理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

人体

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/04/15(土) 01:35:12.20 ID:CAP_USER
学者 フェイスブックは健康に有害

ジョンズ・ホプキンス大学付属公衆衛生大学院の学者たちは、フェイスブックを利用すればするほど、その後気分が悪くなると考えている。

学者たちは本格的な調査を行い、SNSのほぼすべての活動が、本人の能力の過小評価につながるとの結論に達した。

学者たちは「我々はSNS全体、特にフェイスブックの利用が精神的、身体的状況を著しく悪化させ、人生の満足感を低下させることを発見した」と発表した。

続きはソースで

https://jp.sputniknews.com/science/201704143537810/
ダウンロード


引用元: 【人体】フェイスブックは健康に有害 2年間にわたって米国成人5208人を分析©2ch.net

フェイスブックは健康に有害 2年間にわたって米国成人5208人を分析の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/03/04(土) 00:41:54.55 ID:CAP_USER
月周回旅行 ─ 考えられる人体への影響
2017年03月02日 15:49 

【3月2日 AFP】民間人2人の月周回旅行を2018年に計画していると、米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)が今週発表したが、この計画について専門家らは、健康への影響はあるものの、大半は軽微で、一時的なものになるとの意見で一致しているようだ。
 
英ロンドン(London)の研究機関「CASE Medicine」のダニエル・グラント(Daniel Grant)氏は「宇宙に旅立つすべての飛行士と同様に、彼らはひどい乗り物酔いに悩まされるだろう」とAFPの取材に語った。
無重力状態では、内耳の平衡感覚に混乱が生じるためだという。CASEでは、極限環境における医療と生理機能に関する研究が行われている。
 
乗り物酔いから回復するまでの時間は人それぞれで、飛行士によっては数日を要するケースもこれまでみられたという。
今回の月周回旅行は1週間の計画で行われるため、この影響は小さくない。
 
自撮りファンにとって残念なのは、地球上では重力によって下方に引っ張られている体液が、無重力環境では上方に広がるため顔がむくむことだ(脚は細くなる)。
これは放尿の際にも問題となり得る──無重力の環境では、液体が宙に浮いてしまうからだ。
 
無重力空間では、骨や筋肉への影響もある。
ただ、1週間だけなら持続的な衰えはないだろうというのが大方の見方だ。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2017年03月02日 15:49
http://www.afpbb.com/articles/-/3119883
http://www.afpbb.com/articles/-/3119883?pid=0&page=2
ダウンロード (2)


引用元: 【宇宙開発】月周回旅行 考えられる人体への影響©2ch.net

月周回旅行 考えられる人体への影響の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/01/13(金) 22:58:03.06 ID:CAP_USER9
お風呂の追い焚き機能を使うと、毎日浴槽を洗う手間が省けるほか、水道代の節約にもなるため活用している人も多いことでしょう。
とりわけ冬場は、寒い思いをすることなく、ボタン一つで温かいお湯につかれるため重宝しますね。

一方で「追い焚きしたお湯は清潔なのか」「何日くらい持つのか」などと疑問に思っている人も少なくないはず。人体への影響も気になるところです。

そんな疑問を解決しようと、オトナンサー編集部では、東京・三軒茶屋にある「あかりクリニック」の馬場克幸院長に話を聞きました。

菌増殖が肺炎につながる可能性も

続きはソースで

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170113-00010003-otonans-soci
オトナンサー 1/13(金) 17:35配信

ダウンロード


引用元: 【生活】追い焚きユーザーは要注意! ひと晩放置したお風呂は菌が2000倍、人体への影響とは ★2 [無断転載禁止]©2ch.net

追い焚きユーザーは要注意! ひと晩放置したお風呂は菌が2000倍、人体への影響とはの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/01/04(水) 15:33:04.04 ID:CAP_USER9
科学がめざましい進歩を遂げるなか、すでによく知られているはずの人間の体内で新たな「発見」がありました。
これまで腸を支えるための単純な構造だと考えられていた部分が、研究によって「消化器系の臓器」であることが判明。
これによって、腹部の病気の原因解明が進む可能性があるとのことです。

今回「新しい臓器」として分類されたのは、「腸間膜」というもの。
腸間膜は腹腔の背中側の壁にくっついていない部分の臓器を、後腹壁につなぎ止めている膜のことで、構造的には二重層となっています。
私たちの腸は腸間膜があるために正しい位置に保持されるわけです。

写真:http://i.gzn.jp/img/2017/01/04/brand-new-human-organ/001.jpg

何百年もの間、腸間膜は消化器系の臓器とは分離された構造だと考えられ、その役割が軽視されてきました。

続きはソースで

http://gigazine.net/news/20170104-brand-new-human-organ/
images


引用元: 【科学】人体から“新たな臓器”見つかる [無断転載禁止]©2ch.net

人体から“新たな臓器”見つかるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/11/26(土) 09:26:11.53 ID:CAP_USER9
◆人体の「無駄な器官」、実は有用でした―海外メディア

世間の人々はこれまで、「脾臓はあまり大切な臓器ではない」、「扁桃体と虫垂は全く役に立たない。
これらは先祖返り現象であり、退化した器官にすぎない」といった認識を持っていた。
現代医学はこれらの問題について、どのように評価しているのだろうか?

○虫垂―抗がん作用

ロシア紙「コムソモリスカヤ・プラウダ(電子版)」の今月19日付報道によると、米ニューヨークの腫瘍科専門家が、消化系癌を患っている数百人の患者を検査したところ、彼らの84%が虫垂を切除していたことが判明した。
ある考え方では、虫垂は単なる退化した器官、あるいは「炎症を記録する器官」ではなく、人体における免疫システムの重要な構成要素であり、人体の恒常性機能を高めることで、調和した体内循環システムの維持をサポートする役割を備えるとしている。

○扁桃体―抗菌作用

最新の研究によると、扁桃体の役割は外部からの感染攻撃から人体を守ることだという。
扁桃体は、空気とともに体内に入ってくる有害微生物の7割を遮断することができる。
また、扁桃体から分泌される物質は造血細胞の合成に一役買っている。

○脾臓?血液のアンチエイジング

脾臓は造血、老化・衰弱していく血液細胞を一掃し、免疫反応を高める役割を備えている。
また、脾臓は唯一の血液ろ過器でもある。
最新の医学では、脾臓のろ過機能を利用した敗血症の治療方法を模索しており、ブタの脾臓で患者の血液をろ過する試みが進められている。

○胸腺―免疫力の保護・向上

胸腺が重要な免疫システム器官の一つであることが分かったのは、つい最近のことだ。
胸腺に移動した骨髄幹細胞は、リンパ球の一種であるT細胞になり、細菌やウィルスを退治してくれる。

続きはソースで

images


RecordChina/人民網日本語版 2016年11月26日(土) 8時30分
http://www.recordchina.co.jp/a156035.html

引用元: 【医学】人体の“無駄な器官”、実は有用でした…虫垂・扁桃体・脾臓・胸腺・尾骨 [無断転載禁止]©2ch.net

人体の“無駄な器官”、実は有用でした…虫垂・扁桃体・脾臓・胸腺・尾骨の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/11/18(金) 21:55:26.96 ID:CAP_USER
「ゲノム編集」初の人体応用 中国で肺がん患者に

【ワシントン=川合智之】英科学誌ネイチャー(電子版)は15日、中国・四川大学の研究グループが生物の遺伝子を自在に改変する「ゲノム編集」技術を初めて人間の患者に適用したと報じた。
ゲノム編集は将来の治療への応用が期待されるが、人体への応用は始まっていなかった。
 
研究グループは10月28日に実施した臨床試験で、肺がん患者の血液から細胞を取り出し、免疫反応をつかさどる遺伝子を「クリスパー・キャス9」と呼ぶゲノム編集技術で操作。
がん細胞を攻撃するように改変し、患者に戻した。経過は順調で、近く2回目の治療を実施するという。
 
続きはソースで

▽引用元:日本経済新聞 2016/11/16 10:24
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H3B_W6A111C1MM0000/
ダウンロード


引用元: 【遺伝子医学】「ゲノム編集」初の人体応用 中国で肺がん患者に©2ch.net

「ゲノム編集」初の人体応用 中国で肺がん患者にの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ