1: 2017/05/14(日) 19:25:54.46 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3128149?act=all

【5月14日 AFP】エジプト中部ミニア(Minya)県の砂漠地帯で地下墓地からミイラ17体が見つかった。エジプト考古省が13日に発表した。首都カイロ(Cairo)南方の同地においては「前代未聞」の発見だという。

 考古省の発表によると、ミニア県トゥーナ・エル・ゲベル(Touna-Gabal)地域でエジプトの考古学チームが地下墓地内の通路を奥へと進んでいったところ、複数の回廊に横たえられていたミイラ、計17体を発見した。これらのミイラは王家のものではないという。この他に金板1枚、古代エジプトの民衆文字「デモティック」が書かれたパピルス2枚、石灰岩や粘土製の石棺が多数に動物や鳥のひつぎなども見つかっている。

 ミイラの年代はまだ特定できていないが、考古省は、アレクサンダー大王(Alexander the Great)に征服される紀元前332年までのエジプト王朝末期の300年間に属するものとしている。

続きはソースで

(c)AFP/Haitham El-Tabei

2017/05/14 12:46(トゥーナ・エル・ゲベル/エジプト)

エジプト中部ミニア県トゥーナ・エル・ゲベルの地下墓地で見つかったミイラを指し示すハレド・イナニ・エズ考古相(2017年5月13日撮影)。(c)AFP/KHALED DESOUKI
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/8/-/img_28de977193dd6bc97a532b937c888e9c216909.jpg
エジプト中部ミニア県トゥーナ・エル・ゲベルで、17体のミイラが見つかった地下墓地前に集まった報道陣ら(2017年5月13日撮影)。(c)AFP/KHALED DESOUKI
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/0/a/-/img_0aa370f4fbf32d1b547cd63162a3c2d7167711.jpg
エジプト中部ミニア県トゥーナ・エル・ゲベルの地下墓地で見つかったミイラ(2017年5月13日撮影)。(c)AFP/KHALED DESOUKI
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/4/-/img_24b0022dd1472d571fff01dd8226d51c198701.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/3/4/-/img_342a96803b1fa54cda0bfdd016dbe0f2183905.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/c/-/img_5c120eb7377249ed5649ef609bafb01b202660.jpg
ダウンロード


引用元: 【エジプト】地下墓地でミイラ17体見つかる、エジプト中部では「前代未聞」 [無断転載禁止]©2ch.net

【エジプト】地下墓地でミイラ17体見つかる、エジプト中部では「前代未聞」の続きを読む