理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

ワクチン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/13(火) 22:35:18.78 ID:CAP_USER9
◆1回投与で効果数年の高血圧ワクチン 実用化は5年以内か

12月上旬、バイオベンチャー企業のアンジェスMGと大阪大学の森下竜一教授らは、高血圧治療のワクチンの臨床試験(治験)を2017年からオーストラリアで開始すると発表した。

そのワクチンは、毎日服用しなければならない降圧剤と違い、1回注射するだけで血圧を下げる効果が数年間にわたって持続するという。
ほかにもワクチンのメリットは数多くある。

「降圧剤は持続期間が短いため、朝や夜のみの血圧上昇といった“隠れ高血圧”への対応が難しいが、効果がずっと続くワクチンなら、降圧剤でコントロールが難しい時間帯もカバーできます。

認知症患者など、日々の服用が困難な患者にも有効です。
また、1回のワクチン投与で数年間の効果が期待できるため、降圧剤にかかる医療費の削減も期待できます」(森下教授)

“夢の特効薬”と期待がかかる一方で、ワクチンには副作用のリスクという課題もある。

「体内の免疫力が高まり過ぎて、自分で自分を攻撃することで、アレルギーなどの『自己免疫疾患』になるリスクがある。
ネズミの実験では自己免疫疾患の危険は回避できたが、今後も注意深い検証が必要です」(同前)

また、ワクチンはすべての高血圧に効く「万能薬」とは限らない。
降圧剤には、主に血管拡張作用のあるタイプと、血液量の増加を抑制するタイプの2種類がある。

「このワクチンは、血管拡張作用のある『ARB』、『ACE阻害剤』、『カルシウム拮抗薬』、血液量の増加を抑制する『利尿剤』、『ベータ遮断薬』など、どのタイプの降圧剤を服用する患者にも効果が期待できます。
ただ、複数の種類の降圧剤を服用する患者はこのワクチンだけで全ての薬をやめられるとは限りません」(同前)

続きはソースで

※週刊ポスト2016年12月23日号

NEWSポストセブン 2016.12.13 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20161213_474716.html
ダウンロード (2)


引用元: 【医療】1回の投与で効果数年の高血圧ワクチン 実用化は5年以内か [無断転載禁止]©2ch.net

1回の投与で効果数年の高血圧ワクチン 実用化は5年以内かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/11/29(火) 09:49:28.94 ID:CAP_USER9
◆信大教授不適切発表「大変遺憾」=子宮頸がんワクチン研究―厚労省

信州大の池田修一教授が、厚生労働省研究班の代表として子宮頸(けい)がんワクチンの副作用に関し不適切な研究結果を公表したとされる問題で、
厚労省は24日、「国民に誤解を招いたことについて池田氏の社会的責任は大きく、大変遺憾」との見解をホームページ上に公表した。 

見解は「池田班の研究結果では、接種後に生じた症状がワクチンによって生じたかどうかについては何も証明されていない」としている。
池田教授は今年3月、自己免疫疾患を生じやすいマウスにワクチンを打つと、子宮頸がんワクチンに対してだけ脳に異常な抗体が見られたなどと発表。
しかし研究手法に不正の疑いがあると一部雑誌で指摘された。 

時事通信 2016年11/24(木) 12:02
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000043-jij-soci

ダウンロード


引用元: 【厚労省】<子宮頸がんワクチンの副作用公表> 「国民に誤解を招いたことについて池田氏の社会的責任は大きく、大変遺憾」★2 [無断転載禁止]©2ch.net

【厚労省】<子宮頸がんワクチンの副作用公表> 「国民に誤解を招いたことについて池田氏の社会的責任は大きく、大変遺憾」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/11/08(火) 01:36:35.63 ID:CAP_USER
仏パスツール研、京大・東大と感染症研究

■仏パスツール研究所 京都大学、東京大学とそれぞれ、感染症分野で共同研究を進める協定を結んだ。
京大とはインフルエンザワクチンに対する免疫反応を調べ、東大とは腸や鼻の粘膜から吸収するワクチンの臨床応用を目指した研究に取り組む。
クリスチャン・ブレショ所長は「ワクチンの発展は人類の健康のために極めて重要だ」と話す。
 
京大のゲノム医学センターの松田文彦センター長らと、ワクチンを接種した人の血液を集め、効果に個人差が生じる仕組みなどを調べる。

続きはソースで

▽引用元:日本経済新聞Web刊 2016/11/6 20:17
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG04H1I_V01C16A1TJM000/

Institut Pasteur
http://www.pasteur.fr/fr
ダウンロード


引用元: 【共同研究】仏パスツール研究所、京都大・東京大とそれぞれ感染症分野で共同研究を進める協定 ©2ch.net

仏パスツール研究所、京都大・東京大とそれぞれ感染症分野で共同研究を進める協定の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/09/04(日) 02:46:21.77 ID:CAP_USER9
ワクチンを受けられなかった年代の女子の感染率がほかの年代に比べて極めて高くなるという研究も報告されています。
もう判断を先送りにはできません。

詳しくは情報量が多いリンク先


【子宮頸がんワクチン特集】ワクチンで防げる悲劇を見過ごしていいの?
読売 2016年8月31日
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160823-OYTET50014/

 日本で毎年新たに子宮頸けいがんになる女性は約1万人で、約3000人が亡くなっています。そのほとんどは、性行為でうつるヒトパピローマウイルス(HPV)が原因とされ、このうち、特にがんに進展する危険性が高い型への感染を防ぐのが「HPVワクチン」です。国は2013年4月から、小6から高1の女子を対象とする定期接種としましたが、接種後に痛みなどの体調不良を訴える人が相次ぎ、同年6月、積極的に接種を勧めることを中止しました。それから3年以上、事実上、接種はストップしています。

 この間、ワクチンを打った後に体調不良を訴えている女性たちが国や製薬会社に損害賠償を求める訴訟を起こす一方、世界保健機関(WHO)や日本の関連学会は、日本の若い女性が、がんを予防できるチャンスを失わせているとして、積極勧奨の再開を求めています。

続きはソースで

ヨミドクター編集長・岩永直子
images



引用元: 【医療】子宮頸がんワクチンで防げる悲劇を見過ごしていいの?受けられなかった年代の女子の感染率がほかの年代に比べて極めて高くなる©2ch.net

子宮頸がんワクチンで防げる悲劇を見過ごしていいの?受けられなかった年代の女子の感染率がほかの年代に比べて極めて高くなるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/08/23(火) 16:33:32.31 ID:CAP_USER
2016/8/22 20:48
 ドナルド・ヘンダーソン氏(天然痘根絶に尽力した米医師)米紙ニューヨーク・タイムズによると、骨折による合併症のため19日、米メリーランド州のホスピスで死去、87歳。


 米疾病対策センター(CDC)に入り、1966年に天然痘撲滅キャンペーンの指揮のため・・・

続きはソースで

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H6P_S6A820C1CN8000/

ダウンロード (3)


引用元: 【訃報】 ドナルド・ヘンダーソン氏が死去 米医師、天然痘根絶に尽力 [08/22] [無断転載禁止]©2ch.net

ドナルド・ヘンダーソン氏が死去 米医師、天然痘根絶に尽力の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/22(水) 17:20:02.78 ID:CAP_USER9
「明らかに脳に障害が起こっている。ワクチンを打った後、こういう脳障害を訴えている患者の共通した客観的所見が提示できている」

 3月16日夜に放送されたTBSのニュース23で、信州大学の池田修一副学長は、「国の研究班の代表 信州大学 池田修一医学部長」のテロップつきでこう語った。根拠にしたのはマウスを用いた実験結果である。

「子宮頸がんワクチンを打ったマウスだけ、脳の海馬・記憶の中枢に異常な抗体が沈着。海馬の機能を障害してそうだ」(ニュース23)

 しかし、3カ月に及ぶ取材で明らかになったのは、信じがたい捏造行為の存在だった。池田教授のコメントを正しく修正すると次のようになる。

「子宮頸がんワクチンを打ったマウスの脳にワクチンによる異常が発生したという科学的事実はなく、そもそも、このマウス実験はワクチン接種後に症状を訴えている患者とは何ら結びつけることができない実験だった」

 厚生労働省は、国費を使って、池田修一・信州大学第三内科(脳神経内科)教授(兼副学長、兼医学部長)を班長とする通称「池田班」と、牛田享宏・愛知医科大学医学部学際的痛みセンター教授を班長とする通称「牛田班」に、子宮頸がんワクチンの副反応を研究させてきた。両班合同の成果発表会がメディアに公開される形で開催された日の夜に、TBSがぶつけたのが冒頭に紹介した池田教授インタビューだった。

 池田班の発表は3つのポイントからなる。まず、患者の症状から、ワクチンが脳障害を引き起こしている疑いがあること。次に、その原因は、自分を攻撃する異常な免疫である自己抗体にあり、関連する遺伝子が存在すること。そして、脳障害が、マウスを使った基礎実験でも確認されたということである。副反応メカニズム証明の入口に立ったと言わんばかりの発表に、メディアは色めきたった。

 成果発表会からわずか2週間後の3月30日、子宮頸がんワクチン被害者連絡会は記者会見を行い、国と製薬企業2社を相手取って集団提訴を行う予定であることを発表した。

続きはソースでご確認ください

ダウンロード


http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7080


引用元: 【社会】子宮頸がんワクチン薬害研究班に捏造行為が発覚★2©2ch.net

子宮頸がんワクチン薬害研究班に捏造行為が発覚の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ