理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ローター

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2019/08/10(土) 11:37:55.83 ID:CAP_USER
たった2つのローターで飛ぶUFO風ドローン、スイス連邦工科大学ローザンヌ校が開発
https://www.gizmodo.jp/2019/07/dual-propeller-drone-flybotix.html
2019/7/22 16:00 author 岡本玄介
GIZMODO,https://www.gizmodo.jp


Image: École polytechnique fédérale de Lausanne (EPFL)/YouTube
https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2019/07/19/190719_flybotix-w1280.jpg

同軸反転式ローターは効率的でした。

ドローンのほとんどはクワッドローター、つまり4つの回転翼で宙に浮くよう作られています。ちょうど安定するのが4つなので、かなり小型でもクワッドローターが主流となっています。

ですがひとつ欠点を挙げるとすると、一度に回す翼が4枚なので、けっこうな消費電力になってしまうことなのだそうです。

・その解決策は?
そこでいま、スイス連邦工科大学ローザンヌ校とFLYBOTIX社が手を組み、ローターをふたつに減らした「デュアル・プロペラ・ドローン」の開発に注力している、とhackster.ioが伝えています。

ふたつにする利点は、静音性が向上し、電池寿命が2倍になること。プロペラは同軸に2段重ねになっていますが、ドローン本体が自転しないよう互いに逆回転する同軸反転式ローター方式になっています。

そこにプロペラのガードを合体させたその姿は……?

Video: École polytechnique fédérale de Lausanne (EPFL)/YouTube
https://youtu.be/kxfCGZ-pN3E



なんだかUFOっぽい形ですよね。そういえば、以前にはドローンをUFO型にした方が効率が良いことは、別のアプローチで実証されたこともあったくらい、このふたつは相性が良いようです。

・どうやって移動するの?
プロペラが2段重ねになったら、上昇と下降をするのは容易に想像がつきます。ですが、どうやって前後左右に進むのでしょうか? それはFLYBOTIXが開発した、独自の制御システム。

続きはソースで

Source: YouTube, FLYBOTIX via hackster.io
https://youtu.be/


https://flybotix.com/
https://blog.hackster.io/this-dual-rotor-drone-can-fly-twice-as-long-as-quad-rotor-models-bbcd40270a50
ダウンロード


引用元: 【航空/工学】たった2つのローターで飛ぶUFO風ドローン、スイス連邦工科大学ローザンヌ校が開発[08/10]

たった2つのローターで飛ぶUFO風ドローン、スイス連邦工科大学ローザンヌ校が開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/14(水) 20:57:29.33 ID:???*.net
◆二重反転ローターとプロペラの推力で高速飛行も可能なヘリコプター「S-97 RAIDER」

アメリカのヘリコプター製造企業で、軍用機の製造をも手がけるシコルスキー・エアクラフトは、同社が開発を進めてきた新型ヘリコプター「S-97 RAIDER」の概念実証機を公開しました。

この機体は通常のヘリコプターとは異なり、それぞれが反転する2重反転式ローターと、飛行機のように前方への推力を生むプロペラの両方を持つ機体で、回転翼機としては最高となる時速220ノット(約407km/h)で巡航可能という性能を備えています。

画像:http://i.gzn.jp/img/2015/10/14/sikorsky-97-raider/00-top.jpg

シコルスキーは、2015年10月12日から14日にかけて開催された米陸軍協会でこの機体を発表しました。
概念実証機ということで、機体の細かな仕様はこれから手が加えられることになりますが、主なコンセプトを完成機に近い形で具現化している機体となっています。

画像:http://i.gzn.jp/img/2015/10/14/sikorsky-97-raider/sikorsky-15.jpg

特徴的な2重反転ローターの様子がよくわかるアングル。
S-97 Raiderは通常のヘリコプターよりも小径のローターを備えているのが特徴ですが、このローターにも特徴があります。
一般的なヘリコプターのローターは、あえて全体の剛性を調節して柔らかい「しなり」を与えていますが、この機体では剛性の高いリジッドタイプを用いているのが特徴とのこと。

画像:http://i.gzn.jp/img/2015/10/14/sikorsky-97-raider/sikorsky-1.jpg

さらに特徴的な機体後部の様子。
主ローターに二重反転ローターを採用したことで、通常だと横向きに取り付けるテールローターの必要がなくなり、代わりに前方方向への推力を生みだす推進プロペラが備わっています。

画像:http://i.gzn.jp/img/2015/10/14/sikorsky-97-raider/sikorsky-2.jpg

二重反転ローターの付け根はこんな感じ。
一般的なヘリコプターだとローターの角度を調整するロッド類を見かける部分ですが、スッキリとした外観からは空力を重視して高い巡航速度を意識している様子がうかがえます。

画像:http://i.gzn.jp/img/2015/10/14/sikorsky-97-raider/sikorsky-11.jpg

主ローターの翼端部は斜めの形状を持ち、空気抵抗の削減が狙われている様子。

画像:http://i.gzn.jp/img/2015/10/14/sikorsky-97-raider/sikorsky-10.jpg

GIGAZINE 2015/10/14 17:00
http://gigazine.net/news/20151014-sikorsky-97-raider/

ローターを回転させながら前へ進む時、ローターの左右ではいわば「風上に向かう側」と「風下に向かう側」の状態が生まれます。
S-97 Raiderでは「Advancing Blade Concept」を取り入れており、ローターが風上に向かう状態にある時は仰角を与え、飛行機の翼のように機体を持ち上げる揚力を生むようになっているとのこと。
風下に向かう状態の時は角度をゼロにすることで、空気抵抗を最小にする機構が採用されています。
また、反転するローターを2枚持つことで、ローターが生む揚力を左右でうまくバランスが取れるようにもなっているそうです。

画像:http://i.gzn.jp/img/2015/10/14/sikorsky-97-raider/sikorsky-3.jpg

S-97 Raiderは機体コントロールにコンピューター制御を全面的に取り入れた「フライ・バイ・ワイヤ」を採用しており、パイロットの目前にあるインストゥルメントパネルには大小の液晶ディスプレイが並んでいます。

画像:http://i.gzn.jp/img/2015/10/14/sikorsky-97-raider/sikorsky-13.jpg

大きなウィンドウを持つ機体ノーズ部分。
S-97 Raiderは「武装偵察ヘリ」としての任務に主眼を置いた設計が行われており、いわゆる「ドローン」のような無人偵察機では担えない、人間による判断が必要とされる任務への活用を狙っているとのこと。

画像:http://i.gzn.jp/img/2015/10/14/sikorsky-97-raider/sikorsky-4.jpg

コクピット後部には、6名の乗員が乗るスペースを確保しており、幅広い任務に対応することもできそうです。

画像:http://i.gzn.jp/img/2015/10/14/sikorsky-97-raider/sikorsky-8.jpg

機体に書かれた「Radier」のロゴを指さすのは、チーフテストパイロットを務めるビル・フェル氏。
先だって行われたテスト飛行が順調に進んだことを強調しており、ずっと飛び続けたいぐらいだったと語っていたとのこと。

画像:http://i.gzn.jp/img/2015/10/14/sikorsky-97-raider/sikorsky-12.jpg

続きはソースで

images





引用元: 【航空】二重反転ローターとプロペラの推力で高速飛行も可能なヘリコプター「S-97 RAIDER」(画像あり)

二重反転ローターとプロペラの推力で高速飛行も可能なヘリコプター「S-97 RAIDER」(画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/06(金) 13:18:58.83 ID:???0

★動画:18ローター搭載のVTOL機 Volocopter が初飛行に成功、バッテリー駆動で無線操作も可能

78f0385e.jpg

http://hss-prod.hss.aol.com/hss/storage/adam/292b9dc832ced9943da09c225ab38f86/volo1.jpg
ドイツのe-volo が、18個のローターを搭載する垂直離着陸(VTOL)機Volocopter VC200の初飛行に
成功したと発表しました。

VC200 はバッテリーで駆動する2人乗りの小型VTOL機。操作はコックピットの操縦桿のほか、無線コントローラーを使用して無人飛行も可能です。飛行の様子は続きの動画へどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=tNulEa8LTHI



e-volo はVC200の特徴として、バッテリー駆動のため排気ガスなどを排出しないことや、操作が容易なため低コストでパイロットの育成が可能なこと、動作音が静かで振動がないことなどを挙げています。

性能については、最高速度が時速100マイル(約160km)、最高高度は7000m。バッテリーのみで駆動した際の連続飛行時間は20分。

飛行時間は今後のバッテリー技術の進化に伴い伸びる見込みですが、長時間飛行のために、当面はバッテリー用の発電機として燃焼式エンジンを搭載するとしています。

またe-volo はクラウドファンディングサイトSeedmatch にて出資を募っていましたが、最終的に目標の1200% となる120万ユーロの出資を集めることに成功しています。


こちらはVC200の元となったVC1。動画では飛行の様子や、座席の下に設置したバランスボールのような物体が着地の衝撃を吸収する様子も見られます。

8cb3095b.jpg

http://hss-prod.hss.aol.com/hss/storage/adam/6897366ebcad537e083c6913b8b97fe3/volo2.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=L75ESD9PBOw



http://japanese.engadget.com/2013/12/03/18-vtol-volocopter/



【海外】18ローター搭載のVTOL機 Volocopter が初飛行に成功、バッテリー駆動で無線操作も可能(動画あり)の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ