理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

プロジェクト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/05/09(月) 02:33:58.05 ID:CAP_USER
【5月8日 AFP】
米ネバダ(Nevada)州ミンデン(Minden)で7日、動力を使用しないグライダー「Perlan」の試験飛行が行われた。成層圏に達し高度の新記録を樹立することを目指す「Perlan」プロジェクトは、ボランティアによって進められているが、航空機メーカー「エアバス(Airbus)」が資金を提供している。この試験飛行では、同社の最高経営責任者(CEO)が副操縦士として搭乗した。

続きはソースで

ダウンロード (1)

(c)AFP

リンク先グライダー紹介動画有
http://www.afpbb.com/articles/-/3086350?act=all

引用元: 【航空】グライダーで成層圏目指す、エアバス出資で試験飛行 米 [無断転載禁止]©2ch.net

グライダーで成層圏目指す、エアバス出資で試験飛行 米の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/02/17(水) 16:40:15.77 ID:CAP_USER*.net
http://i.gzn.jp/img/2016/02/17/uproot-9000-people-for-alien/top_m.jpg

中国は世界最大の電波望遠鏡プロジェクト「Fast(Five-hundred-metre Aperture Spherical Radio Telescope)」を2011年から始動していますが、望遠鏡の設置場所である貴州省周辺の住民9110人に補償金を渡して立ち退きさせる予定であることが明らかになりました。

China uproots 9,000 people for huge telescope in search for aliens | World news | The Guardian
http://www.theguardian.com/world/2016/feb/16/china-relocates-9000-people-fast-telescope-search-for-aliens

世界最大の電波望遠鏡プロジェクト「Fast」は、直径500メートルの球状電子望遠鏡を設置して、宇宙空間から知的生命体によって送信されたメッセージなどを傍受することを目的としたもの。
電波望遠鏡は2016年9月までに設置が完了する見込みで、直径約300メートルの電波望遠鏡を持つプエルトリコのアレシボ電波天文台を超える世界最大の観測所が誕生します。

http://i.gzn.jp/img/2016/02/17/uproot-9000-people-for-alien/snap11340_m.png

続きはソースで

ダウンロード (2)

http://gigazine.net/news/20160217-uproot-9000-people-for-alien/

引用元: 【宇宙】宇宙人捜索のため中国政府が約9000人を居住地から立ち退きへ 補償金約21万円で

宇宙人捜索のため中国政府が約9000人を居住地から立ち退きへ 補償金約21万円での続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/01/25(月) 21:13:31.28 ID:CAP_USER.net
産総研:世界最高水準の耐環境特性ゴム材料を開発
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2016/pr20160125_2/pr20160125_2.html


 NEDOプロジェクトにおいて、単層CNT融合新材料研究開発機構(TASC)と産業技術総合研究所は、ゴム材料に単層カーボンナノチューブ(CNT)を加えることで、世界最高水準の耐熱性、耐熱水性、耐酸・耐アルカリ性などの耐環境特性を持つゴム材料を開発しました。

 今後、石油掘削装置などのシーリング、自動車などの金属ガスケット代替、化学プラントの高温部シールへの適用や、燃料輸送への適用など、ゴム材料の適用範囲の飛躍的な拡大が期待されます。


1.概要


 フッ素ゴムやポリウレタンなどのエラストマー材料は、ゴム弾性という特徴を有し、ガスや液体のバリア性に優れ、様々な形状への成形が容易であることから、シーリング材料として特に優れた材料です。
しかし、熱、熱水、酸・アルカリなどの環境下では劣化するため、これらの環境下における使用には制限がありました。

 今般、NEDOプロジェクトにおいて、技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構(TASC)と産業技術総合研究所(産総研)は、ゴムなどのエラストマー材料中に単層カーボンナノチューブ(CNT)を添加することで、世界最高水準の耐熱性、耐熱水性、耐酸・耐アルカリ性などの耐環境特性を持つ新たな複合材料を開発しました(左下図)。

 これにより、耐熱性・耐熱水性が求められる石油掘削装置などのシーリング、自動車などの金属ガスケットの代替、化学プラントの高温部シールへの適用や、燃料輸送への適用など、ゴムなどのエラストマー材料の適用範囲が飛躍的に拡大することが期待されます。

 なお、本成果は、2016年1月27日(水)~29日(金)の間、東京ビッグサイトで開催される「nano tech 2016 第15回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」のNEDOブースにおいて展示します。

続きはソースで

ダウンロード (1)
 

引用元: 【材料科学】世界最高水準の耐環境特性ゴム材料を開発 単層CNT添加で耐環境特性を改善、材料の適用範囲を飛躍的に拡大

世界最高水準の耐環境特性ゴム材料を開発 単層CNT添加で耐環境特性を改善、材料の適用範囲を飛躍的に拡大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/12/15(火) 23:19:36.43 ID:CAP_USER*.net
2015.12.15 21:41

images (3)


 武田薬品工業と京都大iPS細胞研究所(CiRA、山中伸弥所長)は15日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を活用し、創薬や再生医療実用化を目指す共同研究を、糖尿病やがんなど6つの分野で始めたと発表した。5年以内の臨床試験開始を目指す。

 拠点となる武田の湘南研究所(神奈川県藤沢市)に約4500平方メートルの実験室を来年4月までに順次整備する。
CiRAの教授ら6人が、それぞれ糖尿病への再生医療や創薬、がん免疫治療法、筋委縮性側索硬化症治療薬の開発など6つのプロジェクトを主導。
約60人に研究態勢を組む。来年4月にはさらにプロジェクトを10に拡大させる予定という。

続きはソースで

画像
http://www.sankei.com/images/news/151215/wst1512150084-p1.jpg
共同研究を開始した京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と武田薬品が会見を行った。
着席した京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長(右)と武田薬品のクリストフ・ウェバー社長=15日、神奈川県藤沢市(寺河内美奈撮影)

ソース
http://www.sankei.com/west/news/151215/wst1512150084-n1.html

引用元: 【科学】武田薬品と京大iPSの共同研究開始

武田薬品と京大iPSの共同研究開始の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/11/30(月) 18:28:44.91 ID:CAP_USER.net
「現代版ノアの箱舟」、絶滅危惧種のDNA保存プロジェクト (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00000039-jij_afp-sctch

images


【AFP=時事】英国で発足したプロジェクト「フローズン・アーク(Frozen Ark)」は、絶滅危惧種が消滅する前にDNAを保存しようという取り組みだ。

 プロジェクトを主宰する英ノッティンガム大学(University of Nottingham)のジョン・アーマー(John Armour)教授(人類遺伝学)は「絶滅危惧種の多くは、生息が確認される前に消滅してしまう」と述べ、「手遅れになる前に、次世代のためのDNAを採取・保存しようということがフローズン・アークの構想だ」と説明する。

 同プロジェクトは、昨年亡くなった英国の科学者ブライアン・クラーク(Bryan Clarke)氏と、妻のアン・クラーク(Ann Clarke)氏によって約10年前に立ち上げられた。現在、世界の22機関と提携し、これまでに約5500種の絶滅危惧種から計4万8000組のDNAサンプルを採取した。

 ノッティンガム大学には、シベリアトラやアムールヒョウなど、705個体のDNAサンプルが保存されている。保存方法には特殊なカードを用いた室温保存や、マイナス80度での冷凍保存がある。

 プロジェクトの理事を務めるエド・ルイス(Ed Louis)氏によると、多くの自然保護活動家からは「敗北主義」の事業だとみなされているという。「絶滅危惧種の保護に全力を注ぐべきだというのが彼らの見解だ。だが実際には、それは非現実的だし不可能だ。我々のプロジェクトは保護活動に取って代わるものではなく、予備的な措置だ。うまく行けば、あらゆる種の遺伝的遺産を保護することも可能だ」と同氏は語る。

 創設者のクラーク氏は、タヒチの固有種であるポリネシアマイマイ類の小さなカタツムリが自然界から姿を消したことから、「現代版ノアの箱舟」の着想を得た。

 現在、多くの種が急速なペースで衰退しており、地球は6度目の大量絶滅期を迎えているといわれている。6500万年前に起こった5度目の大量絶滅期の際には恐竜が滅んだ。

 人間の活動や気候変動が原因となって絶滅がどのように引き起こされるかを説明した、エリザベス・コルバート(Elizabeth Kolbert)氏の著書『6度目の大絶滅(The Sixth Extinction)』では、4分の1を超える海洋生物種のすみかとなっているサンゴ礁が、2050年までに消滅する可能性があるという恐ろしい予測が示されている。

 また国際自然保護連合(IUCN)によれば、両生類の約41%、哺乳類の約26%の種が絶滅の危機にあるという。

■絶滅種の再生

 科学者によると、保存されているDNAや細胞からは、多くの情報を得ることができる。ノッティンガム大学のアーマー教授は「最も積極的な用途は、絶滅種の再生だ。遺伝情報を基に、生命体再生のためのベースとしてDNAサンプルを使用することができる」と説明する。だが残念ながら現段階では、こうした構想の実現は難しい。

 アン・クラーク氏はこう語っている。「一部では『神の領域に踏み込んでいる』という批判もあるが、将来の世代が活用できるようになった段階で何をすべきかを決めるためにやっていると、私は答えている。保存しておかなければ、選択肢もなくなってしまう」【翻訳編集】 AFPBB News

引用元: 【環境/遺伝学】「現代版ノアの箱舟」、絶滅危惧種のDNA保存プロジェクト

「現代版ノアの箱舟」、絶滅危惧種のDNA保存プロジェクトの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/10/02(金) 05:43:37.66 ID:???*.net
◆DeNA子会社、自動運転タクシー実証実験 神奈川で来年初めにも

ダウンロード


政府は1日、来年初めにも神奈川県で自動運転するタクシーの実証実験を行うと発表した。

完全自動走行する社会に向けた国家戦略特区プロジェクトの一環。
ディー・エヌ・エー(DeNA)の子会社のロボットタクシー(東京都渋谷区)が神奈川県藤沢市など湘南地区で、乗客を近隣のスーパーまで送迎する実証実験を実施する。

1日、横浜市内で開かれた説明会には、小泉進次郎内閣府政務官や黒岩祐治神奈川県知事が参加した。
小泉内閣府政務官は今回のプロジェクトを通じ、「日本を世界初の完全自動走行の社会にしたい」と語った。

実証実験は約3キロメートルの幹線道路で約50人の住民をロボットタクシーで移送。大手スーパーと連携し、買い物支援を行う。

車内には自動走行車の操作を熟知した運転者とオペレーターの2人が乗車する。
基本的に自動運転で走行するが緊急時は運転者が危険を回避するという。

完全自動走行のプロジェクトは、神奈川県だけでなく、仙台市や名古屋市でも今年度に実施する。

続きはソースで

写真:ロボットタクシーに乗り込み、完全自動運転を目指す
国家戦略特区プロジェクトをアピールする小泉進次郎内閣府政務官(右)と
黒岩祐治神奈川県知事=1日、横浜市中区
http://www.sankeibiz.jp/images/news/151002/mca1510020500012-p1.jpg

産経Biz 2015年10月2日05:00
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/151002/mca1510020500012-n1.htm

引用元: 【技術】DeNA子会社、自動運転タクシー実証実験 神奈川で来年初めにも

DeNA子会社、自動運転タクシー実証実験 神奈川で来年初めにもの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ