理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ワクチン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/22(月) 00:37:03.48 ID:???.net
デング熱で有力抗体発見 ワクチン開発に期待

8月に約70年ぶりの国内感染が確認され、日本でも感染拡大の可能性が高まるデング熱のウイルスについて、英国やタイなどの国際チームが高い効率でウイルスを中和できる抗体を発見したと、15日付の米科学誌ネイチャーイムノロジー電子版に発表した。

抗体とは、ウイルスの表面にある特定の構造に結合して、ウイルスを無力化するタンパク質。
デングウイルスは遺伝子配列が大きく異なる四つの型があるが、今回発見した抗体はどの型も攻撃できるという。
全ての型に有効な抗体はこれまで見つかっていなかったといい、チームは「有用性の高いワクチンの開発につながる成果だ」としている。

2014/12/16 01:00 【共同通信】
________

▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121501002136.html
47NEWS(http://www.47news.jp/)2014/12/16 01:00

▽関連リンク
Nature Immunology (2014) doi:10.1038/ni.3058
Received 12 June 2014 Accepted 18 November 2014 Published online 15 December 2014
A new class of highly potent, broadly neutralizing antibodies isolated from viremic patients infected with dengue virus
http://www.nature.com/ni/journal/vaop/ncurrent/abs/ni.3058.html

引用元: 【感染症】デング熱で有力抗体発見 ワクチン開発に期待/英国やタイなどの国際チーム

デング熱で有力抗体発見 ワクチン開発に期待/英国やタイなどの国際チームの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/18(木) 15:23:56.64 ID:???.net
Yahoo!ニュース - 蚊が媒介するチクングニア熱、米大陸で100万人が感染 (CNN.co.jp)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141218-35058084-cnn-int


デング熱に似た症状を引き起こす感染症のチクングニア熱が米大陸で流行している。治療法はなく、ワクチンも存在しない。1年前に流行が始まって以来、感染者は103万人を超え、うち155人が死亡した。

チクングニア熱は蚊がウイルスを媒介して感染する。かつてはアジアやアフリカからの帰国者で感染が確認されていたが、2013年12月、カリブ海のサンマルタン島で初めて地元の蚊を介した感染が確認された。西半球で流行が発生したのは初めてだという。

これまでに中米のすべての国で国内感染が確認され、米国では12月12日までにフロリダ州で11例の国内感染を確認。さらに他国から帰国した1900人の症例が全米で報告されている。

感染者が蚊に刺されると、血中のウイルスが蚊に運ばれて感染が広がる。サンマルタン島から始まった流行は急速に広まり、収束する兆しはない。

ドミニカ共和国では感染者が人口の5%に当たる52万人を突破。これから夏を迎える南米のブラジル、ペルー、パラグアイなどでも国内感染が報告され、ブラジルの感染者は2000人を超えた。

症例の20~30%は慢性化し、関節炎やリウマチなどの症状が身体的障害を引き起こしたり、うつなどの精神疾患に結び付いたりすることもある。


今になってなぜ米大陸で感染が広がったのかは不明だが、特に気候が温暖な地域では今後何年も流行が続く恐れもある。流行地域では、虫よけや蚊帳の使用、長袖の着用などを通じて蚊に刺されないよう注意を呼びかけている。

引用元: 【感染症】蚊が媒介するチクングニア熱、米大陸で100万人が感染

蚊が媒介するチクングニア熱、米大陸で100万人が感染の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/18(木) 18:27:48.77 ID:???0.net
子宮頸がんワクチン後遺症 北九州市の賠償確定へ
2014.12.18 18:15

 北九州市立八幡病院(同市八幡東区)で受けた子宮頸がんワクチンの接種で関節炎になったとして、市内の50代女性に約760万円の損害賠償を支払うよう市に命じた福岡地裁小倉支部判決について、市は18日、「判決を覆す材料がなく控訴しない」と発表した。
「被害者に心からおわびしたい」としている。

 9日の判決によると、平成22年、同病院の医師が女性の左肩の適正な位置より約3センチ上に接種した。
ワクチンに含まれる成分が関節炎を誘発、腕が上がらなくなったと認定し、注意義務違反を指摘した。
市側は、接種位置は適正と主張していた。

http://www.sankei.com/smp/affairs/news/141218/afr1412180036-s.html

引用元: 【社会】子宮頸がんワクチン後遺症 北九州市の賠償確定へ

子宮頸がんワクチン後遺症 北九州市の賠償確定への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/12(金) 15:23:45.93 ID:???0.net
子宮頸がんワクチン接種に賛否 日医と学会の合同シンポ
【共同通信】 2014/12/10 20:09:59

日本医師会と日本医学会は10日、接種後に全身の痛みなどの症状が相次ぎ、積極的な推奨が中止されている子宮頸がんワクチンに関する合同のシンポジウムを開催、産婦人科や神経内科、小児科などさまざまな立場の医師が賛否を主張した。

座長を務めた日本医学会の高久史麿会長は終了後の記者会見で「専門家の間でも因果関係について見解が異なる。究明を続けるとともに、国は症状の出た患者への支援体制を強化し、接種の在り方について結論を出してもらいたい」と早急な対応を求めた。

ソース: http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121001002000.html

引用元: 【医療】子宮頸がんワクチン接種に賛否 - 日本医師会と日本医学会の合同シンポ [14/12/10]

子宮頸がんワクチン接種に賛否 - 日本医師会と日本医学会の合同シンポの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/09(火) 07:17:21.41 ID:???0.net
2014年12月8日 

 インフルエンザの流行が始まりました。厚生労働省は12月5日、全国で約5千カ所の定点医療機関から直近の1週間(11月24~30日)に報告された患者数が、1カ所あたり1.90と、今シーズン初めて全国的な流行開始を示す指標の「1人」を超えたと発表しました。昨シーズンより3週間早いので注意が必要です。

ワクチンの接種は重要だが、完全に予防できるわけではない
 今からでもワクチンの接種は有効です。子供以外は1回で十分です、注射がきらいな人もできるだけ接種をお勧めします。ただ卵アレルギーのある人、過去ワクチンで副作用がでたことのある人、1カ月以内に他のワクチンをした人、当日発熱など体調が悪いと感じている人は医師の助言を求めてください。費用は勤務先や住んでいる市町村より補助される金額で異なりますが、自己負担は高くても4500円ほどです。

 注意しなければならないのは、ワクチンを接種すればインフルエンザの発病を完全に押さえ込むことができると誤解していることです。実際にはそれほど強力な予防効果があるわけではなく、高齢者などを重症化させないという程度のものと理解するべきです。もちろん普通の風邪には効果はありませんので、ワクチンをしたから安心と考えて無茶な生活をするのは禁物です。

Next:インフルエンザウイルスは高温多湿を嫌う
(記事の続きや関連情報はリンク先で)

引用元: http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20141205/427238/

引用元: 【社会】 インフルエンザの流行が始まる インフルエンザの弱点は高温・多湿 [日経BP]

インフルエンザの流行が始まる インフルエンザの弱点は高温・多湿の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/26(水) 00:47:11.03 ID:???0.net
■厚労省、子宮頸がんワクチンの全副反応報告を調査へ

 子宮頸がんワクチンをめぐる動きです。厚生労働省は、原則としてすべての副反応報告の追跡調査を行うことを明らかにしました。

 推奨の一時的な取りやめが続く、子宮頸がんワクチンの接種。これまでにおよそ340万人が接種し、痛みや歩行障害など、2475例の副反応が報告されています。推奨の取りやめから1年半が過ぎようとしていますが、いまだ結論は出ていません。そうした中で、副反応の検証をめぐって大きな動きが出てきました。厚労省は、これまで限定的に行ってきた副反応の追跡調査について「原則すべての副反応の
報告」を対象とすることを明らかにしたのです。

 これは今回新たに通知した医師向けの副反応の調査票。これまでの報告用紙には、副反応の症状として、主に5つしか記載されていませんでしたが、新たな調査票には運動障害・認知機能の低下など、23の症状が記載されました。副反応報告を基に作られたといいます。さらに各都道府県で副反応の相談窓口となる医療機関を公表。整備の目的は「患者が病院をたらい回しにされるのを防ぐこと」です。

 検証の必要性を訴えてきた被害者団体は、今回の動きに歓迎を示す。「症状の多様性を厚労省も理解してくれた結果。高く評価できる。被害者の人々、やっとこれで少し自分の症状、子どもたちの症状が認められたと話す人も多くなっている」(全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会 池田利恵事務局長)

 ただ、課題もあるといいます。「(患者からのメール)『医療機関で症状を理解してもらえず、苦しい経験をたくさんしました』現場の医師でもなかなか(症状を)分かっていないことに不満を持っている人が多い」
(全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会 池田利恵事務局長)

 厚労省は今回の調査と報告の強化策について、「情報を充実させ、科学的な検討をさらに進め、判断したい」
としています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2358089.html
http://news.tbs.co.jp/ TBS(最終更新:2014年11月25日(火) 23時51分)
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1416830171/156 依頼

関連過去ログ
【社会】少女たちの人生を狂わせた「子宮頸がんワクチン」の副作用…関連は謎のまま[11/19] (c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1416365815/

引用元: 【社会】厚労省、子宮頸がんワクチンの全副反応報告を調査へ

厚労省、子宮頸がんワクチンの全副反応報告を調査への続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ