理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

介助

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/09/06(日) 12:17:22.72 ID:???*.net
インターネットセキュリティ大手のカスペルスキーが、iPhoneのロック解除や、ドアの解錠などに使える体内埋め込みマイクロチップを社員の体に埋め込んだ。

ダウンロード (1)


ベルリンで開催中の国際コンシューマー・エレクトロニクスショー(IFA)で発表した。

ガラス封止された米粒大のRFIDチップを、カスペルスキーの社員の手に埋め込んだ。
この社員はチップを埋め込まれた状態で、すでに6カ月間生活している。

続きはソースで

画像
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2015/09/03/17/2BF199FF00000578-3221287-A_volunteer_attending_security_firm_Kaspersky_s_conference_at_IF-a-85_1441297700009.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2015/09/03/17/2BF1850B00000578-3221287-A_Kaspersky_employee_had_a_chip_the_size_of_a_grain_of_rice_enca-a-84_1441297685876.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2015/09/03/17/2BF19A0600000578-3221287-Such_chips_pictured_can_be_bought_online_for_under_100_152_and_i-a-83_1441297682352.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2015/09/03/17/2BF19A1400000578-3221287-The_team_at_Kaspersky_is_working_on_ways_to_make_implants_more_s-a-86_1441297929890.jpg
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3221287/Would-microchipped-Kaspersky-implants-chip-man-s-hand-one-day-used-pay-goods-unlock-home.html

引用元: 【IT】カスペルスキー、社員の手にマイクロチップを埋め込む

カスペルスキー、社員の手にマイクロチップを埋め込むの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/10(金) 07:44:51.54 ID:???.net
軟らかロボット、介助や癒やしに 立命大で実用化研究 : 京都新聞
http://kyoto-np.jp/environment/article/20150709000089

画像
http://kyoto-np.jp/picture/2015/07/20150709135558032.jpg
約1キロの重さを持ち上げられるアームタイプ(川村立命館大教授提供)


 ポリエチレンなどの樹脂でできたユニークな「ソフトロボット」の開発を、立命館大理工学部の川村貞夫教授の研究室が進めている。軟らかくて軽いため安全性が高いのが特徴だ。工場で働く産業用のほか、介助用や人を和ませる癒やし系ロボットへの応用を見込んでいる。

 産業用ロボットの多くはフレームが金属製で油圧や電気を動力源にしている。力が強く、動きも正確だが、重くて硬く、人にぶつかったり、倒れ込んだりするとけがにつながる恐れがある。

 こうした課題を解決するため、川村教授らは軽量で柔軟な樹脂を素材に用いて2種類のロボットを考案した。アームタイプは、スーパーの袋に使われるポリエチレンやクリアファイルの材料であるポリプロピレンでフレームを作り、重さを約500グラムに抑えた。空気圧で動き、最大1キロの重さを持ち上げられる。動作中にたとえ人がぶつかっても痛くない。

 アクチュエーター(駆動装置)と呼ばれるイモムシタイプは、空気を送り込むとポリエチレンを折って作った体節が曲がり、人間の腕に巻き付けることもできる。2種類とも空気を抜くとコンパクトに収納できる。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【ロボット工学】軟らかくて軽い「ソフトロボット」の実用化研究 介助や癒やしに応用 立命大

軟らかくて軽い「ソフトロボット」の実用化研究 介助や癒やしに応用 立命大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/26(木) 08:21:02.49 ID:???.net
掲載日:2015年2月25日
http://www.zaikei.co.jp/article/20150225/237535.html

4


 理化学研究所の向井利春チームリーダーらによる研究グループは、移乗介助や起立補助など、人との柔らかな接触と大きな力が必要とされる動きをロボットで同時に実現するための研究用プラットフォーム「ROBEAR(ロベア)」を開発した。

 少子高齢化社会を迎えた日本では、介護者不足を補うためのロボット技術に大きな期待が寄せられている。
特にベッドから車椅子への移乗は介護者にとって大きな負担となっており、介護の現場では1日約40回もの移乗介助を1人の介護士が行っているケースもある。

 今回の研究では、低減速比でも大きな力を出せるアクチュエータユニットと、小さな力から大きな力まで多様な状況での検出を可能とする3種類の力覚系センサを組み合わせて用いることで、人と柔らかく接して、必要に応じて大きな力を出すことを可能にした。

続きはソースで

<画像>
移乗介助や起立補助など、人との柔らかな接触と大きな力が必要とされる動きをロボットで
同時に実現するための研究用プラットフォーム「ROBEAR(ロベア)」(理化学研究所の発表資料より)
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015022514233550big.jpg

ROBEARで用いているアクチュエータユニット。ACサーボモータ、ギヤ、モータドライバ、
制御・通信基板を一体化している(理化学研究所の発表資料より)
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015022514244530big.jpg

ソファーに座っている人を両腕で支持して立たせ、向きを変えて車椅子に下ろす動作(理化学研究所の発表資料より)
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015022514251570big.jpg

ROBEARによる横抱き(理化学研究所の発表資料より)
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015022514254480big.jpg

ROBEARによる立った姿勢での抱きかかえ(理化学研究所の発表資料より)
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015022514261810big.jpg

<参照>
人と柔らかく接しながら力仕事を行なう高機能ロボット | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2015/20150223_2/

引用元: 【ロボティクス】理研、お姫様だっこができる介助ロボット 力と柔らかい動きを両立

理研、お姫様だっこができる介助ロボット 力と柔らかい動きを両立の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ