理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

伝染病

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/07/19(木) 07:37:39.18 ID:CAP_USER
米食品医薬品局(FDA)は、天然痘治療に効果がある初の医薬品として、TPOXX(一般名:テコビリマット)を承認した。天然痘は1980年代に根絶されているが、生物兵器として使用される可能性が懸念されてきた。
もはや存在しない伝染病のための治療薬は、バイオテロから国民を守るためのものだとFDAは説明している。

◆保管されたウイルスが生物兵器に? 米政府の懸念

 天然痘は、天然痘ウイルスが引き起こす、非常に感染力の強い疾患だ。人から人に飛沫感染し、感染後10~14日で発熱、倦怠感、頭痛などの症状が現れ、小さなピンク色の発疹ができる。
それが膿を持って腫れ、潰れてかさぶたとなり、最後は小さなくぼみの傷痕となる。
致死率は30%とも言われ、20世紀だけで5億人が死亡している。

 世界的なワクチン接種と撲滅キャンペーンのおかげで、1980年代に天然痘根絶宣言が出された。
世界では1977年以来感染は報告されておらず、アメリカでは1949年を最後に発生していない。

 根絶されたとはいえ、天然痘のウイルスはアメリカとロシアで保管されているため、これがテロリストの手に渡ることへの懸念は以前からあったと、感染症の専門家、アメッシュ・アドジャラ氏は指摘する(テレグラフ紙)。急速に広がり、強力な感染力を持ち、不安やパニックを煽り立てる可能性があることから、天然痘は米政府により、カテゴリーAの生物テロ病原体として分類されている。

◆人の多い都市では被害深刻 治療薬が感染拡大のカギ
 テレグラフ紙が紹介するニュー・サウス・ウェールズ大学の研究によれば、空港など人の多い場所に天然痘ウイルスが放たれた場合、流行のピークは最初の発症から70日後となり、ニューヨークでは4200人が感染し1200人が死亡すると予測されている。

続きはソースで

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/newsphere.jp/wp-content/uploads/2018/07/18201324/Smallpox_virus.jpg

https://newsphere.jp/politics/20180718-3/
images


引用元: 【医学】「バイオテロから国民を守る」 初の天然痘治療薬、米当局が認可[07/18]

「バイオテロから国民を守る」 初の天然痘治療薬、米当局が認可の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/01/16(火) 21:35:36.12 ID:CAP_USER
【1月16日 AFP】
1545年、メキシコのアステカ帝国で伝染病が大流行し、目や口、鼻からの出血を伴う高熱と頭痛で人々が次々と倒れ、3~4日のうちに多くが命を落とした──。

 現地語で「ココリツトリ(cocoliztli)」と呼ばれるこの疫病により、1550年までの5年間で全人口の約80%に当たる1500万人が死亡したと考えられているが、その原因をめぐっては500年近く謎のままだった。
ココリツトリは古代アステカのナワトル語で「悪性の伝染病」を意味する。

 しかし、15日に発表された研究結果によると、このアステカ帝国の大惨事を引き起こした疫病は、天然痘、麻疹(はしか)、おたふく風邪、インフルエンザなどではなく、腸チフスに似た「腸熱」だった可能性が高いという。研究チームは当時の犠牲者の歯から見つけたDNAの証拠を調べた。

 独テュービンゲン大学(University of Tuebingen)のアシルド・ベイジーン(Ashild Vagene)氏は
「1545年~1550年に発生したココリツトリは、欧州人の到達後にメキシコを襲った多くの疫病の一つで、最も破壊的で最大規模の人命損失を引き起こした3回の大規模流行の2番目に発生したものだった」と話す。

 ベイジーン氏は、AFPの取材に「この疫病の原因をめぐっては歴史学者らが100年以上にわたり論争を繰り広げてきたが、当時のDNAを用いた今回の研究によって初めて歴史学上の長年の疑問の解決に寄与する直接的な証拠を提供できることとなった」と述べた。
同氏が共同執筆した論文は、米学術誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology and Evolution)」に掲載された。

 病原菌は、欧州の入植者らがアメリカ新大陸に足を踏み入れるのに伴い持ち込まれたものだが、先住民の人々は当時、これに対抗する免疫を持っていなかった。

続きはソースで

AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3158747
ダウンロード


引用元: 【医学】16世紀メキシコ、アステカ帝国の全人口の約80%が死亡した「悪性伝染病」、原因菌を特定か 研究

16世紀メキシコ、アステカ帝国の全人口の約80%が死亡した「悪性伝染病」、原因菌を特定か 研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/11/20(月) 00:07:59.23 ID:CAP_USER9
最も危険な虫、蚊...!

蚊、大好き!という人はまずいませんよね。蚊にかまれた時の痒さ、夜寝ている時の耳元のプゥーンという音。嫌われている理由はたくさんありますが、マラリアなどの伝染病の媒介にもなっており間接的に毎年多くの命を奪っている害虫でもあります。

そんな蚊に対抗するためにアメリカの環境保護局が先日承認したとあるスーパー兵器が話題となっております。それはなんとボルバキアという細菌に感染させて生殖能力を失わせた蚊を野に放つというもの。計画では20州とワシントンDCで放たれるとのことです。これによってデング熱、黄熱病、ジカ熱といった伝染病のウイルスを媒介する蚊を駆除しようとしているわけですね。

生殖能力を失った個体を野に放って害虫を駆除するという方法は実は長い歴史があります。放射線を使って害虫の遺伝子に変異を起こし、生殖能力を失わせて、それを野生の害虫たちと生殖させることで、らせん虫のような害虫が駆除されてきました。アメリカではこの方法によって1982年までにはらせん虫の全駆除に成功しています。しかし蚊の場合、放射線を浴びてそれでも生殖行為をしようとする...ほどには強くないようです。そこで登場したのが今回のボルバキア手法なわけですね。

ケンタッキー州にある研究室でこの蚊は育成されます。ボルバキアに感染させられた蚊のうち、人をかまないオスの蚊だけを選び、駆除地域に放つことで野生の蚊と生殖活動をさせるとのこと。その結果生まれた卵は父系染色体が正常に発達しないため、孵化しないそうです。なるほど...孵化しない卵を生むことに多くの蚊が従事することで蚊の数がどんどんと減るわけですね。この方法であれば人体や環境に悪影響のある◯虫剤などを使う必要もありません。減少数もかなり効果的な成果をあげるはず、とのことです。

蚊からしたら悪夢ですが...科学ってすごいですね。このニュースは先日科学誌「Nature」で報じられ、米GizmodoがMosquitoMate、そして環境保護局に確認をとっています。MosquiteMateによるヒトスジシマカを新しい生体◯虫デバイスとして公式に登録したことを環境保護局は11月3日に認めました。5年間のライセンス契約で20州で販売されるとのこと。

続きはソースで

配信11/19(日) 20:10
ギズモード・ジャパン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00010005-giz-prod
ダウンロード


引用元: 【蚊】蚊をもって蚊を制す。細菌に感染した蚊を野に放ち一掃駆除へ アメリカ環境保護局が承認

蚊をもって蚊を制す。細菌に感染した蚊を野に放ち一掃駆除へ アメリカ環境保護局が承認の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/06/11(土) 17:27:45.79 ID:CAP_USER
オーストラリアのタスマニア島だけに生息し、絶滅が危惧されている珍獣、タスマニアデビルが現地で発生している伝染病から守るため、日本やアメリカに分散して飼育されることになり、来日した2匹が11日から東京の動物園で公開されています。

来日した体長が60センチほどの2匹のメスのタスマニアデビルは11日から、東京・日野市の多摩動物公園で公開され、多くの家族連れなどが見学に訪れています。

オーストラリアのタスマニア島だけに生息するタスマニアデビルは、おなかの袋で子どもを育てる有袋類で、かわいらしいしぐさの一方、激しい攻撃性を持つことなどから悪魔を意味するデビルという名前がつけられています。

ダウンロード (2)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160611/k10010553171000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008

引用元: 【伝染病】絶滅危惧のタスマニアデビル 分散飼育で日本に©2ch.net

【伝染病】絶滅危惧のタスマニアデビル 分散飼育で日本にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆10.9/2taLY 2014/04/19(土)09:36:23 ID:nDq8x2hLz

 【シカゴ時事】「豚流行性下痢(PED)」と呼ばれる豚の伝染病が米国の30州に拡大していることが18日、関係団体のまとめで明らかになった。
米農務省も危機感を募らせ、養豚農家に感染報告を義務付けるなど、封じ込め対策を強化すると同日発表した。

 米国は日本にとって最大の豚肉輸入先。
全米養豚獣医師協会によると、昨年4月に国内で初めてPEDがオハイオ州で確認されて以降、各地に急速に拡大。
これまでに数百万頭が死亡したとされ、豚肉価格は1年間で4割上昇した。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014041900044



豚の伝染病拡大=米30州で数百万頭死亡[14/04/19]の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2014/03/01(土) 21:50:19.52 ID:???0 BE:137168922-PLT(12557)

愛知県豊橋市内の養豚農場で豚の伝染病「豚流行性下痢」が発生し、関係団体が出入りする車両を消毒するなど対応に追われている。

同市内では2月26日に、約1100頭を飼育する農場でおおむね21日未満の子豚約300頭が下痢、嘔吐(おうと)などの症状をみせ、県東部家畜保健衛生所が現地調査を実施。
遺伝子検査の結果、ウイルスの陽性反応が出たことから感染の疑いがわかった。
その後も拡大し、28日までに14頭が死亡した。県内では同16日に弥富市、21日に安城市で発生しており、今回で3例目。

images (1)

*+*+ YOMIURI ONLINE +*+*
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140301-OYT1T00015.htm



伝染病「豚流行性下痢」が発生の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ