理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

マントル

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 帰社倶楽部φ ★ 2014/02/03(月) 10:45:00.48 ID:???0

地球内部のマントル(深さ30~2900キロ・メートル)と核(深さ2900~6400キロ・メートル)の境界付近に、水を含んだ鉱物のある可能性が高いことがわかったと、愛媛大地球深部ダイナミクス研究センター(松山市)などの研究グループが発表した。

これまでは1250キロ・メートルより深くなると、水は圧力と温度の上昇によって分解され、存在できないと考えられていた。科学誌ネイチャー・ジオサイエンス電子版に3日、論文が掲載される。

グループは、地球深部における鉱物の安定性や構造変化を計算。1250キロ・メートルより深い領域でも、鉱物は新たな構造変化を起こすため、内部に水を含んだまま存在し得ると予測した。
超高圧装置で深さ1400キロ・メートル(50万気圧)の地下環境を再現し、鉱物の構造変化を観察したところ、予測通りの変化を確認。さらに、鉱物は地球深部に多く存在するアルミニウムを取り込むことで構造が安定し、マントルと核の境界付近(130万気圧)の深さまでは水を含んだままでいられることもわかった。

ダウンロード

(2014年2月3日07時53分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140202-OYT1T00959.htm



マントル・核の境界に「水」存在の可能性の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: かじてつ!! φ ★ 2013/12/18(水) 17:16:29.57 ID:???P

○新発見!南極大陸にダイヤ鉱脈が眠る可能性

ダイヤモンドは、地球の内部、マントルのどろどろに融けた岩石の中で炭素が高温高圧にさらされて作られる。

そして数百万年後に火山の大噴火によって地表近くまで運ばれて、キンバーライト(キンバリー岩)というカンラン石と雲母を主原料とする火成岩の層から人々に発見される。

例えばキンバーライトは、世界的に有名なデビアス社が所有する南アフリカのカリナン鉱山などに分布している。
だからキンバーライト層を発見することは、ダイヤモンド鉱脈を発見することの第1歩となる。

そして、18日付けの科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に、南極大陸東部プリンス・チャールズ山脈のメレディス山南東斜面で、このキンバーライト層を発見したとする豪州の研究チームの論文が掲載された。

「夢のような話」だが、南極は「環境保護に関する南極条約議定書」によって、少なくとも50年間は採掘が禁止されている。

ちなみに同研究グループは、もちろんダイヤモンド発見にはまだ至っていない。

☆写真:ダイヤモンドが眠る可能性がある火成岩キンバーライト(キンバリー岩)
8fe5a641.jpg

http://www.hazardlab.jp/contents/post/4133/Kimberlite.jpg

□ソース:ハザードラボ
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/4/1/4133.html



新発見!南極大陸にダイヤ鉱脈が眠る可能性の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ