理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

下垂体

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/09(火) 10:15:33.03 ID:???.net
熊本大、メスのマウス1匹から卵子100個採取に成功-過剰排卵法の5倍
引用元:日刊工業新聞 掲載日 2015年06月08日
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020150608eaab.html

熊本大学の生命資源研究・支援センターの中潟直己教授、竹尾透講師らは、実験用マウスで1匹のメスから100個以上の卵子を得ることに成功した。
排卵調節をするインヒビンの抗体と、排卵刺激のホルモンを組み合わせ、従来の過剰排卵誘発法の4、5倍の卵子を得た。
実験動物の販売を手がける企業が新規排卵誘発剤として発売する。

マウスは通常、下垂体から卵巣の卵胞を刺激するホルモンが出て、多くの卵子が成育する。
合わせて卵子が過剰にならないよう調整するインヒビンというホルモンも出ており、自然では一度に5―10匹の子どもを生む。
 
これに対して、実験動物のマウスは多くを効率的に得る必要がある。

続きはソースで

ダウンロード

▽関連リンク
・熊本大学
1匹の雌マウスから100個の卵子を排卵させることに成功!
http://www.kumamoto-u.ac.jp/whatsnew/seimei/20150601
・PLOS ONE(May 29, 2015DOI: 10.1371/journal.pone.0128330)
Superovulation Using the Combined Administration of Inhibin Antiserum and Equine Chorionic Gonadotropin Increases the Number of Ovulated Oocytes in C57BL/6 Female Mice
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0128330

引用元: 【実験動物】1匹のメスのマウスから卵子100個採取に成功 従来の過剰排卵法の5倍/熊本大

1匹のメスのマウスから卵子100個採取に成功 従来の過剰排卵法の5倍/熊本大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: キャプテンシステムρφ ★ 2014/01/30(木) 11:31:41.62 ID:???0

身長2.2mの世界で最も背の高い女性が、体の麻痺や失明を防ぐために外科的施術を受けることとなりました。

彼女は急速な成長の原因となった下垂体腫瘍を持っており、手術によりこの腫瘍を切除しなければならなくなったとのことです。

リスクの高い手術のため、ニューデリーにある医学研究所で処置が行われます。
「彼女の体はすでに限界です。
 このような患者は心臓疾患や心不全で死亡するリスクが高くなっています。」
「我々は最先端の内視鏡を使ってこの手術を行います。」

西ベンガル州のパルビンさんは15歳のころから「巨人症」に苦しんできました。
2013年には世界で最も背の高い女性としてギネス記録に登録されましたが、彼女は日を追うごとに背骨と視力が減少しているとのことです。

医師は術後、長期的なリハビリを行うことで背骨の圧迫骨折が治癒することを願っています。

http://youtu.be/SQpRedUUWYw



http://news.ninemsn.com.au/health/2014/01/30/11/22/tallest-woman-undergoes-lifesaving-spine-surgery
c28a43e8.jpg



【インド】身長2.2m…世界で最も背の高い女性、脳外科手術を受けることに(動画あり)の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ