理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

リスク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/10/17(火) 20:27:45.23 ID:CAP_USER
西川迅2017年10月17日19時38分

 長期間にわたって頻繁に昼夜が逆転して体内時計が乱されると、死亡率が高まる傾向にあることを、京都府立医大の研究チームがマウスの実験で明らかにした。
人間でもシフト勤務の職場は多いが、シフトの組み方によって体の負担や体内時計の乱れを減らせる可能性があるとしている。国際科学誌に発表した。

 約24時間周期の体内時計が乱れると、睡眠障害など様々な病気のリスクが高まることが知られ、老齢マウスの実験で死亡率が上がることも分かっているが、長期的な影響は不明だった。

 八木田和弘教授(環境生理学)らのチームは、明暗の切り替えのタイミングを変えて、明るい時間帯を7日間ごとに8時間ずつ後ろ倒しにする「ゆるいシフト」と4日間ごとに8時間ずつ前倒しする「きついシフト」の・・・

続きはソースで

(西川迅)

http://www.asahi.com/articles/ASKBK5S15KBKPLBJ002.html
images


引用元: 【環境生理学】 頻繁に昼夜逆転→死亡率高く きついシフトをマウス実験[10/17]

頻繁に昼夜逆転→死亡率高く きついシフトをマウス実験の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/10/18(水) 19:35:16.16 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3147191?cx_module=latest_top

【10月18日 AFP】米国の消費者団体などは18日、保護者が子どもの行動を把握するのに役立つスマートウオッチが、プライバシーおよび安全上のリスクにつながる恐れがあると警鐘を鳴らした。米連邦取引委員会(FTC)に対し、スマートウオッチが子どもに及ぼすリスクの調査を求めるとともに、小売店に対してはこうしたスマートウオッチの販売停止を要請している。

 過度の商業主義から子どもたちを保護する消費者団体「Campaign for a Commercial-Free Childhood」は声明で、「子どもを守りたいという保護者の強い願いを食い物にして……こうしたスマートウオッチは実際には子どもを危険にさらしている」と批判している。

続きはソースで

(c)AFP

2017年10月18日 17:35 発信地:ワシントンD.C./米国
ダウンロード (3)


引用元: 【IT】子ども向けスマートウオッチに潜む危険性に警鐘、米消費者保護団体ら

子ども向けスマートウオッチに潜む危険性に警鐘、米消費者保護団体らの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/10/09(月) 02:03:29.92 ID:CAP_USER
尿作る組織、日本人少ない 腎臓病と関連か
2017/10/5 22:00

日本人の腎臓は、尿を作るために重要な「ネフロン」という組織の数が少ない傾向がみられると、東京慈恵医大などのチームが5日付米医学誌に発表した。ネフロンが少ないと高血圧や慢性腎臓病になるリスクが高まるといい、日本人に慢性腎臓病患者が多いことと関連しているとみられる。
 
続きはソースで

▽引用元:共同通信 2017/10/5 22:00
https://this.kiji.is/288657172140229729

▽関連
JCIinsight
New insights on glomerular hyperfiltration: a Japanese autopsy study
First published October 5, 2017 -
https://insight.jci.org/articles/view/94334

▽関連記事
朝日新聞DIGITAL 
日本人腎臓弱い「塩分とりすぎ、肥満注意」 日豪チーム
杉本崇2017年10月6日01時39分
http://www.asahi.com/articles/ASKB452T2KB4ULBJ00M.html
ダウンロード (1)


引用元: 【医学】日本人の腎臓 尿作る組織「ネフロン」という組織の数が少ない傾向 慢性腎臓病患者が多いことと関連か/慈恵医大など

日本人の腎臓 尿作る組織「ネフロン」という組織の数が少ない傾向 慢性腎臓病患者が多いことと関連か/慈恵医大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/10/05(木) 04:16:16.78 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3145455?cx_position=47

【10月4日 AFP】2005~2014年に確認された米国のがん患者のうち63万人以上が、過体重および肥満と関連のあるがんを患っていたことが、米疾病対策センター(CDC)が3日に発表した報告書で明らかになった。これは対象期間の全がん患者の約40%に当たる。この調査結果を受け、CDCは予防の重視を改めて訴えている。

 CDCのブレンダ・フィッツジェラルド(Brenda Fitzgerald)長官は報告書の発表に併せて声明を発表し、成人の71%が過体重または肥満であることが今回の調査で浮き彫りになったことは「懸念事項」だと指摘した。

 また「米国成人の大半が推奨体重を上回っており、過体重または肥満の人は多くのがんで発症リスクが高くなる」「健康的な体重に到達し、それを維持することで、誰もががん予防の一翼を担うことができる」と説明した。

 過体重では、13種類のがんの発症リスクが高くなることが示されている。リスクの上昇がみられるがんは、食道がん、甲状腺がん、更年期以降の乳がん、胆のうがん、胃がん、肝臓がん、膵臓(すいぞう)がん、腎臓がん、卵巣がん、子宮がん、大腸がん、直腸がん、多発性骨髄腫だ。

 1990年代以降、がん新規患者の全体的な割合は減少傾向にあるのに対し、過体重と肥満に関連性のあるがんの割合は増加している。

続きはソースで

(c)AFP

2017年10月4日 10:23 発信地:ワシントンD.C./米国

米首都ワシントンの通りを歩く女性(2007年8月29日撮影、資料写真)。(c)AFP
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/c/320x280/img_4cff5790ff7e3a087ab3774a0595b67b163652.jpg
ダウンロード (1)


引用元: 【健康】米国のがん、4割が過体重と肥満に関連 CDC報告書

米国のがん、4割が過体重と肥満に関連 CDC報告書の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/09/27(水) 11:32:52.59 ID:CAP_USER9
魚介類食べるとうつ病リスク軽減 1日110グラムで
朝日新聞:2017年9月27日05時01分
http://www.asahi.com/articles/ASK9T6600K9TUBQU01W.html

 魚介類を1日に110グラムほど食べると、うつ病のリスクが下がるとの調査結果を国立がん研究センターなどのチームがまとめ、英科学誌ネイチャーの関連誌(電子版)に26日、発表した。
青魚に多く含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)の影響とみられる。

 40~59歳の長野県内の男女1181人について、魚介類の摂取量や病歴、生活状況を調査。
25年後に95人(8%)が精神科医にうつ病と診断された。

 魚介類の1日の摂取量に応じて4群に分けて分析すると、最も少ない群(中央値57グラム)に比べ、2番目に多い群(同111グラム)は、うつ病のリスクが56%低かった。

続きはソースで
images


引用元: 【健康】魚介類を1日110グラム食べるとうつ病リスク軽減 青魚に多く含まれるEPAの影響か 国立がん研究センター他©2ch.net

魚介類を1日110グラム食べるとうつ病リスク軽減 青魚に多く含まれるEPAの影響か 国立がん研究センター他の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/09/23(土) 21:27:22.52 ID:CAP_USER9
https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35104833.html

(CNN) 日本の「スペース・スイーパーズ」の任務は宇宙の掃除だ。

欧州宇宙機関(ESA)の推計によると、地球軌道上を周回している宇宙ごみは現在1億7000万個。使われなくなった衛星などの人工物が秒速8キロで大気圏外を回っている。これは弾丸の10倍の速度だ。

ごみの塊の一部はトラックほどの大きさに達する一方、1セント硬貨より小さなものもある。ただ、最も小さな宇宙ごみでも他の衛星や宇宙船に対する大きな脅威となっている。

ESAの宇宙ごみ部門トップによれば、軌道速度の1センチの宇宙ごみと衝突した場合、手りゅう弾の爆発と同等のエネルギーが発生するという。こうした事故が起きると破片が宇宙に散乱し、さらなる事故を招くリスクが増大する。

シンガポールに拠点を置く衛星サービス企業、アストロスケールは「スペース・スイーパーズ」と呼ばれる専門家チームを採用。宇宙ごみを大気圏内に引っ張り込み、再突入の際に燃え尽きさせて破壊するために鍵となる技術を開発している。

アストロスケールの伊藤美樹氏は「製造から発射成功に至るまで、極めてやりがいのあるミッションだ」と話す。

同社は現在、東京の開発拠点で2種類の衛星を開発している。

ひとつ目は、1ミリ以下の宇宙ごみに関するデータをリアルタイムで収集する微小衛星。収集したデータは宇宙ごみの最新分布図を作るため使用される見通しだ。

もうひとつは「ELSA」と呼ばれる衛星で、使われなくなった宇宙船を捕獲し除去する。

ELSAは現時点では開発段階だが、衛星を捕獲する方法として磁石などを用いる計画だ。宇宙ごみを捕獲した場合、ELSAはこれを大気圏に突入させて一緒に燃え尽きることになる。

ELSAのデモンストレーション実施は2019年10月を予定している。

続きはソースで

2017.09.23 Sat posted at 11:33 JST

https://www.cnn.co.jp/storage/2017/07/26/4c6207b9bee83ca53171aaea9e29a058/t/320/180/d/vision-the-future-of-japan-space-sweepers-05.jpg
宇宙ごみの除去に向けて、さまざまな方法が提案されている
https://www.cnn.co.jp/storage/2017/07/26/f02ccde36f81fef9130285805e749586/t/320/180/d/vision-the-future-of-japan-space-sweepers-01.jpg
ダウンロード


引用元: 【宇宙】スペース・スイーパーズは宇宙の掃除人、磁石を使ってデブリ退治 [無断転載禁止]©2ch.net

スペース・スイーパーズは宇宙の掃除人、磁石を使ってデブリ退治の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ