理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ブーム

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/07/08(金) 04:42:51.13 ID:CAP_USER9
 ようやく水素水ブームに行政が待ったをかけるようになり、少しは沈静化の兆しを見せ始めています。
 この手のビジネスは、急激に盛り上がっては急に鳴りを潜めるというパターンが多いものです。低周波ダイエット器具などは最たる例で、実際にブームに乗ってしまった方もいらっしゃるでしょう。
しかし今回の水素ブームは、あまりに性急な展開だったので、事の次第をきちんと把握できていない人も多いかと思います。
 そこで今回は、水素水を導入として、ついでに化学の基礎の復習もしたいと思います。今回のブームだけでなく、ほかのインチキ商売に惑わされなくなるためにも、再確認をしていきましょう。
水素水って何?

 水素水は、水素が溶けていると“自称する”水や、水を電気分解することで水素と水素ラジカルを含んだ弱いアルカリ性の水などが売られています。「水道水から水素水をつくる」と謳っている商品の大半は後者の電気分解水です。
 この電気分解による水素水がまったくの“ニセ科学”なのかと問われると、そうでもありません。真面目に研究されている部分もあり、一部の情報には信憑性が高いものも含まれています。
ただ多くは、まだ試験管レベルのもので、人間に対して「アトピーが治った」「アンチエイジング効果が確認できた」といった研究発表はないようです。
一部では動物実験で優位な効果も出ており、それを悪質業者が誇大して広告に利用しているという感があります。
 つまり、まだ研究途上であって、「有意に大きな効果があるかもしれない研究テーマ」という段階です。
そんな研究が完全に覆い隠されるくらいにインチキ商品があふれかえっており、市場に出回っている商品の大半はなんの効果も期待できない状況ですが、安易に水素水のすべてを否定することはできません。
 水素自体がなんの根拠もなく、ゲルマニウムのように「まったく無意味」と一刀両断できればスッキリするのですが、実際にきちんと研究している人もいるという点が悪質業者をはびこらせる原因になっているといえます。
 そのため、「良い効果が出る可能性があって、特に体に悪くないのであれば飲んでおいても損はしない」と判断し、ブームに乗ってなんとなく買ってしまう人がいるのも仕方ないかもしれません。
 しかし、町にあふれる水素関連商品は、うっかりすると死亡事故まで起こしかねない危険なものまで販売されており、見過ごすにはあまりに危険な存在なのです。

 しかも、零細のいかにもあやしい業者が細々と販売しているならまだしも、名だたる大企業が大手を振って水素水ビジネスに参入して、さも健康に良いかのように吹聴し、それを真に受けて喜んで買い求める人が多数いる現状を見ると、科学立国どころか理科の初等教育からの完全なる失敗を国全体で現すような醜態であると残念に感じます。

続きはソースで

images

(文=へるどくたークラレ/サイエンスライター)

引用元: 水素水ブーム、効果ゼロのインチキ高額商品が蔓延…死の危険も 水素は水にほとんど溶けず [無断転載禁止]©2ch.net

水素水ブーム、効果ゼロのインチキ高額商品が蔓延…死の危険も 水素は水にほとんど溶けずの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/10/26(土) 15:39:38.54 ID:???0

★「炭酸水」ブーム、女性に急拡大 食欲増進、ダイエットにも効果がある
2013/10/26 10:00

水に炭酸ガスを加えた「炭酸水」に、女性たちから熱い視線が注がれている。ヨーロッパでは「ガス入りミネラルウォーター」として日常的に飲まれるが、日本ではウイスキーやリキュールを割るくらいであまり馴染みがない。
しかし最近では、すっきりした飲み口に加え、血行促進、便秘解消などさまざまな効果も期待できるとして人気が急上昇しているのだ。

◆炭酸が血管を広げ「血行促進」してくれる
価格も安く、コンビニやスーパーで簡単に手に入る炭酸水。その人気ぶりは、数年前からテレビや雑誌でも多数取り上げられ、2013年10月23日には「ZIP!」(日テレ系)でも紹介された。最近では好みの飲み口を選べるほど種類も増え、若い女性たちからラブコールが送られているという。
炭酸水がここまで注目される理由は、爽快な味わいだけでなく、健康や美容面での効果にある。炭酸水を飲むと血管が拡張され、胃や腸の「ぜん動運動」が盛んになり、冷え予防、食欲増進や便秘解消につながるというのだ。一体どういうことなのか。
国際医療福祉大学の前田眞治教授に仕組みを解説してもらった。

「炭酸水を飲むと、血管内に二酸化炭素が入りこむ。炭酸は本来、エネルギーやタンパク質を作った後にできる老廃物なので、体は炭酸が入ってきた場所にこれらを作るための血液が必要だと誤認し、血管を広げてもっと酸素や栄養を送り込もうとする。
その結果、血管が拡張し、たくさんの血液が流れ、血行が良くなるのです」(前田教授)
食欲増進や便秘解消のために飲む場合は少量でよく、冷たい炭酸水を100~150ml程度飲むのが適切だそうだ。
逆に、たくさん飲むとダイエットにもつながる。「ダイエット目的なら、ぬるい炭酸水を500ml程度飲むといいでしょう。
少量だと『ぜん動運動』が活発になるのですが、一定量を超えると胃が膨れてぜん動運動が鈍り、満腹感が得られるのです」
(前田教授)。もちろん、炭酸飲料でも同様の効果が得られるが、ダイエットのために飲むならカロリーゼロのものを選ぶ必要がある。
>>2へ続く

3

http://www.j-cast.com/2013/10/26187214.html?p=all



「炭酸水」ブーム、女性に急拡大 食欲増進、ダイエットにも効果があるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2013/09/07(土) 09:30:47.99 ID:???0

 
“最初で最後”のキトラ古墳石室一般公開に参加希望者が殺到、古墳を取り上げる新聞・雑誌記事やテレビ・ラジオ番組を最近よく目にするようになった。
古墳を訪れる愛好者も増えていて、特に女性が急増中だという。

 急激に高まる古墳熱に、巷では「新たな古墳ブームが来たのではないか?」と言われているが、その背景には何があるのか? 古墳研究界の重鎮、明治大学の大塚初重名誉教授に話を伺った。


私は現在、明治大学リバティアカデミーなどで公開講座を行っていますが、旧石器時代や縄文時代に比べて、古墳時代の講座は非常に大人気なんです。

おそらく、古墳はつくられた場所にそのまま残っていて、その時代を想像しやすいところが最大の魅力なのではないかと思います。また古墳の形も、時代や地域、被葬者の身分などによっていろいろと違うところが面白い。棺や石室の形もいろいろあります。

それから、古墳があるのは奈良や大阪ばかりのようなイメージを持っている方も多いと思いますが、北海道を除き日本国内の至るところに古墳はあるんです。東京都内にも芝公園内の「芝丸山古墳」とか、上野公園内の「擂鉢山古墳」など、多くの古墳があります。都道府県別でいえば、いちばん多いのは兵庫県。以下、千葉県、鳥取県、福岡県、京都府と続き、奈良県は6位です。

意外に思う方もいるかもしれませんが、日本海側は古墳が多いんです。古墳巡りをしたいと思ったら、誰でもすぐに始められる状況にあります。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130907-00503030-sspa-soci
4



【トレンド】古墳めぐりを楽しむ「古墳女子」が急増中! 識者「奈良や大阪が目立つが、日本中に古墳が多く・・・」の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ