理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

二重

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/17(火) 20:02:22.01 ID:???.net
※ソース GIZMODO
http://www.gizmodo.jp/2015/03/post_16716.html

画像
先日話題になった「光の粒子と波の二重性を初めて同時に捉えた画像」に「それは違うぞ!」と米国物理学協会が待ったをかけました。
http://www.gizmodo.jp/images/2015/03/150309light_wave%2Bparticle.jpg
 同協会ニュース通信「インサイド・サイエンス」のBen Steinディレクター曰く、ここでわれわれが目にしている画像は光子(光の粒子)の集合体を捉えたものであり、あるものは粒子として動き、またあるものは波動として動く、それを同時に撮っただけなんだそうな。

 量子物理学(宇宙が複数あるっていう多元宇宙論、粒子が一度に2つの場所に存在する理論など、常人の理解を超越する学問をやってる分野)では、宇宙のあらゆる物体は最も基礎的レベルにおいて2つの性質を併せ持つと考えられています。
光も環境に応じて粒子と波、いずれかの特徴を帯びます。

 その片方を捉えた画像はあるんだけど、光子が一度に両方の特性を帯びるシーンを捉えた物理学者はいませんでした。それで大いに話題になったんですが、別にひとつの光子(光の粒子)が粒子と波の一人二役をやってるシーンではなかったのです。
以下はSteinさんの説明。 
 今回研究班は波を、幅がナノメートル(1メートルの10億分の1)単位の超細い「ナノワイヤ」に閉じ込めた。波は定常波、つまりギターの弦を弾いた
ときみたいに、定位置に留まったまま山と谷に上下動するタイプの波だ。

 厳密に言うと、これもニュースの見出しにあるような光の波動ではない。
実際にはワイヤ上で踊る光の波動と、ワイヤ表面を滑るように進む電磁波(ワイヤ沿いに荷電粒子が移動することで生まれる)のハイブリッドで、このふたつがヒップのところで繋がってるみたいな状態。俗に「表面プラズモンポラリトン」と呼ばれるもので、Wikipediaにも解説がある。

続きはソースで

ダウンロード

source: Inside Science(satomi)


【関連記事】
【すごい!】世界で初めて「光」の粒子と波の性質を同時に撮影することに成功

 

引用元: 【量子物理】「光の粒子と波の二重性を初めて捉えた画像」は誤報。米学会指摘

【悲報】「光の粒子と波の二重性を初めて捉えた画像」は誤報。米学会指摘の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/02(火) 00:05:10.85 ID:???0.net
DNAの二重らせん構造の発見者でノーベル賞を受賞した研究者のジェームズ・ワトソン氏(85)が、受賞式で贈られた金メダルをオークションに出品することが26日までに分かった。
存命の受賞者のメダルが売りに出されるのは初めて。

オークションはクリスティーズの主催で12月4日に米ニューヨークで開かれる。
ノーベル賞メダルの落札予想価格は最高で350万ドル(約4億円)。

ワトソン氏は1950年代に英ケンブリッジ大学でDNA構造の研究に取り組み、1962年にフランシス・クリック、モーリス・ウィルキンスの両氏とともにノーベル生理学・医学賞を受賞した。
オークションにはワトソン氏が受賞式で行った演説や講演の原稿も出品される。

クリスティーズは同氏の功績について、「ニュートンやダーウィン、アインシュタインに匹敵する。
知の追求が人類の歴史を塗り替える発見に結び付いた」と解説する。

続きはソースで


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141126-35057038-cnn-int

差別発言でカネに窮したDNA二重らせん発見者 ノーベル賞メダル競売の栄光と転落
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/20141129-00041084/

DNAの二重らせん構造
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f0/DNA_Overview.png/640px-DNA_Overview.png

引用元: 【国際】DNA構造発見のジェームズ・ワトソン氏、ノーベル賞のメダル競売へ・・・「黒人は遺伝的に劣っている」発言で社会的に抹殺され困窮か

DNA構造発見のジェームズ・ワトソン氏、ノーベル賞のメダル競売へ・・・「黒人は遺伝的に劣っている」発言で社会的に抹殺され困窮かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/01(月) 02:08:03.01 ID:???.net
アインシュタインとボーアの思考実験を分子レベルで実現!
2014年11月28日 13:30 |

東北大学多元物質科学研究所の上田潔教授、フランスのソレイユシンクロトロン放射光施設のCatalin Miron研究員のグループ、スウェーデン王立工科大学のFaris Gel'mukhanov教授らの合同チームは、アインシュタインとボーアの論争で思考実験として提案された2重スリット実験を、酸素分子の2個の酸素原子を2重スリットに置き換えることによって、初めて、実現しました。

アインシュタインとボーアは、 20世紀前半、光や電子があわせ持つ波としての性質と粒子としての性質の2重性の解釈について、論争を繰り広げました。
彼らが論争の際に用いた手法は思考実験です。
実際には実験を行うことなく、理論的思考によって実験結果を演繹するものでした。

続きはソースで

▽記事引用元
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2014/11/press20141128-01.html
東北大学(http://www.tohoku.ac.jp/japanese/)2014年11月28日 13:30

画像
(a)と(c)、アインシュタインとボーアの2重スリット思考実験の模式図;2個のスリットが固定された場合(a)とそれぞれ独立して動くことができる場合(c)。
(b)と(d)、2重スリットを2個の酸素原子に置き換えた本実験の模式図;2個の原子が結合している場合(b)と独立している場合(d)。
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/press20141128_01.jpg

詳細(プレスリリース本文)
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20141128_01web.pdf

引用元: 【量子力学】2重スリット実験 アインシュタインとボーアの思考実験を分子レベルで実現!/東北大

2重スリット実験 アインシュタインとボーアの思考実験を分子レベルで実現!/東北大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ