理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

プリオン病

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2019/02/22(金) 15:26:40.82 ID:CAP_USER
北米を中心としてシカやトナカイ、カリブーなどシカ科の動物を襲う「CWD(慢性消耗病)」は、2000年代に大きな問題となったBSE(牛海綿状脳症)と同様の「プリオン病」です。CWDに感染した鹿の肉をあえて食べる人はいないはずですが、過去、アメリカでは宴席で出された肉がCWDに感染した鹿のものだったという事例があり、食べた人の健康状態を追跡調査したレポートが存在しています。
https://i.gzn.jp/img/2019/02/22/cwd-deer-meet/00.jpg

Six-year follow-up of a point-source exposure to CWD contaminated venison in an Upstate New York community: risk behaviours and health outcomes 200... - PubMed - NCBI
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25225155

Zombie deer disease: What happened to 200 people who ate CWD meat
https://www.usatoday.com/story/news/health/2019/02/21/zombie-deer-disease-what-happened-people-ate-cwd-meat/2926840002/

BSEが「狂牛病」と呼ばれるように、CWDは「狂鹿病」や「ゾンビ鹿病」などと呼ばれることがあります。本当に鹿がゾンビ化するわけではないものの、感染するとまずは歩き方に変化が現れます。続いて、周囲に無関心になって孤立した生活を送るようになり、体重が減少。体が震えたり、同じところをぐるぐる歩き回ったり、神経過敏になったりという症状が現れます。唾液の量や歯ぎしりの回数、飲む水の量と排尿回数が増加。最後には、増加した唾液を原因とした誤嚥性肺炎や飢えが原因で死ぬとのこと。

初めてCWDが報告されたのは1967年、コロラド州の収容施設にいたミュールジカの事例でした。異常な症状から、未知の病気であることはわかったものの、それがプリオン病の一種であるとわかるのには10年以上が必要でした。その間に、野生の個体でも同じような症状が見つかり、2019年1月までにアメリカでは24州・251郡で感染例が確認されています。

続きはソースで

Occurrence | Chronic Wasting Disease (CWD) | Prion Disease | CDC
https://www.cdc.gov/prions/cwd/occurrence.html
https://i.gzn.jp/img/2019/02/22/cwd-deer-meet/cwd-map.png

https://i.gzn.jp/img/2019/02/22/cwd-deer-meet/01.jpg

Macaque study heightens concerns about human susceptibility to CWD
https://www.jsonline.com/story/sports/columnists/paul-smith/2017/06/28/macaque-study-heightens-concerns-human-susceptibility-cwd/430046001/

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20190222-cwd-deer-meet/
ダウンロード (1)


引用元: 【動物】「ゾンビ鹿(狂鹿病)」の肉を食べると人はいったいどうなるのか?[02/22]

「ゾンビ鹿(狂鹿病)」の肉を食べると人はいったいどうなるのか?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/12(金) 20:37:26.18 ID:???*.net
人肉食が予防した不治の病
かつて人肉食で親類縁者を弔っていたパプアニューギニアのフォレ族にプリオン病の抵抗遺伝子が見つかった

2015年6月12日(金)17時49分
ダグラス・メイン

20世紀初頭の時点で、パプアニューギニアの少数民族フォレ族には、死んだ仲間や家族の死体を食べる弔いの習慣があった。身体だけではなく、脳も食べた。
フォレ族はそのお陰で、彼ら特有の「クールー病」に対する抵抗力を身につけていたことがわかった。

「クールー病」は、人間の牛海綿状脳症(BSE)にあたるクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)と同じく、悪性のタンパク質プリオンによって引き起こされる。脳内にプリオンが蓄積されると筋肉の動きに異常が起こり、
認知症を発症して最終的には死に至る。

患者の神経組織を食べなければ、この病気に感染することはない。
だがフォレ族は、仲間の死体の脳を食べることで知らぬ間に病気に感染していた。

しかし人肉食の習慣は、1つ良い効果をもたらしていた。
フォレ族の多くが、クールー病やCJDに抵抗力を持つとみられる遺伝子変異をもっていたのだ。
科学雑誌「ネイチャー」に今月発表された研究で、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(UCL)のジョン・コリンジの研究チームは、フォレ族から見つかった遺伝子変異をネズミに移植した。
すると実験対象のネズミには、クールー病だけでなく2つのタイプのCJD(自然発生に起こるタイプとBSEの牛を食べて感染するタイプ)への抵抗力が生まれた。

続きはソースで

no title

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/06/post-3694_1.php

引用元: 【科学】人肉食の習慣が認知症を予防

人肉食の習慣が認知症を予防の続きを読む

このページのトップヘ