理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ラジオ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/06/05(月) 17:21:41.27 ID:CAP_USER9
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/060507817/?i_cid=nbptec_sied_toppickup


工藤 宗介=技術ライター 2017/06/05 15:35

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/060507817/aist_01.jpg
PENフィルムに同インクを印刷、焼成した回路を用いたフレキシブルラジオと、ツバ内部にフレキシブルラジオを組み込んだ野球帽(左下)。(写真:産総研)

 産業技術総合研究所(産総研)は、野球帽のツバ内部に組み込んで、曲げられるウエアラブル・ラジオを試作した。スクリーン印刷と低温プラズマ焼結で形成した銅配線上にチップ素子を実装し、フレキシブルなラジオを作製した。試作した野球帽や実現技術の詳細を2017年6月7~9日に開催される「JPCA Show 2017(第47回国際電子回路産業展)」(東京ビッグサイト)に出展する。

※ 産総研の報道発表資料はこちら。http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2017/pr20170602/pr20170602.html

銅インクの印刷と焼成で低抵抗配線を製造

 今回開発したウエアラブル・ラジオは、フレキシブル配線板上に、表面実装用部品を実装して曲げられるラジオを製作した。野球帽のツバ内部に組み込むために、ラジオ回路の基板面積を45mm角以内になるよう小型化し、厚さを1.8mm以下に抑えた。ラジオのアンテナはツバの芯材を包む布地に縫い込んであり、着用者の好みによって帽子のツバを曲げてもラジオ放送を安定して受信できる。帽子をかぶったまま電源のオン・オフやボリューム調整、選局が可能だ。

 印刷技術を応用して低コスト・省資源で電子デバイスを製造する「プリンテッド・エレクトロニクス」は、IoT社会のニーズに応える技術として期待を集めている。ただし、技術的な課題がまだ多い。例えば、印刷配線材料として使われることが多い銀は、コストが高く、電流や電場の影響によって基板上を移動すること(マイグレーション)による短絡が起きやすい。

続きはソースで
ダウンロード


引用元: 【技術】曲げられるラジオを野球帽に、産総研が銅印刷の新技術 [無断転載禁止]©2ch.net

曲げられるラジオを野球帽に、産総研が銅印刷の新技術の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/25(日) 17:13:11.44 ID:CAP_USER9
本体部分の大きさがわずか原子2個分という世界最小のラジオ受信器を、米ハーバード大学の研究者が開発した。
ダイヤモンドの結晶欠陥が持つ特殊な性質を利用し、高温といった厳しい環境でもきちんと機能するという。
ダイヤモンドは生体適合性も高いことから、宇宙での探査や通信、生体用の高感度センサーなどに将来応用できる可能性があるとしている。

ラジオは通常、電源と受信器、空中を飛び交う高い周波数の電磁波信号を低い周波数に変える変換器、特定の周波数の電磁波に同調するチューナー、それにスピーカーという5種類の部品で構成される。

ハーバード大工学・応用科学大学院のマルコ・ロンカー教授(電気工学)らは、このうち受信器の部分を小さなダイヤモンド結晶で作製。
350度Cの高温環境で、電磁波に載せた音楽を受信し、再生することに成功した。成果は米物理学会の応用物理学専門誌フィジカル・レビュー・アプライドに15日掲載された。

続きはソースで

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00411570
ダウンロード (5)


引用元: 【科学技術】原子2個分しかない世界最小のラジオ受信器、米ハーバード大が開発 [無断転載禁止]©2ch.net

原子2個分しかない世界最小のラジオ受信器、米ハーバード大が開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/08/18(火) 14:50:34.60 ID:???*.net
ラジオ波焼灼療法の治療前のCT画像では矢印の部分に病巣が映る。治療後は造影剤で白く映った病巣の周囲まで、十分に壊死したことを示している(工藤正俊教授提供)

画像
http://www.sankei.com/images/news/150818/lif1508180010-p1.jpg

 熱を発するラジオ波(電磁波)を使い、肝臓がんの病巣を焼いて消滅させる「ラジオ波焼灼(しょうしゃく)療法」が急速に普及している。
病巣の切除手術と違って切開しないので患者の負担が少ない上、技術の進歩で治療成績が向上し、保険も適用されるからだ。
臓器をできるだけ残すことで、再発しても繰り返し治療できる。
患者の状態に応じて切除手術などと組み合わせて効果を高める方法も取り入れられ、再発率が高い肝臓がんの治療の「第1選択」として有力な手段になってきている。(坂口至徳)



 ラジオ波焼灼療法は、超音波画像のモニターで病巣の位置や大きさを確認しながら、直径1・5ミリの金属製の電極針を患部に刺す。

病巣の中心を貫通したところで針を止め、通電。
するとラジオ波により100度近くの熱を発し、病巣を焼く。
針には、病巣で針先が傘のように開いて幅3センチ程度の範囲を焼くことができる「展開針」や、2つの電極を持ち
広範囲に焼くタイプが使われることが多い。

 80代のある男性は、C型肝炎ウイルスに感染して肝硬変になった。その後、肝臓内に肝細胞がんがみつかり、病巣に栄養を送る動脈を薬剤でふさいで壊死(えし)させる肝動脈化学塞栓療法を行ったが効果はなかった。

http://www.sankei.com/life/news/150818/lif1508180010-n1.html
http://www.sankei.com/life/news/150818/lif1508180010-n2.html
http://www.sankei.com/life/news/150818/lif1508180010-n3.html

 焼灼療法を多く手掛けている近畿大医学部付属病院(大阪府大阪狭山市)の消化器内科に転院。
男性の腫瘍は横隔膜の近くにあり、超音波を伝えない空気を多く含む肺が邪魔をして病巣が見えなかったため、同病院では肺と肝臓の間に生理食塩水を入れてモニター画面に映しながら、病巣を完全に焼くことに成功した。

 男性は6日後に退院。2年後の現在も再発しておらず「食欲が増え、腹部の違和感もなくなった」と元気に過ごしている。

続きはソースで

ダウンロード (2)


引用元: 【社会】肝臓がんにラジオ波焼灼療法 患者の負担軽減、再発にも対応

肝臓がんにラジオ波焼灼療法 患者の負担軽減、再発にも対応の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: セントーン(チベット自治区) 2013/11/10(日) 12:53:53.03 ID:84FHk3Vu0 BE:567295283-PLT(12017) ポイント特典

http://www.yukawanet.com/archives/4569419.html

2013年11月10日12:03
地震研究家「11月17~19日」近畿で巨大地震が発生する可能性は否定できない!
271395e8.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/crownbirds-rikeinews/imgs/2/f/2fa0998e.jpg

特殊なFMラジオ電波をキャッチし、地震発生の予知を研究し事前に災害を食い止める研究をしている「串田嘉男」氏が新たな発表を行いました。これまで「第6ステージ」とよばれる特殊な状態にあった近畿地方の異常電波ですが、遂にその兆候が収束したというのです。そして終息すると近々巨大地震が発生するという研究で、Xデーは11月17~19日ということです。

―最初は9月6日
5b26c2ac.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/crownbirds-rikeinews/imgs/d/d/ddf8d65f.jpg

串田氏の最新PDF
http://www.jishin-yohou.com/1778_zokuhou_No52-53.pdf

この地震予知は最初8月末に発表され、9月6日に巨大地震が近畿地方を襲うと新聞などのマスコミが騒ぎたてました。ところが9月6日になっても地震がくることもなく、串田氏の予測は見事に「ハズレ」たかのように見えました。しかし串田氏によると、予兆が終わったのではなく「新たなステージ(第6ステージ)に突入」と発表。そのステージが収束すれば地震が来ると話していたのです。

―第6ステージが終息せず串田氏によると電波は新たなステージ「第6ステージ」に突入と発表。その後幾度となく第六ステージが終わったり、実は終わっていなかったりを繰り返し、結局「11月17日」という予測におちつきました。すると串田氏の予測通り、第6ステージが11月3日を境に収束し始め、いよいよ「11月17日」説が濃厚になりました。

―第6ステージは収束したが11月3日で第6ステージが終息したという事は、11月17~19日あたりに地震が発生する可能性があると言います。とはいえ、一部電波は相変わらず観測されている為、これがすべて収束されるまで観察はしていきたいとのことだ。今回ばかりはあまりに異例なので予想は立てづらいと漏らしている。



地震研究家「11月17~19日」近畿で巨大地震が発生する可能性は否定できない!の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ