理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

九州

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/07/08(土) 10:33:26.62 ID:CAP_USER
http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21007.html

 熊本県天草市の8000万年前の白亜紀後期の地層から、ティラノサウルスの仲間とみられる大型肉食恐竜の歯の化石が見つかった。

 天草市は2014年10月、福井県立恐竜博物館と共同で天草町の海岸にある姫浦層群という白亜紀後期の地層を調査した結果、ティラノサウルス科の仲間とみられる歯の化石を発見した。

 化石は歯肉から上の歯冠部分のみで、長さは42ミリ、幅25ミリ、厚さ16ミリ。化石が見つかった岩に残された痕跡から、もともとは長さ56ミリ以上の大きさであったことが推測されるという。歯の縁には、のこぎりの刃のようなギザギザの切れ込みがあり、左上顎か右下顎の歯だと考えられている。

続きはソースで

http://sp.hazardlab.jp/contents/post_info/2/1/0/21007/3_3541_3893_up_2vn545wv.jpg
ノコギリの刃のようなギザギザがみられる(提供:御所浦白亜紀資料館・福井県立恐竜博物館)
ダウンロード (5)


引用元: 【古生物】九州にティラノサウルスがいた!?全長7m超 熊本県天草市で見つかる [無断転載禁止]©2ch.net

九州にティラノサウルスがいた!?全長7m超 熊本県天草市で見つかるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/07/07(金) 05:22:56.34 ID:CAP_USER
5日午後3時過ぎに福岡県朝倉市周辺の上空に現れた巨大な積乱雲の立体図。国土交通省のデータを基に、防災科学技術研究所が作成
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0706/3292653509/20170707k0000m040168001c2_thum630.jpg

 防災科学技術研究所(茨城県つくば市)は6日、九州北部の集中豪雨について、福岡県朝倉市上空周辺で5日午後3時過ぎ、強い上昇気流を伴う高度15キロ超の巨大な積乱雲が発生し、長時間とどまっていたとする当時の気象状況の立体図を発表した。

続きはソースで

【荒木涼子】

毎日新聞7月6日(木)23時20分
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0706/mai_170706_3292653509.html
ダウンロード


引用元: 【九州豪雨】巨大積乱雲の立体図作成 防災科学技術研 [無断転載禁止]©2ch.net

【九州豪雨】巨大積乱雲の立体図作成 防災科学技術研の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/22(水) 00:41:14.26 ID:CAP_USER
主要活断層、16追加…全国計113か所に

政府の地震調査研究推進本部は21日、マグニチュード(M)7級以上の地震が起きる可能性がある「主要活断層帯」に、関東(山梨など含む)、中国、九州地域の16断層を新たに追加した。

97あった主要活断層帯はこれで113となった。
主要活断層帯の追加は2005年以来、12年ぶり。
 
新たに追加されたのは、関東2、中国8、九州6の16断層。

続きはソースで

▽引用元:YOMIURI ONLINE 2017年02月21日 23時05分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20170221-OYT1T50103.html?from=ycont_top_txt
新たに主要活断層帯に追加された断層
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20170221/20170221-OYT1I50042-L.jpg
ダウンロード (1)


引用元: 【地震学】M7以上の地震が起きる可能性がある「主要活断層帯」 16追加 全国計113か所に/地震調査研究推進本部©2ch.net

M7以上の地震が起きる可能性がある「主要活断層帯」 16追加 全国計113か所に/地震調査研究推進本部の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/07/25(月) 16:23:02.80 ID:CAP_USER
九州大学(九大)は7月25日、現在、日本では本州と九州の一部地域のみで見られるる希少な蝶で、大分県内では約40年ぶりに発見された「オオルリシジミ」のDNA解析などを行った結果、本州や韓国由来ではないことを確認したと発表した。

同成果は、同大大学院比較社会文化研究院の阿部芳久教授、伊藤勇人氏らによるもの。詳細は、日本の国際学術雑誌「Entomological Science」(オンライン版)に掲載された。

今回、研究グループでは、大分県産のオオルリシジミがどこから来たのかを解明することを目指し、大分県の竹田市ならびに由布市、熊本県、長野県、新潟県、そして韓国の各個体群のミトコンドリアのDNA塩基配列の一部比較を実施したという。

続きはソースで

http://n.mynv.jp/news/2016/07/25/225/images/011l.jpg
2015年5月8日に大分県由布市内で阿部教授が撮影したオオルリシジミの雌成虫 (出所:九州大学 Webサイト)

九州大学
http://www.kyushu-u.ac.jp/

http://news.mynavi.jp/news/2016/07/25/225/
images (1)


引用元: 【自然】約40年ぶりに大分県で発見された希少種の蝶は本州や韓国由来ではない-九大   [2016/07/25] [無断転載禁止]©2ch.net

約40年ぶりに大分県で発見された希少種の蝶は本州や韓国由来ではない-九大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/06/06(月) 00:22:36.80 ID:CAP_USER
絶滅したはずの昆虫、60年ぶりに三重で確認
YOMIURI ONLINE 2016年06月04日 10時31分
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20160604-OYT1T50054.html

三重県内では絶滅したとされていた昆虫「ハマベゾウムシ」(コウチュウ目ゾウムシ科)が、約60年ぶりに県内で発見された。

津市の県総合博物館で4日~7月31日、標本が展示される。

ハマベゾウムシは体長5ミリ程度で、浜辺に打ち上げられたアマモをエサとしている。
1956年に津市の阿漕浦あこぎうら海岸で日本で初めて発見され、北海道と本州、九州に生息する。
県内では58年から生息が確認されず、県のレッドデータブックで「絶滅種」とされた。
アマモの減少が原因とみられる。

発見したのは津市の昆虫研究家。
昨年7月に愛知県の知多半島で発見されたため調査していたところ、今年5月中旬、県内の海岸で多数生息しているのを確認したという。
再発見された4個体と60年前に確認された標本を展示する。

(引用ここまで 全文は引用元参照)

ダウンロード (5)


県内で約60年ぶりに見つかったハマベソウムシ(県総合博物館提供)
http://www.yomiuri.co.jp//photo/20160604/20160604-OYT1I50017-L.jpg

引用元: 【生物】三重県内では絶滅したとされていた昆虫「ハマベゾウムシ」 約60年ぶりに県内で発見©2ch.net

三重県内では絶滅したとされていた昆虫「ハマベゾウムシ」 約60年ぶりに県内で発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/09/07(月) 22:41:27.09 ID:???.net
有明海で雑種アサリ定着 中国の外来種放流が原因か
引用元:47NEWS 2015/09/07 10:06 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015090701001143.html

九州・有明海に生息するアサリの一部が、中国から持ち込まれた近縁の外来種と交雑し、両方の遺伝子を備えた雑種になった恐れのあることが、東京海洋大チームの調査で判明した。
食べても健康に問題ないが、外来の遺伝子を持つ生物が広がれば、海の生態系に予測のできない悪影響が出かねない。

続きはソースで

ダウンロード (3)

画像
左から国内種、有明海で採取された雑種、中国種のアサリ。
雑種は貝殻の溝の本数や、横から見た厚さが、国内種と中国種の中間の特徴を持つ。
模様の違いは個体差(北田修一東京海洋大教授提供)
http://www.47news.jp/PN/201509/PN2015090701001186.-.-.CI0003.jpg

引用元: 【増殖生態学】九州・有明海で雑種アサリ定着 中国の外来種放流が原因か/#東京海洋大_

九州・有明海で雑種アサリ定着 中国の外来種放流が原因か/#東京海洋大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ