理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

モバイル

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/31(火) 22:36:42.47 ID:CAP_USER9
 JAXA=宇宙航空研究開発機構は、2013年に初めて打ち上げたロケット・イプシロンの2号機を今年の冬に打ち上げる方針を明らかにしました。

これは、31日開かれたロケット打ち上げに関わる自治体の関係者の会議でJAXAが明らかにしたものです。

イプシロンは、人工知能を使って打ち上げ前の点検をイプシロン自体が行うほか・・・

続きはソースで

images


http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2016053100016698
[05/31 18:43]

引用元: 【JAXA】イプシロン2号機 今年冬に打ち上げへ©2ch.net

【JAXA】イプシロン2号機 今年冬に打ち上げへの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/25(水) 19:33:46.64 ID:???*.net
◆スマホバッテリーの究極系がキタ!? 指で触ると発電するシート型

no title


スマートフォンの利用者の多くが抱えている問題はバッテリー切れへの不安だろう。
持ち運べるバッテリーをはじめとして、携帯できる太陽電池や手のひらサイズの燃料電池など様々な製品をFUTURUSでも紹介してきた。

そして今回は究極ともいえる、ひと味違ったモバイル発電装置を紹介したい。
なんと、指で触れるだけで発電するスマートフォン用発電装置だ。

スマートフォンの背面に薄いカード状の装置を貼り付けておくだけで、後はスマートフォンをいつも通り使えば、自然と発電されるという。

■ スマホを使っている内に発電できる

この“指で触れるだけ”で発電する装置は『iZeee Touch Charger』という。
クラウドファンディングサービスの『Indiegogo』で資金を募集中だが、本稿執筆時ではまだ47日を残しながらも、既に618%もの資金調達に成功している。

この人気振りから、いかに多くのスマートフォンユーザーが、バッテリー切れ問題に不満を持っているかがわかろうというものだ。

『iZeee Touch Charger』は薄っぺらいカード型、ちょうどクレジットカードくらいのサイズの発電装置で、スマートフォンの背面にぺたり、と貼り付けてしまえば全く邪魔にならない。
ユーザーは普通にスマートフォンを操作していれば、自然とこの背面に貼り付けられた『iZeee Touch Charger』を指で触ることになるので、勝手に発電してくれる、というわけだ。

こんな薄っぺらなものでは心許ないかもしれないが、その発電能力は意外に高く、ゲームやSNSなどを4時間は使い続けられるほどの電力を供給する能力がある。
スマートフォンとの接続も、microUSB、Lightningコネクタに対応しており、iOSもAndroidにも対応している。NFCの非接触充電にも対応している。

続きはソースで

写真:http://image.dmm-news.com/media/b/d/bd9682bcb3f87d095dd93d68603f2258e6cae5a6_w=666_h=329_t=r_hs=f6f858ad105dfa46f776d1f6aa6c074f.png

DMMニュース 2015年02月25日17:27
http://dmm-news.com/article/921705/

引用元: 【技術】指で触ると発電するシート型のスマホ用発電装置

指で触ると発電するシート型のスマホ用発電装置の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/01(水) 19:30:35.05 ID:???0.net
シャープ、人工知能搭載スマホを今冬発売 利用者の気持ちに添って話しかける

利用者の気持ちに沿って画面上で話しかける機能を搭載したシャープのスマートフォン=1日、東京都港区(黄金崎元撮影)
http://www.sankei.com/images/news/141001/ecn1410010030-p1.jpg
http://www.sankei.com/images/news/141001/ecn1410010030-p2.jpg

 シャープは1日、利用者の気持ちに寄り添って、音声や画面で話しかけてくれる人工知能を搭載したスマートフォンを今冬以降に発売すると発表した。同社の家電に搭載されている人工知能「ココロエンジン」の技術をベースにモバイル向けに「エモパー」と呼ばれる新機能を開発した。

 利用者の位置情報や行動習慣を推定できるセンサーを搭載し、スマホが最適な言葉を話しかけてくれる。例えば、出かける前に、その日の天気予報を前提に「傘を忘れないでください」や、電池が減ると「おなかがすきました」など感情があるかのように伝えてくれる。

 自宅では音声で、屋外では周囲に迷惑をかけないよう画面でメッセージを表示する。音声キャラクターは個性的な3人を用意。
利用者はそれぞれ自分に合ったキャラクターを選べる。

 シャープはまず今冬以降の主力機種に搭載し、将来的に全機種で対応する。

http://www.sankei.com/economy/news/141001/ecn1410010030-n1.html

引用元: 【IT】シャープ、人工知能搭載スマホを今冬発売 利用者の気持ちに添って話しかける

シャープ 利用者の気持ちに添って話しかける人工知能搭載スマホを発売の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/24(水) 12:41:15.49 ID:???0.net
2017年には世界の半分がオンラインに、一方で現在のネット人口2%未満の国も
【Impress Watch】 (2014/9/22 19:13)

ITU(国際電気通信連合)は21日、インターネットにアクセスできる人口が2017年までに世界の半数を超えると発表した。同日、ニューヨークで開催された国連ブロードバンド委員会が、世界のブロードバンド状況に関する報告書の2014年版としてまとめたもの。

世界のネット人口率はすでに40%を超えており、2014年末には29億人に達する見込み。また、現時点で50%を超える国は77カ国あり、2013年の70カ国から増加したという。トップのアイスランドは96.5%に上る。一方で、アフリカなどではまだ2%未満の地域があることも指摘している。

ネット人口の増加は、スマートフォン/タブレットによるモバイルブロードバンド技術の発展が後押し。
2014年末までに、23億人以上がモバイルブロードバンドを利用するようになるとしている。

ソース: http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140922_668028.html

引用元: 【IT】2017年には世界の半分がオンラインに、一方で現在のネット人口2%未満の国も [14/09/22]

2017年には世界の半分がオンラインに、一方で現在のネット人口2%未満の国もの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: トラースキック(徳島県) 2013/11/06(水) 11:45:38.93 ID:B0RAuvbt0 BE:5721459899-PLT(12121) ポイント特典

調査会社Kantar Worldpanelの最新発表によると、2013年9月度におけるモバイルプラットフォーム販売シェアにおいて、Windows Phoneが欧州で爆発的伸び率を示していることが明らかになりました。中でもイタリアはiOSを超える成長を見せており、ノキアによる新型Lumia投入などが起爆剤となって、Windows Phoneの普及に拍車がかかっているようです。

報告によると、欧州主要5カ国(イギリス・ドイツ・フランス・イタリア・スペイン)で、いずれも10%を超えるシェアを獲得。
Androidが過半数を超える状況ではあるものの、フランスでは前年比で約2倍、イギリスでは同3倍弱に届く結果となりました。
さらにイタリアでは、Windows Phoneが13.7%の販売シェアを獲得して iOSの10.2%を3.5ポイントも上回る結果となっています。
もちろん、9月下旬にiPhone 5sおよびiPhone 5cがリリースされたばかりで品薄であったことを考慮すると、10月以降の結果には大きな変動が見られるものと思われますが、新型iPhoneの発表を目前にした9月にWindows Phoneの売上が伸びていることは大きな注目点といえるかもしれません。

ノキアはLumiaシリーズのローエンド?ミドルレンジモデルを多数投入しており、欧州不況の煽りを受けた地域では価格的にも魅力的な端末です。一方のiPhone 5cは、多くの方がご存知の通り『安い』とは言えない状況であり、左記のターゲット層をアップルが囲い込む事ができるのか1つの注目点になっています。

なお米国では前年比で微増の4.6%。Androidが過半数を獲得していることには変わりありませんが、iOSとの差は圧倒的です。
2011年頃に、iOS・Androidに続く “第3のOS” として叫ばれていたことが懐かしく思える昨今ですが、Tizen OSの立ち上がり遅延なども踏まえるとまだまだ勝負の行方は分かりません。
スマートフォン単体ではプラットフォームの違いにかかわらず端末の差がつきにくい状況の昨今。
マイクロソフトが展開する魅力的なサービス(Office 365/SkyDrive等)を通じた『総合的価値』でユーザーに訴求できるか否かが勝敗のカギとなりそうです。

3

http://ggsoku.com/2013/11/windows-phone-eu-2013-sep/



【ついに覚醒か?】WindowsPhoneが欧州で爆発的伸び率  イタリアではiOS抜くの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ