理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

人生

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ミラノ作 どどんスズスロウン(愛知県) 2013/11/24(日) 14:42:15.84 ID:5tYS1B/bP BE:3687825097-PLT(12122) ポイント特典
2dce8c90.jpg
 

http://sociorocketnews.files.wordpress.com/2013/11/sotsugyou.jpg

年の暮れが迫り、来月ぐらいから大掃除を始める人も多いのではないだろうか。

そこで、大掃除中に卒業アルバムを探して引っ張り出してみてほしい。というのも、卒業写真でしかめっ面をしていたり笑顔がない人は、離婚率が5倍になるとの興味深い調査結果が発表されたのである。

・卒業写真で結婚の明暗が分かれる!?
米デパウ大学のマシュー・ハーテンステイン心理学准教授が、何百冊もの卒業写真を調べ、生徒の表情から将来の結婚状態を予測できるか調査を行った。

その結果、しかめっ面の生徒は笑顔を見せている生徒に比べ、離婚率が5倍も高かったことが判明したのである。

一方で結婚生活を続けている人は、写真で大きな温かい笑みを浮かべ、口だけではなく目元からも笑いが読み取れる “純粋な笑顔” だったという。

・人生の満喫度も現れる
また結婚状態だけでなく、卒業から30年間における人生の満喫度や幸福度までも、卒業写真から予測できることが分かった。写真でしかめっ面をしている生徒の多くは、卒業後の人間関係が乏しく充実した人生を送っていなかったのである。

・卒業アルバム以外の写真でも離婚率を予測
ハーテンステイン氏は、、現在55歳以上の男女が思春期だった頃の誕生日やイベントの写真も調査。卒業写真と同じく、それらの写真の表情でも将来の結婚状態を予測できるとの結論に達した。

また、写真で生徒の将来をある程度予測はできるが、笑顔を見せているからといって、絶対幸せになる運命だとは言い切れないとも語っている。

やはり心の状態は、無意識のうちに表情に現れるのだろう。卒業写真でしかめっ面をしていた人は、今からでも遅くない。人生は一度きりなので、笑顔と笑いを心がけて明るい人生にしたいものだ。

参照元:Mail Online(英文)
執筆:Nekolas
Photo:RocketNews24.

http://rocketnews24.com/2013/11/24/389439/



おまいら今すぐ確かめろ!卒業写真で「しかめっ面」だった人は離婚率が5倍もあることが判明!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 足4の字固め(WiMAX) 2013/10/11(金) 15:07:50.92 ID:LCT7YuYv0 BE:3496836577-PLT(12001) ポイント特典

 自己中心的でマイペース、気分屋と思われがちなB型。しかし、そのイメージには誤解があるという。
『人生の9割は血液型で決まる!』(世界文化社)の著者・小萩喜一(こはぎ・きいち)氏は、こう語る。
「自己中心的というのは、他者が周りにいてその中心に自分がいるということですが、B型の場合、周囲の他者は意識にありません。自己中心的というよりも、自分だけの世界を持っている人なのです。また、ただの気分屋ではなく、いつどんな時でも自分の気分を大切にする人だというほうが正確ですね」

 長い放牧生活の過程で生まれてきたB型だけに、周囲の人の存在が気にならないのは当たり前かも。
それゆえA型とはまったく対照的で、B型の人にA型の人のもつ社会性や継続力を期待するのは無理。
でも、瞬発力があり、独創性は抜群だ。
「B型の人で大切なのは、自分の好きなことに打ち込むこと。真剣に“遊ぶ”ことです。これはと思ったものに出合ったら、思い切りそこに照準を合わせ、一心不乱に取り組む。それが心の栄養になります」

 ママ友の間でも、「彼女、マイペースよね」なんて言われながらも、アイディアの豊かさや物事への熱中ぶりは高く評価されることも多いのだ。

 自分が大好きで“絶対的な自己”が存在するB型は、局面を見てうまく立ち回ったり、根回しをする才能にも長けている。

 ただし、それがゆえに周囲の人の苦労をバッサリ切り捨てるような言動をしてしまい攻撃のターゲットにされることもある。
「自己肯定できなくなると精神的に崩れやすいので要注意。気分に大きく左右されがちな自分の特徴を
知っておくことが、持ち前の才能や明るさを生かすためのポイントになります」

 自分らしさを発揮している時のB型は、明るいキャラと楽しいおしゃべりで、ムードメーカーとして愛される存在に。
※女性セブン2013年10月24・31日号

3

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20131011/Postseven_216948.html



血液型診断の第一人者「B型は自己中なのではなく他人に関心がないだけ。社会性はないが独創性がある」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ハバナブラウン(北海道) 2013/07/16(火) 16:35:49.76 ID:s9uS7oDN0 BE:3662177876-PLT(12018) ポイント特典

脳の仕組みを知れば、1日を24時間以上に延ばすことだってできる

 これまでの人生を振り返ってみてください。1週間を4週間ぐらいに感じたり、1時間が数日間にも思えたりと、時間が永遠に続くように感じた時期はありませんか? その時期に何をしていたかと考えてみると、おそらく自分にとってまったく新しい、集中力を要することをしていたのではないでしょうか。

 おもしろいことに、「自分のしていること」に集中すると、実際に時の流れが遅くなるのです。
正確には、脳がそのように感じる、と言ったほうが良いかもしれませんね。

 逆に、脳がそれほど多くの情報を処理する必要がない場合は、時の流れが速く感じられ、同じ長さの時間でも、いつもより短く「感じる」ことになります。こうした現象は、なじみのある情報を多く受け取っている時に起こります。以前にも処理したことがある情報であれば、脳が一生懸命に働く必要がないので、時間が速く流れるというわけです。

 しかし、ここで興味深いのは、繰り返しが脳に与える影響です。同じことを繰り返すからといって、脳に何の影響もないわけではありません。それどころか、同じことを何度も練習すれば、脳の回路を根本的に作り直すこともできるのです。

http://www.lifehacker.jp/2013/07/130716daylonger.html
(続く)
a3a297fb.jpg



【衝撃】 「子供の頃は一年が長かった」 その理由がついに判明 !!の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ