理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

中国人

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/02/25(水) 19:04:51.50 ID:???*.net
◆「火星移住計画」に詐欺の疑い―中国紙

01


24日付の中国紙・新京報は、「火星移住計画」に詐欺の疑いが持たれていると報じた。

「火星移住計画」への応募者は全世界で8万人以上、うち1万人以上を中国人が占める。
ところが最近、プロジェクトの責任者がマスコミの取材で、
「想像以上に難航している。2023年の実行は難しい」と語った。
中国人応募者は申し込み費用だけで合わせて10万ドル以上を支払っている。

プロジェクトを主催するオランダの「マーズワン」は2011年6月23日に登記された民間の非営利団体で、従業員はわずか1人。
登記上の住所はオランダ・アメルスフォールトにある個人宅で最高経営責任者(CEO)とされるバス・ランズドープ氏の自宅でもある。

「マーズワン」の所在地を尋ねると、それらしき看板などは皆無で、オフィスは数えるほどの机のみ。
こうしたことから、マーズワンの「火星移住計画」は商業詐欺の可能性が高いとみられている。

続きはソースで

写真:http://image.news.livedoor.com/newsimage/f/7/f71a5_429_37ced075_0161b5e9.jpg

FOCUS-ASIA.COM 2015年2月25日16時43分
http://news.livedoor.com/article/detail/9824191/

引用元: 【宇宙】「火星移住計画」に詐欺の疑い 「申し込み費用を返してもらいたい」と言う人も

「火星移住計画」に詐欺の疑い 「申し込み費用を返してもらいたい」と言う人もの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 依頼@ハマグリのガソリン焼きφ ★ 2014/01/01(水) 01:42:51.09 ID:???0

 台湾の衛生当局は31日、中国江蘇省から団体旅行で台湾を訪れた中国人男性(86)の鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)感染が確認されたと発表した。台湾でのH7N9型感染は中国本土以外で初となった4月以来2例目。

 当局によると、男性は他の観光客24人と共に17日に団体旅行で台湾に入り、19日以降に食欲などの不調を訴えて24日から入院した。

 当局は、男性が訪れた台北などで接触した人の健康状態などを調べている。

 台湾では4月、江蘇省から上海経由で台湾に戻った後に発熱などの症状を訴えた台湾人男性のH7N9型感染が確認された。男性は一時、深刻な呼吸困難に陥ったが5月に退院した。(共同)


c731b71e.jpg

2014.1.1 00:37 産気新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140101/chn14010100380000-n1.htm



【鳥インフル】台湾でH7N9型感染 中国からの観光客の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/10/24(木) 22:42:56.80 ID:???

NASAが中国人の科学会議参加を許可、「誤解があった」
2013年10月22日 12:09 発信地:ワシントンD.C./米国

【10月22日 AFP】米航空宇宙局(NASA)が開催する天文学に関する会議への出席が禁止されていた中国人科学者が、一転して出席を認める書簡を送られていたことが21日、関係者への取材で分かった。
この問題は学界における差別だとして国際的な論争に発展していた。

NASAが中国人科学者6人に対して来月同施設で開催される会議への出席を禁止したことを受けて、米国の高名な天文学者らの間では会議をボイコットする動きが高まり、また中国政府は「差別的だ」と非難した。

しかし、米国の16日間に及ぶ政府機関の一時閉鎖が解除され業務を再開したNASAは、チャールズ・ボールデン(Charles Bolden)長官の発言は、中国国民がNASAの施設内に立ち入ることは最近の法律で禁じられたと上層部の一部が誤解していたことから生じたと述べ、その誤りを訂正した。

会議の主催者の1人であるアラン・ボス(Alan Boss)氏によると、NASAの委員会は中国人科学者に対し、「当該法律の意図が明白になったため、先の決定は破棄された。現在、参加申込書の確認作業を行っている。是非ご出席いただきたい」
との書簡を送ったという。(c)AFP/Kerry SHERIDAN

images

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年10月22日12:09配信記事
http://www.afpbb.com/articles/-/3001882



【国際】NASAが中国人の科学会議参加を許可、「誤解があった」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/10/11(金) 14:08:18.66 ID:???0

★NASA、会議から中国人を締め出し 中国政府反発
2013.10.11 Fri posted at 12:41 JST

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は、来月カリフォルニア州で開くケプラー宇宙望遠鏡に関する会議について、国家安全保障上の理由から、中国人研究者の参加を認めない方針を発表した。
中国側は差別に当たるとして反発しており、米国や欧州の研究者からも批判の声が出ている。

会議はNASAのエイムズ研究所で11月に開かれる。中国人の締め出しは2011に制定された法律に基づく措置。同法では、中国との共同プロジェクトにNASAの予算を使うことや、NASAの施設に中国人の来場者を受け入れることを禁じている。

しかし今回の決定に対し、米国の研究者も会議のボイコットを呼びかけるなど批判を強めている。
カリフォルニア大学バークリー校のジェフ・マーシー教授は主催者に宛てたメールで「良心に照らして、このような差別をする会議には出席できない。これは何兆マイルも離れた惑星についての会議であって、国家安全保障は関係ない」と指摘した。

中国政府は、中国の科学者が誤った理由から参加を拒まれているとして懸念を表明。外務省の華春瑩報道官は9日、「会議を政治利用すべきではない」と批判した。中国共産党幹部も、まるで冷戦時代の米国の旧ソ連に対する扱いのようだと批判している。

問題の法律の制定にかかわったフランク・ウルフ米下院議員によれば、今回の決定には、NASA研究所に勤務していた中国人職員が今年3月にワシントンの空港で北京行きの飛行機に搭乗しようとして逮捕された事件が絡んでいるとみられる。ウルフ議員は当時、この職員がスパイ行為を行っていたとの見方を示していた。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35038406.html
13



【米国】NASA、会議から中国人を締め出し 中国政府反発の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ