理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

マムシ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/18(日) 21:39:44.72 ID:???*.net
Q:亡き父が精・力剤と称して「黒焼き」を飲んでいました。私も還暦を迎え、精・力減退を実感しています。
黒焼きは、マムシやスッポンを土鍋で焼き、炭にした民間薬と聞いています。
炭になれば何でも一緒のように思いますが、本当に効くのでしょうか?(60歳・工務店経営)

A:黒焼きは中国から伝来した日本の伝統的な民間薬で、江戸時代には精・力剤や媚・薬として盛んに使われ、庶民に人気があったようです。現在も根強いファンが存在します。

以前、故・山本巌先生(大阪・京橋で開業の漢方医学の大家)が、研究会での講義で「無精・子症には白州散(黒焼きの一種)が効く。補中益気湯(漢方エキス製剤で保険適応もある)と併用すると良い」と言われたこともありました。

私の経験ですが、入院していた50代の男性患者で、ひどく痩せて食欲もない方がいました。
それでまず、補中益気湯を処方してみましたが、効きません。そこで白州散を取り寄せ、補中益気湯と併せて飲んでもらうと、みるみる元気になり、あれだけ増えなかった体重も増加したのです。

何よりご本人が「あの薬はええ」と喜ばれたのを、今でも鮮明に覚えています。

続きはソースで

ダウンロード (3)


http://wjn.jp/article/detail/6352620/

引用元: 【健康】マムシ、スッポン…黒焼き効果で元気モリモリ

マムシ、スッポン…黒焼き効果で元気モリモリの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/12(日) 12:02:12.16 ID:???*.net
毒蛇のマムシにかまれたら、走ってでもいち早く医療機関を受診する方が軽症で済むことが、救命救急医らのグループによる全国調査で分かった。

従来は「走ると毒が全身に回るので安静第一」とされてきたが、グループは「認識を改めてほしい」としている。

グループは福岡、兵庫などの医師、ヘビの研究者ら6人で、全国の救急病院での受診の経緯などがわかった178例について分析した。

マムシにかまれると、約30分でかまれた部位の腫れがひどくなり、その後徐々に毒が全身に回るとされる。
受診するまでに少しでも走った人は21人で、受診までの平均時間は約18分。平均入院期間は5・9日だった。
一方、全く走らずに救急車を待つなどした157人は、受診までに約84分かかり、入院期間は8・4日と長かった。腫れの程度も、走った人の方が軽かったという。

続きはソースで

ダウンロード


2015年07月12日 10時58分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150712-OYT1T50010.html

引用元: 【社会】「マムシにかまれたら、走ってでも受診を」と救急医 「走ると毒が全身に回る」は間違い

「マムシにかまれたら、走ってでも受診を」と救急医 「走ると毒が全身に回る」は間違いの続きを読む

このページのトップヘ