理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

中性子

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/05(月) 00:30:56.54 ID:CAP_USER
次世代がん治療「BNCT」もうすぐ実用化
細胞をピンポイントに破壊、難治性がん対策に期待高まる

次世代のがん治療法である「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」が実用化に向け、熱気を帯びてきた。
現在治験中で、早ければ2019年にも薬事承認され、医療としての利用が期待されている。
従来、治療が難しかった難治性がんに対応でき、正常細胞にも影響がないとされるBNCT。がん治療の新たな道を開く。

福島県郡山市にある「南東北BNCT研究センター」。
グループに総合南東北病院などがある一般財団法人脳神経疾患研究所が、病院としては世界で初めてBNCT装置を導入した施設だ。

事業費総額は約68億円で、東日本大震災からの福島県の復興と医療機器産業の振興に寄与するものとして、福島県の補助金約43億円を受けて、実施した。
センターは地下1階―地上2階より構成されており、延べ床面積は約5983平方メートル。

地下1階に京都大学と住友重機械工業が共同開発した加速器(サイクロトロン)1台を採用し、治療室を2部屋備える。
故障時のバックアップとしてはもちろん、効率性を高めるのが狙いだ。

13年3月に建屋の建設に着工し、装置の設置を進めながら、14年9月に建屋が完成。装置の安全性や性能向上試験を経て、15年11月に開設。
病院として世界で初めてBNCTの臨床試験による治療を開始した。

治験に手応え

同センターの高井良尋センター長(弘前大学名誉教授)は「治療を希望する患者の相談も多く、治験は順調に進んでいる」と手応えを感じている。
16年1月に悪性脳腫瘍、7月に頭頸部(けいぶ)がんの治験が始まった。
治験の期間はそれぞれ2年間。腫瘍の縮小率や治療後の生存率などを見る。

続きはソースで

▽引用元:ニュースイッチ日刊工業新聞 2016年12月03日
http://newswitch.jp/p/7011
http://newswitch.jp/p/7011-2
ダウンロード (1)


引用元: 【医療技術】次世代がん治療「BNCT」もうすぐ実用化 細胞をピンポイントに破壊、難治性がん対策に期待高まる©2ch.net

次世代がん治療「BNCT」もうすぐ実用化 細胞をピンポイントに破壊、難治性がん対策に期待高まるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/07/13(水) 07:53:43.52 ID:CAP_USER
宇宙の「竜巻」、ハッブルがかに星雲で撮影 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/071200259/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/071200259/ph_thumb.jpg


 今から1000年ほど前、おうし座内に突如として新たな星が出現した。あまりに明るく、日中でも見えるほどだった。

 現在では、この異常ともいえる天文ショーは「超新星」であったことが知られている。地球からおよそ6500光年離れた場所で、死にゆく星が巨大爆発を起こしたものだ。

 この不思議な星は出現から数年で地球の夜空から消えたものの、その残骸が見事な天体を形成した。かに星雲である。励起状態のガス雲が広がる様は、さながら明るい色の繊維で編んだタペストリーのようだ。(参考記事:「200万年ほど前に、地球の近くで超新星爆発」)

 そして今、ハッブル宇宙望遠鏡が、初めてこの超新星残骸の中心部をのぞき込んでいる。3つの高解像度画像を組み合わせた上の画像からは、1000年前に生涯を閉じた星の中心核が、今でも自転しながら、周囲のガスに命を吹き込んでいる様子がわかる。

 この中心核は、中性子星として知られる変わった天体である。

続きはソースで

images

引用元: 【天文学】宇宙の「竜巻」、ハッブルがかに星雲で撮影 超新星爆発の後、中性子星が高速回転し、周囲の物質が巻き込まれる [無断転載禁止]©2ch.net

宇宙の「竜巻」、ハッブルがかに星雲で撮影 超新星爆発の後、中性子星が高速回転し、周囲の物質が巻き込まれるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/06(水) 08:04:01.85 ID:CAP_USER*.net
がん細胞だけを狙い撃ち、放射線治療が最終治験
2016年01月05日 14時49分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20160105-OYT1T50072.html

 国立がん研究センター中央病院(東京都)と総合南東北病院(福島県)、大阪医科大(大阪府)の3病院が今月から、がん細胞だけを狙い撃ちする放射線治療「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」の実用化に向けた最終段階の臨床試験(治験)を始める。

 悪性脳腫瘍を再発した患者を対象に、生存率などから治療効果を検証し、早ければ5年後に入院費などの一部保険がきく先進医療の認定を目指す。

続きはソースで

images



引用元: 【医療】がん細胞だけを狙い撃ち、放射線治療が最終治験

がん細胞だけを狙い撃ち、放射線治療が最終治験の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/24(木) 07:40:01.62 ID:CAP_USER.net
テトラ中性子核を発見:中性子物質研究の本道を開拓 — 東京大学 大学院理学系研究科・理学部
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/12173/


発表のポイント
•知られている原子核はすべて陽子と中性子の組み合わせでできているが、4個の中性子だけで出来た原子核の共鳴状態「テトラ中性子共鳴(注1)」を発見した。
•通常、物質質量の大半を担う原子核は、陽子と中性子の組合せで構成されているが、新しい実験手法を開発し、ほぼ静止した4個の中性子系の生成に初めて成功した。
•本研究により、原子核の安定性および相互作用に関する新しい知見を得るとともに、中性子星(注2)の構造解明につながることが期待される。


発表概要

物質質量の大半を担う原子核は、通常、陽子と中性子の組合せで構成されているが、東京大学大学院理学系研究科附属原子核科学研究センターと理化学研究所仁科加速器研究センター等の共同研究グループは、陽子を含まず中性子4個だけからなるテトラ中性子共鳴を初めて発見した。

この共鳴は、原子核物理学の重要な研究課題である中性子物質(注3)の性質に直接関わるものとして実験的にも理論的にもその存在の有無が注目されていた。この状態のエネルギーは核力(注4)の性質のうち3つの中性子の間に働く三体力(注5)に直接関連づけられ、この力の強さが、中性子物質の状態方程式を決定づける重要なパラメータの1つとして興味を集めている。

研究グループは、理化学研究所RIビームファクトリー施設(注6)および東京大学が建設したSHARAQ(シャラク)磁気分析装置(注7)を用いて、不安定な原子核であるヘリウム8ビームを利用した新しい実験手法を開発し、実験室中でほぼ静止した4中性子系を生成し、共鳴状態を発見した。今回の発見は、宇宙に存在する主として中性子から成る中性子星の構造の解明への道を拓くものと期待される。

続きはソースで

ダウンロード


引用元: 【原子核物理学】陽子を含まず中性子4個だけからなるテトラ中性子共鳴を初めて発見 中性子物質研究の本道を開拓

陽子を含まず中性子4個だけからなるテトラ中性子共鳴を初めて発見 中性子物質研究の本道を開拓の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/07(水) 19:14:38.96 ID:???*.net
「ハイパーカミオカンデ」検討…期待の研究続々
2015年10月07日 16時48分

 今年のノーベル物理学賞に決まった梶田隆章・東京大宇宙線研究所長(56)による「ニュートリノ振動の発見」以外にも、日本の素粒子物理学は、研究のすそ野が広く、注目される業績を上げている。

 素粒子物理学では、「理論」と「実験」が両輪だ。
理論では、1949年、湯川秀樹氏が、原子核を作る陽子と中性子が「中間子」という粒子で結び付くとする「中間子論」で、ノーベル物理学賞を受賞した。日本人初の栄誉だった。

 以降、理論で物理学賞の受賞が続く。65年、「くりこみ理論」の朝永振一郎氏、2008年には「小林・益川理論」の小林誠氏と益川敏英氏、「自発的対称性の破れ」の南部陽一郎氏の3人が受賞した。

 実験では、梶田氏の恩師の小柴昌俊・東京大特別栄誉教授が、超新星爆発で生まれたニュートリノを世界で初めて観測することに成功。
「ニュートリノ天文学」を切り開いた功績で、02年、受賞した。

 ニュートリノの研究では、高エネルギー加速器研究機構などが「T2K」という実験も進める。

続きはソースで

ダウンロード (1)

ソース
読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/20151007-OYT1T50079.html

引用元: 【科学】 「ハイパーカミオカンデ」検討… スーパーカミオカンデの約20倍の検出能力 期待の研究続々 [読売新聞]

「ハイパーカミオカンデ」検討… スーパーカミオカンデの約20倍の検出能力 期待の研究続々の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/14(火) 19:34:06.53 ID:0cXE/ndT*.net
2015年07月14日 16時00分 更新

https://www.youtube.com/watch?v=PmEQRZ7v5PI



プラズマシールドの特許を取得したことで知られる米Boeingが、今度はレーザー核融合ジェットエンジンの特許を取ったことが明らかになったという。

画像
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1507/14/sk_boeing_02.jpg
※レーザーで核融合を起こす=PatentYogiの解説

 特許は今年6月30日付けで取得された。この特許を動画で紹介しているPatentYogiによると、このエンジンでは重水素のペレットにレーザーを照射することで熱による核融合反応を起こし、そのエネルギーによって推進力を得るという。

これだけでは終わらず、核融合で放出された中性子を利用してウランの核分裂を促し、その熱を使ってタービンを回して発電し、レーザー照射に使うのだという。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)

1


引用元:ITmedia ニュース http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1507/14/news113.html

引用元: 【科学】 Boeing、「レーザー核融合ジェットエンジン」の特許を取る [ITmedia]

Boeing、「レーザー核融合ジェットエンジン」の特許を取るの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ