理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ヘリコバクターピロリ菌

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/05(木) 12:41:24.44 ID:CAP_USER*
 がんで死亡した患者2割の発症は、ウイルスや細菌、寄生虫などへの感染に起因しているといわれる。うち胃がんを引き起こす「ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)」は、その仕組みだけでなく、がん以外の病気の原因にもなることが明らかになってきた。【須田桃子】

 胃の病気の原因として、1982年にピロリ菌を発見したのは豪州のバリー・マーシャル博士らだった。培養したピロリ菌を自ら飲んで急性胃炎が起こることを証明したマーシャル博士は毎日新聞の取材に、「ほぼ無味無臭だったよ」と笑った。「胃酸の中で生きる細菌はいない」「胃炎の主な原因はストレス」という当時の常識を覆す成果だった。

 ピロリ菌が強酸性の胃酸にさらされても生きられるのは、酵素を出して胃にある尿素をアルカリ性のアンモニアに変化させ、胃酸を中和しているからだ。
慢性的な感染は萎縮性胃炎や胃潰瘍など胃の粘膜の病気を引き起こし、胃がん発症の危険性を高める。実際、日本人の胃がん患者の98%は感染者という。

 徐々に分かってきた胃がんを引き起こす仕組みはこうだ。畠山昌則・東京大教授(感染腫瘍学)によると、ピロリ菌は胃の内側に取り付くと、上皮細胞にミクロの針を差し込んで「Cag(キャグ)A」というたんぱく質を注入する。細胞内でCagAにリン酸が結合すると、細胞を増殖させる酵素「SHP2」も結びつき、働きが異常に活発になってがんの発症を促す。

続きはソースで

ダウンロード


毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160505/k00/00e/040/119000c

引用元: 【ピロリ菌】ヘリコバクター・ピロリ 胃がん以外にも 狭心症、心筋梗塞の危険高める [無断転載禁止]©2ch.net

ヘリコバクター・ピロリ 胃がん以外にも 狭心症、心筋梗塞の危険高めるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/09(土) 21:50:20.44 ID:CAP_USER*.net
病原たんぱく、血液で全身へ=ピロリ菌、胃がん患者で発見―京大など

ダウンロード (1)


 胃の粘膜に感染し、胃潰瘍や胃がんを起こすヘリコバクター・ピロリ菌の病原たんぱく質が、血液により全身に運ばれることが分かった。京都大と東京大、神戸大などの研究チームがピロリ菌に感染した胃がん患者の血液を調べて発見し、9日までに英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。

 ピロリ菌は心臓や血液、神経などの病気の原因にもなっている可能性が指摘されていたが、その仕組みの一部が解明された。胃・十二指腸潰瘍や胃がんなどの場合、薬による除菌治療が行われているが、ピロリ菌との関係が疑われる他の病気についても除菌が有効かもしれないという。

 細胞はさまざまなたんぱく質やリボ核酸(RNA)などを含む小胞(エクソソーム)を分泌し、他の細胞とやりとりしている。京都大の秋吉一成教授らは、胃がん患者の血清から小胞を回収して分析し、ピロリ菌の病原たんぱく質「CagA」を含む小胞を見つけた。

 ピロリ菌感染との関係が認められる消化器以外の病気は、血液の血小板が減って出血しやすくなる難病「特発性血小板減少性紫斑病」があり、厚生労働省が除菌治療に健康保険を適用している。 

時事通信 1月9日(土)18時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160109-00000087-jij-sctch

引用元: 【科学】ピロリ菌の病原タンパク、血液で全身へ 京大などが仕組みの一部を解明[01/09]

ピロリ菌の病原タンパク、血液で全身へ 京大などが仕組みの一部を解明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/08(金) 07:59:36.18 ID:CAP_USER*.net
「アイスマン」にもピロリ菌=5300年前の中年ミイラ―胃潰瘍かは不明 (時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160108-00000011-jij-sctch

ダウンロード


 イタリア・オーストリア国境のアルプス氷河で発見された約5300年前の中年男性ミイラ「アイスマン」は、慢性胃炎や胃潰瘍などの原因となるヘリコバクター・ピロリ菌に感染していたことが分かった。イタリアのボルツァーノ欧州アカデミーなどの国際研究チームが胃からDNAを採取、解析して発見し、8日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 実際に胃潰瘍などを患っていたかは胃の粘膜の保存状態が悪く、不明という。
 アイスマンは1991年に発見されて以来、新石器時代から青銅器時代の人類を解明する貴重な手掛かりとして解剖や全遺伝情報(ゲノム)解読が行われてきた。40代半ばで血液型はO型、茶色い目で、左肩を矢で射られた上、顔をおのなどで殴られて◯害されたことが分かっている。

 ピロリ菌は親から子にうつるため、菌の系統を調べると人類集団の移動や分布を探ることができる。アイスマンのピロリ菌はアジア系に近く、現代の欧州人と違っていた。現代の欧州人のピロリ菌はアジア系とアフリカ系が交雑しており、祖先の一部であるアフリカの集団が欧州に移動してきたのは従来の推定より遅い数千年前の可能性があるという。 

 ピロリ菌は世界人口の半数が感染していると言われる。胃潰瘍などを防ぐには除菌が有効で、日本では健康保険が適用されている。

引用元: 【科学】「アイスマン」にもピロリ菌=5300年前の中年ミイラ―胃潰瘍かは不明

「アイスマン」にもピロリ菌=5300年前の中年ミイラ―胃潰瘍かは不明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/08(月) 22:01:47.55 ID:???0.net
 ■東京大学 医科学研究所の気駕恒太朗特任研究員と三室仁美准教授は、千葉大学と共同で、胃がんになりやすくなる「ヘリコバクター・ピロリ菌」によって胃の細胞が異常に増える仕組みの一端を解明した。ピロリ菌が胃の粘膜に感染すると、細胞の増殖を促す遺伝子の働きを抑える物質の量が減った。この働きで、がん細胞が増殖しやすくなる可能性が高いという。

 ネズミにピロリ菌を感染させて胃の表面の細胞を調べたところ、健康なネズミよりも細胞の増殖を抑える「miR―210」と呼ぶマイクロRNA(リボ核酸)が減っていた。
ピロリ菌に感染して胃がんになった患者のがん細胞を分析すると、miR―210の量が少なかった。

 ピロリ菌は胃の粘膜にすみつき、胃酸による強い酸性下でも生きる。
慢性的な胃炎を引き起こし、潰瘍やがんになりやすくなる。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG0500T_Y4A900C1TJM000/

引用元: 【科学】ピロリ感染で胃の細胞増殖、仕組み解明 東大と千葉大

ピロリ菌感染で胃の細胞増殖、仕組み解明の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ