理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

不倫

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/09/18(金) 17:35:36.51 ID:YNzifaBd*.net
2015/09/18

瀧口 範子=ジャーナリスト(筆者執筆記事一覧)

 「Ashley Madison(アシュレイ・マディソン)」という、カナダのサイトからユーザー情報が3200万人分漏洩した大事件。2015年7月に明らかになったハッカー事件だ。
同サイトが、大人の浮気を仲介するサービスを提供していただけに、その被害は方々で個人的な問題を引き起こしているようだ。

 しかし、もっと驚いたことにこのサイトでは、女性だと思われていたユーザーの多くが、実はソフトウエアで作られた会話ロボットだったのだ。
男性を誘惑してサイトに登録させ、利用料金を巻き上げるために、会話ロボットが彼らの心を操作していた。何ともすごい時代になってきた。

 そもそもAshley Madisonは女性のユーザーを獲得するのに苦労していたもようである。同サイトの利用料金は相手とチャットやメールを交わすごとに発生する仕組みなのだが、男性は有料、女性は無料という設定だった。

■手作り偽女性ユーザーからロボットへ移行

 しかし、同サイトに侵入したハッカー集団「インパクトチーム」がぶちまけたデータを精査した報道によると、Ashley Madisonは金を払って外部の人間に委託して、偽の女性プロフィールの作成を作らせたり、男性ユーザーとチャットやメールでやり取りさせたりしていたようだ。

 ところが、それではとても手が回らなかったのだろう。早くも2002年ごろから、そうした「手作り」の偽女性ユーザーに変わって、「自動生成」された女性の写真とプロフィールが作られ、同時にユーザーとリアルタイムでやり取りする会話ロボットも登場していたという。
会話ロボットが女性になりすましていた数は約7万人分と想定されている。

 面白いことに、会話ロボットは二つの目的のために有用だったらしい。一つは、浮気をしたい女性がこのサイトに無数にいるというイメージを作り出して、無料ユーザーを有料ユーザーに切り替えさせること。
そしてもう一つは、いつまでも浮気が成立しない偽女性ユーザーとチャットをさせ続けることで、男性ユーザーにお金を払い続けさせることだ。このような運営側の企みにまんまとだまされていた男性ユーザーがたくさんいたようだ。

こんなことが起こるとは、まるで人が人工知能と恋に... 次ページ>>

(記事の続きや関連情報はリンク先で)

images


引用元:ITpro - エンタープライズICTの総合情報 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/060200138/091700016/

引用元: 【IT】 男性の相手は「会話ロボット」だった、不倫サイト「アシュレイ・マディソン」が見せた技術力 [IT pro]

男性の相手は「会話ロボット」だった、不倫サイト「アシュレイ・マディソン」が見せた技術力の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/09/12(金) 15:35:19.54 ID:???0.net
遺伝子診断医が告白「4人に1人は夫の子でない!?」主婦の謎

モテモテなのは「普通の」主婦

40歳、50歳になっても驚異的な若さと美しさを持つ「美魔女」がブームだ。
さぞや男性の目を意識しているのだろうと思いきや、実は彼女たちの目的はそこにはない。
あえて言うならば、男性ではなく同性に「いつまでも若い、きれい」と言われることが美魔女の願望だ。
本当にモテるのは普通の40~50代の主婦たちなのである。

私が編集長を務める「婦人公論」で読者アンケートをとると、「現在、恋愛している」と答える主婦の割合はかなり増えている。
よく言われるように、夫の浮気はすぐバレるが、妻の浮気はバレにくい。
女性は周到だし、夫は妻が髪を切ったって気づかないのだから。
「夫は知らないが、実はうちの子は夫の子供じゃない」という投書が昔からあることを見れば、夫がどれほど鈍感かわかるだろう。
ある医療関係者によれば、遺伝子検査をすると、4人に1人は夫の子ではないというから驚きだ。
にわかには信じがたいが、本当に聞いた話である。

恋する主婦が増えている理由として考えられるのは、美魔女に限らず、女性たちが一昔前より見た目も気持ちも若くなっていることだろう。
「あと何年、女として勝負できるか」。この年代の女性からこんな言葉が出てくるようになったのはここ数年のこと。
女性がいつまでも若く美しくいられるような環境が整ってきているからだ。

その理由の1つとして、まずは40代の終わりごろから、時間とお金が手に入るようになることが挙げられる。
子供が独立して家を出ていくと家事は楽になるし、家のローンも終わる。
こうなるといろいろな遊びに関心が向くようになるが、その中でもいちばん贅沢なのが恋愛だ。
お金と時間があればたいていのものは手に入るが、恋だけは手に入らない。
だからこそ恋は、女性にとって最も価値ある遊びなのだ。

続きはソースで

なんと「不倫妻」の75%は、「夫との関係は悪くない」
http://president.jp/mwimgs/f/6/-/img_f65cabe6bc4a4a992e20f2674c49db5e26042.jpg

ここまで読んだ男性は不安になってきたかもしれないが、いまの不倫妻の特徴は、家庭を壊すまでには至らないことだ。
不倫はしても、「夫のことも人間として好き」という女性は少なくない。
恋愛のときめきはほしいが、安定した結婚生活も大事なのだ。これは男性の浮気にそっくりではないか。

ということは、いくら夫婦仲がよくても、浮気をする人はするということだ。
ただし、夫が妻のほうをちゃんと向いている場合、妻が浮気に走る率は少ない。
妻は夫が自分に関心を失っているということに一番傷ついている。
夫はきちんと妻の顔を見て会話をすること。夫にできるのはせいぜいそのくらいだ。
http://president.jp/articles/-/13379
http://president.jp/articles/-/13379?page=2

引用元: 【社会】 遺伝子診断医が告白 「4人に1人は夫の子ではない」

【男性悲報】 遺伝子診断医が告白 「4人に1人は夫の子ではない」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/09/07(日) 18:59:01.59 ID:???0.net
一度浮気をした人の45%は再度浮気をする―研究結果

2014年09月07日 13時10分
提供:マイナビウーマン

一回浮気をした人は浮気を繰り返すって良く聞きますが、それは本当なのでしょうか?

言うまでもなく本当だと思う人は多いでしょうが、今回研究結果でもそれが事実だということが証明されたみたいです。
なぜなら、Denver Universityが行った研究で、1回浮気をしたことがある人はその後も浮気をする可能性が高いということがわかったからです。

この研究では、研究参加者を5年間にもわたって追い続け、4、6ヶ月ごとに彼らの恋愛生活に付いて質問がされました。
その質問の中には、真剣なおつきあいをしている間に他の人と性◯為をしたかどうかという浮気に関連する質問も含まれていました。

その結果、なんと32%もの人が浮気をしたことがあると認めたのです。
しかし驚くのはそこではありません。
浮気をしたという人が次の恋愛をはじめた際、なんとそのうちの45%もの人がもう一度違う相手とも浮気をしたことがわかったのです。

もちろん、この研究結果が全てではありません。
実際、一度浮気をしたことがある人でも55%の人は浮気を繰り返してはいないのです。

しかし、1回浮気をしたことがある人がもう一度浮気を繰り返すという確率は極めて高いのかもしれません。

恋愛はお互いを信じ合ってこそ成り立つ物。
浮気の過去がある彼を100%信じられるかどうかということはあなたがじっくり考える必要があることなのかもしれませんね。

If they cheated once, will they cheat again?
http://www.womenshealthmag.com/sex-and-relationships/will-they-cheat-again

ソース
http://news.ameba.jp/20140907-192/

引用元: 【調査】 一度浮気をした人の45%は再度浮気をする―研究結果 米デンバー大学

一度浮気をした人の45%はまた浮気をするの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ばぐ太☆Z ~終わりなき革~ φ ★ 2014/02/05(水) 03:22:09.85 ID:???0

・親と子をつなぐものは過ごした時間の濃密さなのか、遺伝子なのか。近年増えている親子 DNA鑑定は、「そして親になれない」親たちの姿も映しだす。

 千葉県在住の会社員女性(30代後半)は昨年、既婚の交際相手との間に未熟児を出産した。
 「妻とは別居状態ですぐ別れる、結婚してほしい」という言葉を信じてつきあっていたが、 それは真っ赤な嘘。生まれた子どもに障害があると知ったとたん子どもの病院に来なくなり、 生活費も「障害者手当で賄えばいい」と言い振り込まなくなった。弁護士を立てて子どもの 認知を求めたら、彼の弁護士側からDNA鑑定を要求された。鑑定のため病院に来た彼は、子どもの顔すら見なかった。結局、親子関係は証明された。

 「私がつわりで苦しんでいる時に『堕胎したらいい、自分が離婚できるまで待ったほうがいい』と 言われたこともあった。結局子どもからも私からも逃げようとしかしていないんだなと、 悲しくなるより笑ってしまいましたね」

 離婚の増加に伴い、親権欲しさにDNA鑑定を行うことも今後増えるとみられるが、それでもDNA鑑定は開けてはいけない「パンドラの箱」だと関係者は口をそろえる。

 東京家族ラボ主宰の池内ひろ美さんは、こう話す。
 「法律婚関係にある夫婦の子どものDNA鑑定はお勧めしません。家族にとって一番大切なのは情緒的つながりであって、すべてを科学的に明らかにする必要はないと思います」

 夫の要望でDNA鑑定に踏み切った結果、血縁関係があるとわかったが、結果的に離婚に至った夫婦もいた。

9

 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140203-00000002-sasahi-soci&pos=1



池内ひろ美氏 「夫婦の子供のDNA鑑定、オススメしません。全てを科学的に明らかにする必要はない」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/02(日) 20:15:27.43 ID:???0

★大沢樹生だけじゃない、DNA検査で親子鑑定を依頼する父親、日本で急増中―華字メディア
配信日時:2014年2月2日 18時59分

2014年1月30日、大沢樹生・喜多嶋舞の息子が父親の実子であるかどうかをめぐって最近注目されているDNA検査で、親子鑑定を依頼する男性が日本で増えているという。日本華字メディア・日本新華僑報網が伝えた。

これまでの日本社会では、子供の認知を男性に求めるため、女性がDNA鑑定を依頼するケースがほとんどだったが、最近では女性の不倫が増えたことなどから、親子鑑定を求める男性が急増しているという。1998年からDNA鑑定を行っている民間企業・Solutionによると、毎月平均で60~80件の依頼があり、そのうち男性からの依頼はこれまで全体の1割程度だった。だが、3~4年前から男性からの依頼が3割に上昇。妻に内緒で鑑定を依頼する男性も、以前の2倍に増えている。

昨年4月からDNA検査による親子鑑定を行っているNPO法人遺伝子情報解析センターの代表理事・山田浩史氏は、「昨年12月に124件、今年1月は22日までにすでに160件の依頼があった」と話し、大沢報道の影響も認めている。依頼者の内訳は、母親側が4割で、父親側が4割。残りの2割は、父親側の祖父母だという。嫁の不貞を疑い、孫が自分たちと本当に血がつながっているのかを明らかにしたい祖父母からの依頼だ。

日本では需要の増大にともない、DNA鑑定が一般的なサービス業になりつつある。しかし、道徳的観念からいえば、DNA鑑定は「パンドラの箱」になりかねない。「家族のあり方で重要なのは血縁関係ではなく感情だ」と専門家は主張している。再婚や代理出産、里親など、家族形態が多様化している日本社会では、血縁関係は本当に重要なのだろうか。親子関係を決めるのは、DNAなのか、それとも個人の感情なのか、日本社会は難しい選択を迫られている。(翻訳・編集/本郷)

images

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=82721



大沢樹生だけじゃない、DNA検査で親子鑑定を依頼する父親、日本で急増中の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ