したことだと提唱されていた。だが新しいコンピュータモデルは、「Uターン」の原因が地表に起こっているありふれた地質学的プロセス、すなわち隆起するアンデスから削られる土砂の持続的侵食、移動、堆積であったことを示唆している。

アンデス山脈は南米の西海岸のすぐ内陸に連なっている。この山脈の中央部分が成長し始めたのは約6500万年前で、アンデス北部はその数百万年後に隆起し始めた、とサンパウロ大学(ブラジル)の地球物理学者、ヴィトル・サセック(Victor Sacek)は話した。現在はアンデスからの土砂を含んだ水を大陸を横切って大西洋へと運んでいるアマゾン川であるが、約1000万年前まで現在の流れは存在しなかったことがフィールド研究によって分かっている。
それ以前は、現在のアマゾン盆地の大部分に降った雨は、西に集められてアンデスの東縁に沿って巨大な複数の湖を形成し、そして北に流れてカリブ海に出ていた。大昔の水系パターンから現在の形状へのシフトを起こした地質学的プロセスは激しい議論の的だった。

アンデス東側の湖は、成長する山脈の莫大な重さが地殻を押し下げて作った細長いトラフの中に形成された、とサセックは話した。しかしどういうわけか、トラフの下の地帯は数百万年にわたってゆっくりと標高が上がり、湖はしだいにエジプト以上の面積を覆う湿地帯に取って変わられその状態が長く続いた。その後、地帯がさらに上昇すると、湿地帯は完全に消失した。以前に提唱された説では、地球のマントル(地球の核と地殻の間にある非常にゆっくりと流れる物質)内にある溶融物質の循環の変化がアンデスの東の地形を押し上げ、それにともなって水系パターンも変化したとされていた。

しかし新しい研究はその責任をもっとありふれたものに負わせた。侵食作用だ。サセックはアンデスの成長、この地域での地殻の伸展、および気候を含むコンピュータモデルを開発した。(たとえば、山脈が隆起すると、より多くの湿った気流が遮られ、より多くの降雨を被り、侵食率を上昇させる。)このモデルは過去4000万年間(中央アンデス誕生の後だが山脈東麓が隆起し始める前に開始する期間)に起こった南米の地形進化をシミュレートする。

シミュレーションの結果は地質学的記録に見られる証拠の多くを再現した、とサセックは「Earth and Planetary Science Letters」のオンライン版に報告した。はじめに、アンデス山脈が地殻を押し下げて、土砂が埋めるより沈降のほうが速いためにトラフが形成され、それによってアンデスの東側に複数の湖が形成される。次に地帯の沈降が減速し、アンデスから流出した土砂の集積が追い越し、しだいに湖を埋めてさらに地形を高くした。その結果、山脈のすぐ東の地帯はアマゾン盆地の残りの東部より高くなり、アンデスから大西洋まで続く下降傾斜を与えるすシフトが約1000万年前に始まった。

>>2以降につづく

ソース:Latest News - sciencemag.org(15 July 2014)
Why the Amazon flows backward
http://news.sciencemag.org/earth/2014/07/why-amazon-flows-backward

原論文:Earth and Planetary Science Letters
Victor Sacek. Drainage reversal of the Amazon River due to the coupling of
surface and lithospheric processes.
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0012821X14004075


引用元: 【地球物理学】アマゾン川が大昔と逆向きに流れている理由


大昔のアマゾン川は逆向きに流れていた?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/25(火) 01:32:51.36 ID:???0

★【ブラジル】歯の矯正が「おしゃれ」 若者の間で偽物器具が流行
サンパウロ新聞 2月22日(土)1時51分配信

ブラジルの一部の若者の間では、矯正器具で歯並びを正しくするという目的以外に「おしゃれ用」としてさまざまなデザインの矯正器具を装着することが流行している。しかし歯科医らは、歯の健康が損なわれる可能性があるとして注意を呼び掛けている。20日付の地元紙が報じた。

この「偽物」の矯正器具は、サンパウロ市内の露天商やソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて簡単に入手することができる。最近は個性を重視する若者が増え、色やデザインも多種多様になっている。しかし、歯科医からは「歯に取り付けられた偽の矯正器具のゴムやワイヤーが歯のずれを生じさせたり、歯に張り付いた金属片が歯の神経を破壊する恐れがある。さらに歯肉退縮、歯そう骨の骨量減少、歯抜けなどの原因にもなり、金属片の取り付けに使われる強力な接着剤が口内粘膜の炎症や歯肉炎を発症させる可能性もある」といった声も出ている。

これを受けてサンパウロ州歯科審議会は、偽の矯正器具の闇市場の取り締まりを開始するべく、19日に各メーカーの担当者を交えた会議を開いた。同会のユキオ・ミヤケ会長は「最近は路上で色の付いた掃除ぼうきの枝のような矯正器具まで売られている。とてもひどい状態だ」と述べた。偽の矯正器具の装着に関しては、歯科医免許を持たない若者らがSNSなどを介して1回当たり平均120レアル(約5100円)、定期補修に50レアル(約2100円)の料金で違法営業をしていることも明らかになっている。昨年には、無免許の18歳の若者が患者50人に対して偽の矯正器具を装着して現金を受け取っていたという容疑で起訴された。

ある歯科医は「恋人の男性が『歯の矯正をしている女性がタイプ』という理由だけで、矯正完了後も矯正器具の取り外しを拒んだ女性患者もいた」と流行の加熱ぶりにあきれた様子で語った。

images (1)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140222-00010003-saopaulo-s_ame



【ブラジル】歯の矯正がおしゃれ 若者の間で偽物器具が流行 歯科医からは歯のズレや神経破壊、歯肉退縮や歯抜け等の原因の声もの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/04(火) 00:41:17.30 ID:???0

★【ブラジル】ブラジルは世界8位 非識字者が1320万人
サンパウロ新聞 2月1日(土)3時14分配信

国連教育科学文化機関(ユネスコ、UNESCO)の調べによると、ブラジルは15歳以上の非識字者の人口が世界で8番目に多いことが分かった。1月29日付の地元紙(電子版)が報じた。

世界全体の非識字者の人口は7億7740万人に上り、そのうち72%は10カ国に集中している。
ブラジルの非識字者人口はインド、中国、パキスタンなどに続いてワースト8位の1320万人だった。

若者の識字率が上がっているのに対し、地方に住んでいる高齢者の非識字率が依然として高いままだという。ブラジルでは、ここ数年間でたった1%の改善しかみられていないことも明らかになった。

3

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00010000-saopaulo-s_ame



世界全体の非識字者の人口は7億7740万人 ブラジルの非識字者はワースト8位の1320万人の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ