理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

上海

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/01(金) 22:25:10.75 ID:CAP_USER*.net
中国上海市の衛生当局は1日、同市の男性(59)が鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)に感染したことが確認されたと発表した。現在、治療を受けている。

続きはソースで

ダウンロード (1)


(共同)

http://www.sankei.com/world/news/160101/wor1601010031-n1.html

引用元: 【鳥インフル】上海で感染確認 人への感染リスク高まる

【鳥インフル】上海で感染確認 人への感染リスク高まるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/19(水) 10:26:13.73 ID:876X+Ntv*.net
2015年 8月 19日9:18 / 提供:上海ジャピオン

 上海市黄浦区瑞金医院薬剤科の医師が、近頃市販されている一部の「咳止め薬」に中毒性があることを指摘し、市民に注意を呼びかけている。

 医師によると、一部の咳止め薬に配合される漢方成分「罌粟殻(おうぞくこく)」は別名「芥子殻(けしがら)」と呼ばれ、中毒性があり長期に渡り服用した後に使用を止めると、 情緒不安定や吐き気などの症状を引き起こす可能性があるという。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)

ダウンロード (1)


引用元:東方ネット http://jp.eastday.com/node2/home/xw/sh/u1ai106731.html

引用元: 【中国】 咳止め漢方に中毒性、 長期服用で副作用、 情緒不安定や吐き気などの症状を引き起こす可能性 [東方ネット]

咳止め漢方に中毒性、 長期服用で副作用、 情緒不安定や吐き気などの症状を引き起こす可能性 [東方ネット]の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/01/17(金) 08:53:26.72 ID:???0

昨年12月6日、中国の上海ではPM2・5(微粒子状物質)の平均濃度が、1立方メートルあたり610マイクログラム、と過去最悪の事態となった。

大気汚染が進む中国国内でも汚染がひどいのは、北京、上海などの都市部と、工場が集中する河北省一帯。
こうした地域では、日本製の空気清浄機が飛ぶように売れているという。

「日本のメーカーの中には、現地生産する企業も出てきていますが、ラインを増やして生産を倍にしても追いつかないほどです。
これは当然です。中国製の空気清浄機は性能に関する統一基準がないし、すぐ故障するからです。
どれほどの清浄効果があるのかもわかりません」(上海在住の日本人商社マン)

中国の深刻な大気汚染の惨状は、ご存じのとおり。
急激な工業化によって、石炭・石油などの化石燃料、車の排ガスなどさまざまな汚染物質が、野放図に垂れ流された結果だ。

「いま中国で進んでいる大気汚染は、人類が経験したことのないほどのものです。中国政府もようやく重い腰を上げ、昨年9月、50億元(約804億円)を投じて汚染対策に取り組み、2017年には汚染物質を10%削減する、と発表しましたが、時すでに遅しですよ」(前同)

この発表直後の10月1日には、上海でPM2・5の平均濃度が1立方メートルあたり250マイクログラムと、6段階の汚染指数で最悪の状態を記録。
「いまや上海では、前が見えない日も。誇張でもなく、北海道の"霧の摩周湖"より視界不良なんですよ。前が見えないため、自動車事故も多発しています」(通信社の上海特派記者)

大気汚染は、寒さの厳しい冬場に悪化するという。
「中国ではいまだに石炭を燃やして暖を取る家庭が多く、毎年冬場は、石炭を積んだトラックがひっきりなしに走っています。だからPM2・5が激増するんです」(前出・商社マン)

大気汚染で怖いのは、呼吸器など身体への影響だ。

「昨年、中国環境保護省は、『化学物質の環境リスクと管理計画書』を発表しました。この中で、"がん村"の存在を初めて認めたんです」(前出・記者)
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20140117/Taishu_politics850.html
>>2
ダウンロード



【中国大気汚染】 1年間で312万人ががんを罹患・・・肺ガン患者が激増中!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/12/03(火) 12:40:32.79 ID:???0

深刻な大気汚染に苦しむ中国。これまで東北部と比べれば空気がきれいだと言われていた上海でも、ここ数日、PM2.5の数値が跳ね上がり、市民に不安が広がっています。

普段ならはっきり見える上海の高層ビル群。3日朝は大気の汚れのせいでかすんでいます。

上海市当局の発表によりますと、3日朝のPM2.5の数値は日本の環境基準である
1立方メートル当たり35マイクログラムのおよそ5倍にあたる172マイクログラムでした。

上海では去年から大気汚染のレベルを6段階に分けて毎日発表していますが、2日初めて、最悪の「厳重汚染」レベルに達し、3日も5番目の「重度汚染」にあたります。

「北京周辺には工場がたくさんあるけど、上海の工場は郊外に移った、おかしい。
北から汚れた空気が吹いてきてるんじゃないか」(上海市民)

上海市は、子どもやお年寄り、心臓や肺に疾患のある人は部屋の外に出ないよう呼び掛けています。

上海に2校ある日本人学校では、体育の授業など屋外活動を全て中止するということです。

bdea9b0f.jpg

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2071027.html
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00259001.html



【中国大気汚染】 上海でのPM2.5濃度が最悪レベルに達するなど深刻な状況・・・上海市 「子どもは部屋の外に出ないで」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ベガスφ ★ 2013/11/12(火) 23:26:21.11 ID:???

"曹操子孫をDNAで確認 中国上海の大学"

中国上海市の復旦大は12日までに、「三国志の英雄」として知られる曹操(155~220年)の子孫をDNA検査で確認したと発表した。同日付の中国各紙が報じた。

復旦大の調査グループは家系図や史書などから曹家の子孫とみられる人たちを抽出。
父から息子に伝わるY染色体のDNAの特徴を調べたところ、少数の人にしかないタイプを6家族が持っており、共通の祖先について1800~2千年前までさかのぼれることが分かったという。

さらに、安徽省で発見された曹操の親族の墓から出土した歯のDNAを調べたところ、同じタイプであることが判明。
これらのことから調査グループは「曹一族のDNA型を確認した」と結論付けた。

復旦大は、2009年に河南省で見つかった曹操の陵墓に疑問が寄せられていることに対し、出土した男性の遺骨のDNA鑑定を行う計画があると報じられていたが、今回はこのことに関する情報は明らかになっていない。

4ae87f98.jpg

2013.11.12 22:15
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131112/chn13111222160008-n1.htm



【遺伝子】曹操の子孫をDNAで確認の続きを読む

このページのトップヘ