理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ロンドン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/02(木) 12:29:41.97 ID:CAP_USER
(CNN) ロンドン考古学博物館(MOLA)は1日、ロンドン中心部の建設現場で2012~14年にかけて、古代ローマ時代の文字を手書きで記した木の板が400枚以上見つかったと発表した。

現場ではブルームバーグ欧州本社の新社屋を建設中。木の板以外にも、50棟以上のローマ時代の建物の跡が見つかったほか、1万5000点もの人工物が出土したという。

400枚以上の木の板のうち、西暦57年1月8日付の金融に関する「古文書」は、英国で見つかった手書き文書としては最も古いものだ。

別の板には「Londinio Mogontio」と書かれている。これは「ロンドンで、モゴンティウスに宛てて」という意味だ。時代は65~80年ごろで、ロンドンに言及した文書としては最も古いものと考えられている。

板からは奴隷や裁判官、醸造業者まで、100人近い人物の名前が見つかった。歴史学者にとっては、ローマ時代のロンドンにおける日々の営みを知るヒントとなるものだ。

これまでロンドンでは、ローマ時代の手書きの板は19枚しか見つかっていなかった。

ローマ時代の「帳簿」は薄いタイルのような形状で、みつろうを塗った板の上に文字を書くようになっていた。長い時間を経てみつろうは剥がれ、文字の跡がついた板の部分だけが残ったわけだ。

幸い、板は湿った泥に埋まっていたため、酸素に触れることなく腐らずに済んだ。板が出土した場所には、かつて川が流れていた。

英国最古の手書き板を含む700を超える出土品は、来年ブルームバーグの新社屋で展示される予定だ。

ダウンロード


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160602-35083609-cnn-int

引用元: 【歴史】古代ローマの手書き板400枚、ロンドンの建設現場から出土©2ch.net

古代ローマの手書き板400枚、ロンドンの建設現場から出土の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/16(水) 04:57:27.76 ID:CAP_USER*.net
◆ロンドンで1メートル以上あるネズミの死骸が見つかる

ロンドンで働くガス会社の男性が、巨大なネズミの死骸を見つけました。
ロンドン西部、ハックニーダウンズの運動場近くでこのネズミの死骸を発見したトニー・スミスさんは、約1メートル20センチ、小型犬くらいの大きさだったと主張しています。

ガス技術者のトニー・スミスさんは、誰も信じてはくれないだろうと思い、同僚の電気技師ジェームズ・グリーンさんに頼んで写真を撮ってもらったということです。

スミスさんは「今まで見た中で一番大きいものでした。
猫とジャック・ラッセル・テリアを飼っているのですが、 その2匹を合わせた分よりも大きかった。
4フィート(1メートル20センチ)はありました。
ゴミ箱に突っ込もうと思いましたが、その前に、本物だと信じない人のために写真を撮ることを思いつきました」

続きはソースで

ダウンロード


画像
写真:https://livedoor.4.blogimg.jp/news4vip2/imgs/6/d/6dbf8255-s.jpg

America Force 2016年03月12日
http://www.americaforce.com/archives/56459598.html


引用元: 【国際】1メートル20センチもある巨大ネズミがロンドンで発見される(写真あり)★2

1メートル20センチもある巨大ネズミがロンドンで発見される(写真あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/24(火) 18:06:35.42 ID:CAP_USER.net
初期ロンドン住民の骨から複数民族の遺伝子、英博物館調査で判明 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000024-jij_afp-sctch

ダウンロード


【AFP=時事】古代ローマ時代、初期の英ロンドン(London)周辺に暮らしていた人々は、現在のロンドン住民らと同様、複数の民族を祖先に持っていたことが英ロンドン博物館(Museum of London)が行ったDNA鑑定で23日、明らかになった。調査は、ロンドン市内で見つかった人骨4体を対象に行われた。

 4人のうち2人の骨は、英国の国外で生まれた人のものだった。ひとつは東欧と中近東地域につながりのある男性、もう一つは北アフリカ出身で青い目の10代の少女のものだった。

 男性の頭蓋骨には外傷がみられた。このことは、男性は、市内の円形競技場で◯害された後、その頭部が競技場の穴に捨てられた可能性があることを示唆しているという。

 他の2点の骨は、英国生まれの人たちのもので、一つは母方の祖先に北欧出身者がいる女性、もう一つは同じく母親を通じて欧州あるいは北アフリカとのつながりがある男性と考えられるという。

 同博物館で古代ローマ時代のロンドンについて研究する上級学芸員のキャロライン・マクドナルド(Caroline McDonald)氏は、「古代ローマ時代のロンドンが文化的に多様な場所だったことは以前から分かっていたが、今は科学によって確証が得られている。ロンディニウム(ロンドンの古代ローマ名)で生まれた人々は、ローマ帝国全域からやってきた人々とともに暮らし、われわれが知る現代のロンドンと同じように、知識や文化を交換していた」と述べた。

 英国の首都ロンドンは1世紀半ば、皇帝クラウディウス統治下の古代ローマ時代につくられたとされている。【翻訳編集】 AFPBB News

引用元: 【遺伝学】初期ロンドン住民の骨から複数民族の遺伝子、英博物館調査で判明

初期ロンドン住民の骨から複数民族の遺伝子、英博物館調査で判明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: もわん◆2R.j9FMXMSiE 2014/04/01(火)10:00:35 ID:Zv3WC1EQo

「地下トンネルが農場に。ロンドンの巨大シティファーム計画」
2014.3.31 14:00 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/140331/wir14033112380000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/140331/wir14033112380000-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/140331/wir14033112380000-n3.htm
>第二次世界大戦時に防空壕として使用されていたロンドンの地下トンネルを、LED照明を使う水耕農場に変えようとしている新興企業を紹介。

ロンドンの地下で野菜を作る。水の使用量が節約できる、ロンドン近くは地価が高く、おいしいが日持ちしない野菜が作れなかったがこれで解決する、温室で栽培するより、地下の方が保温性が高い。
日照時間が長く、水も豊富な日本でそのまま採用はできないが、なかなか着眼点が面白いニュース。
動画付き。


ロンドン地下でLED照明による美味しい野菜の生産の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 有明省吾 ◆BAKA3V.XYI @有明省吾ρφ ★ 2014/03/01(土) 18:25:08.74 ID:???0 BE:1018551247-PLT(12069)

★英中部にオーロラ出現 ロンドンでも観測の可能性

【ロンドン3 件共同】北欧やアラスカの夜を彩るオーロラが英国中部で25日までに目撃された。
英国でのオーロラ観測はまれで、専門家は同国南部のロンドン3 件でも観測できる可能性があるとしている。

英天文協会によると、中部各地で22日、夜空に広がる緑色のオーロラが目撃された。
オーロラ3 件は、太陽の爆発現象「太陽フレア」などで発生した電気を帯びた粒子が、地球の大気中の粒子と衝突して発光する。
同現象が活発化し観測可能地域がノルウェー北部など北極圏周辺から南に広がったとみられる。


046ed780.jpg

2012/01/26 09:17 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012601000139.html



英中部にオーロラ出現、ロンドンでも観測の可能性の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: そーきそばΦ ★ 2013/12/23(月) 00:00:52.63 ID:???0

 12月11日、ロンドンで「主要8カ国(G8)」による「認知症サミット」が始まった。
高齢化に伴う認知症患者の増加は、世界的な関心事になっているのだ。

 65歳以上の10人に1人が発症するといわれる認知症。予備群も含めると800万人を数える。
認知症全体の約6割を占めるのがアルツハイマー病だ。
「最近のできごとを忘れる」「時間や場所、人物の認識が不確かになる」「意欲がなくなる」などの症状から始まり、やがて、介助なしに日常生活を送るのがむずかしくなる。

 アルツハイマー病の原因物質は「β(ベータ)アミロイド」というタンパクだ。
これが、脳神経細胞の周囲に溜(た)まることで神経細胞が傷つき、変性や細胞死が起こる。

 これまで、脳内に起きている変化は、亡くなった人を解剖する「剖検」でしか確認できなかった。しかし現在、最先端の「アミロイドPET(陽電子放射断層撮影)」という画像診断法により、一日でわかるようになった。

 アミロイドPETは、アメリカのベンチャー企業が開発。日本の厚生労働省にあたるFDA(米食品医薬品局)が条件付きで認可した。
脳内のβアミロイドの様子が事前にわかれば、早期診断はもとより、治療薬や予防などの研究も進む。
現在実施されている研究のほとんどは、このアミロイドPETを利用している。

c4df9850.gif

※週刊朝日 2013年12月27日号dot. 12月22日(日)7時18分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131222-00000001-sasahi-hlth
(続)



【医療】発症前に治療? 「アルツハイマー病」最新事情の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ