理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ライセンス

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/12(木) 19:03:46.15 ID:CAP_USER
テスラモーターズやSpaceXで知られる実業家イーロン・マスク氏が提唱した超高速移動体「Hyperloop(ハイパーループ)」は、大きく2つの陣営に分かれて競争するかのように開発が進められています。そのうちの一つHyperloop One(旧名:Hyperloop Technologies)が、ハイパーループ・プロトタイプの走行実験を一般に公開。最初の一歩を踏み出すことに成功しました。

中略

Hyperloop Oneは、2019年から2021年の間に、乗客を乗せて運行することを計画しています。

なお、Hyperloop Oneとは別にハイパーループを開発中のHyperloop Transportation Technologiesは、インダクトラック磁気浮上方式の独占ライセンスを得ることに成功し、別の手法でハイパーループの実用化を目指しています。

続き・詳細はソースで

images


リンク先に動画等あり
http://gigazine.net/news/20160512-hyperloop-one-test/

引用元: 【工学】時速1200kmの超高速移動体「Hyperloop」が初の屋外走行テストに成功、実走行ムービーも公開される©2ch.net

時速1200kmの超高速移動体「Hyperloop」が初の屋外走行テストに成功、実走行ムービーも公開されるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/23(月) 14:54:11.55 ID:???*.net
ユーグレナ、 航空機向け燃料プラント建設 米シェブロンと合意発表
2015/2/23 10:31

1


 ユーグレナ(2931)は23日、航空機向けバイオ燃料の精製プラント建設に向け、米石油大手シェブロン子会社から技術供与を受けることで合意したと発表した。3月中をメドにライセンス契約などを締結後、バイオ燃料の精製プラントの設計、建設を始める予定。

 18年までの稼働を目指す。投資額は明らかにしていないが、13年12月に公募増資でミドリムシ由来の「油脂開発・生産設備」
を目的に調達した43億円の一部を充てる。ユーグレナは、藻の一種でバイオ燃料の原料になるミドリムシの培養技術を持つ。
現在は食品事業を収益基盤とするほか、航空機向けバイオ燃料の開発にも取り組んでいる。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL23HDI_T20C15A2000000/

関連記事
ユーグレナがストップ高に迫る、バイオ燃料で米シェブロンと合弁
http://www.asahi.com/business/stock/kabuto/Ctkkabuto1069563.html
いすゞ・ユーグレナ、ミドリムシ燃料で二人三脚
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83356390Y5A210C1000000/

引用元: 【バイオ】ミドリムシ燃料のユーグレナ 航空機向け燃料プラント建設 米石油大手シェブロン子会社と合意発表

ミドリムシ燃料のユーグレナ 航空機向け燃料プラント建設 米石油大手シェブロン子会社と合意発表の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/02(月) 22:22:32.97 ID:Fq9vYhZ6*.net
公開日時 2015/02/02 03:51

アステラス製薬は1月30日、米イミュノミックセラピューティクス社(ペンシルバニア州)が創製し、スギ花粉症ワクチンとして開発している「JRC2-LAMP-vax」について、日本での独占的な開発・商業化のライセンス契約を締結したと発表した。注射剤で、どの程度の治療期間かは開示していないが、年単位でかかる現行の減感作療法より短い治療期間における数回の投与で、長期的な症状寛解を可能とする根本治療を目指すとしている。現在国内フェーズ1を準備している。承認時期のメドは未定。

スギの主要なアレルゲンである「Cry j1」「Cry j2」をコードする2つのDNAプラスミドを含有する製剤。アステラスは、スギ花粉症以外のアレルギー疾患を対象としたワクチン開発のライセンスについては独占的な交渉権を留保している。

今回の契約に伴い、アステラスはイミュノミック社に1500万ドルを支払う。また開発・承認の進捗に応じたマイルストン、及び技術移転料として最大で総額5500万ドルを支払う可能性がある。
売上に応じた2桁台のロイヤルティも支払うことになっている。今回の導入はアステラスにとってワクチン事業の強化の一環。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:ミクスオンライン https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51116/Default.aspx

引用元: 【科学】 アステラス スギ花粉症ワクチンを導入、国内開発へ 短期間で根本治療目指す [ミクスオンライン]

アステラス スギ花粉症ワクチンを導入、国内開発へ 短期間で根本治療目指すの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/06/02(月) 11:57:16.01 ID:???0.net

横浜ゴム、クムホタイヤと共同研究開発や技術交換契約などを締結
http://response.jp/article/2014/06/02/224469.html

横浜ゴムは5月31日、韓国の錦湖(クムホ)アシアナグループのグループ会社であるクムホタイヤとの間で、「共同研究開発契約」および「ライセンス及び技術交換契約」を締結した。

両契約は、今年2月15日に調印された「技術提携基本契約」に基づく詳細協議を経て締結されたもので、両社は超軽量タイヤなどの環境対応技術や新たなコンセプトのタイヤなど、将来に向けたタイヤ関連技術の共同研究開発等を開始する。

続きはソースで

引用元: 【企業】横浜ゴム、クムホタイヤと共同研究開発や技術交換契約などを締結


【悲報】横浜ゴム、韓国クムホタイヤと協力・・・の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ