理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

リスト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/04/22(水) 01:21:23.43 ID:???.net
掲載日:2015年4月21日
http://www.afpbb.com/articles/-/3045971

 米海洋大気局(National Oceanic and Atmospheric Administration、NOAA)は20日、長年にわたって絶滅危惧種と位置づけてきたザトウクジラについて、大半の地域では個体数の回復がみられ、もはや同等レベルでの保護は不要との考えを示した。

 NOAAは、ザトウクジラを14の異なる個体群区分に分類し直し、「個別の必要性により配慮した保護の取り組み」を提言している。これにより、10区分については絶滅危惧種リストから外れる見通しだ。

 NOAAは声明を発表し、「過去40年間にわたる保護と回復の取り組みにより、多くの地域では個体群での生息数と成長速度の上昇がみられる」と述べ、また「商業捕鯨によってザトウクジラの個体数は激減したが、1970年に米国がザトウクジラを絶滅危惧種に指定して以降、多くの地域では個体数が回復した。個体数増加のスピードも安定している」と述べた。

 ザトウクジラは、成長すると体長18メートルに達し、寿命は50年とされている。体重は最大40トン。
オキアミなどの小さな甲殻類が主食で、1日に食べる量は1360キロにも及ぶ。

続きはソースで

no title
(c)AFP

<画像>
コロンビアの太平洋沖にあるウランバ・バイア・マラガ自然公園で、海面から飛び出すザトウクジラ
(2013年7月16日撮影、資料写真)。(c)AFP/Luis ROBAYO
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/8/1024x/img_486491bf96d0f75b7b05e4d91dd0a9d7196506.jpg

<参照>
Federal Register | Endangered and Threatened Species; Identification of 14 Distinct Population Segments of the Humpback Whale (Megaptera novaeangliae
https://www.federalregister.gov/articles/2015/04/21/2015-09010/endangered-and-threatened-species-identification-of-14-distinct-population-segments-of-the-humpback

引用元: 【生態学】ザトウクジラ個体群、大半が絶滅危機脱す 米NOAA

ザトウクジラ個体群、大半が絶滅危機脱す 米NOAAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/03/28(土) 00:02:02.72 ID:???.net
掲載日:2015年3月26日
http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015032601001851.html

 環境省は26日、国内の生態系や農林水産業に被害を及ぼしている外来生物429種を載せた「生態系被害防止外来種リスト」を発表した。特定外来生物を含む「外来種」399種に加え、本州から離島に持ち込まれるなどして問題となっている在来種を指す「国内外来種」30種を盛り込んだ。

続きはソースで

no title
<画像>
 外来種で緊急対策種とされたカミツキガメ(環境省提供)
http://img.47news.jp/PN/201503/PN2015032601001932.-.-.CI0003.jpg

<参照>
環境省_「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(生態系被害防止外来種リスト)」の
公表について(お知らせ)
https://www.env.go.jp/press/100775.html

引用元: 【環境/生物】生態系に悪影響429種 環境省が外来生物リスト発表

生態系に悪影響429種 環境省が外来生物リスト発表の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/01/04(日) 20:53:43.93 ID:???0.net
ロシアの学者たちは、地球に危険な小惑星が近づいていると報告した。
この小惑星が地球に最も接近するのは1月26日。危険な小惑星について発表したのは、ウラル連邦大学の専門家たち。

小惑星BL86の直径は、400-1000メートル。小惑星は26日、地球から120万キロのところを通過する。
これは地球から月までの距離の3.1倍。学者たちは、極めて近いと指摘している。
小惑星BL86は、北半球で観測が可能。天体望遠鏡あるいは強力な双眼鏡を利用する必要がある。
 これより先、米航空宇宙局(NASA)の学者たちは、小惑星が地球に衝突した場合に致命的な危険が及ぶ恐れのある国のリストを発表した。
リストには、日本、米国、英国などを含む10カ国が入っている。

http://japanese.ruvr.ru/news/2015_01_04/281888578/

引用元: 【国際】ロシアの学者:地球に危険な小惑星が近づいていると報告 最も接近するのは1月26日

地球に危険な小惑星が! 最も接近するのは1月26日の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/11/07(金) 20:48:42.38 ID:???0.net
毎日新聞 2014年11月07日 20時16分(最終更新 11月07日 20時29分)

 環境省は7日、国内の生態系に被害を及ぼす恐れのある動植物424種を「侵略的外来種」としてリストにし、被害防止に向けた行動計画を作る方針を明らかにした。法律で飼育や輸入が禁じられている特定外来生物112種に加え、国内在来種でも人為的に持ち込まれ特定地域の生態系を脅かしている種を「国内由来の外来種」と位置付けた。

 リストは外来種を、▽国内への定着を予防すべき種▽国内に既に定着し、駆除などの緊急対策が必要な種▽産業で利用されているが拡散防止など適切な管理を必要とする種--など六つに分類した。

 例えば、ペットとして流通しているフェレットを定着予防種に指定。緊急対策が必要な種には、韓国経由で長崎県・対馬に定着したツマアカスズメバチや、現在35都府県に拡散した豪州原産のセアカゴケグモの他、本州から北海道などへ持ち込まれたニホンイタチなどの在来種も入った。また、遊漁や食用に導入されたニジマスや、河川敷ののり面緑化などに利用されるイネ科植物などが管理を必要とする種に分類された。

(続きはリンク先で)

引用元URL:毎日新聞 http://mainichi.jp/feature/news/20141108k0000m040054000c.html

引用元: 【環境】 環境省が「侵略的外来種」424種のリストを初作成 セアカゴケグモ、フェレット、ニホンイタチなどを指定 [毎日新聞]

環境省が「侵略的外来種」424種のリストを初作成 セアカゴケグモ、フェレット、ニホンイタチなどを指定の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ