1: 2014/11/25(火) 19:28:25.25 ID:???0.net
東京の上野動物園は25日、飼育していた雄のホッキョクグマ「ユキオ(雪夫)」が、26歳11カ月で死んだと発表した。国内で飼育中の雄のホッキョクグマでは最高齢で、死因は急性膵炎だった。上野は雌の「デア」だけになった。

上野動物園によると、19日から食欲がなくなり、動きが鈍くなった。
投薬治療をしていたが、食欲は戻らず、飼育員が25日朝、寝室で死んでいるのを見つけた。
上野では過去に推定36歳まで生きた例がある。

ユキオはドイツの動物園で誕生。
1988年から岡山市の池田動物園で飼育され、2000年に上野に来園した。
12年に繁殖のため北海道の釧路市動物園へ貸し出され、今年4月に戻っていた。

担当者は「イベントで氷やシャケを食べたりする姿は、来園者に人気があった。残念だ」と惜しんだ。
30日まで献花台を設けている。

[ 2014年11月25日 19:09 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/11/25/kiji/K20141125009351020.html

引用元: 【訃報】「ユキオ」死ぬ 上野のホッキョクグマ

【訃報】「ユキオ」死ぬ 上野のホッキョクグマの続きを読む