理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

低体温

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/02(月) 05:05:45.49 ID:ak1rA0NP*.net
2015年03月02日

1


イタリアの神経外科医師が「人の頭部を移植する」手術は早ければ2年以内に実現すると発表した。
筋ジストロフィーやがん患者の治療に役立つという。26日付で台湾ETtodayが伝えた。

英紙ガーディアンによると、イタリアの神経外科医セルジオ・カナベーロ氏が「人の頭部の移植」手術は現代の医療技術を使えば可能だと話している。
患者の頭部とドナーの体を低体温状態にして血管を縫合し、ポリエチレングリコールを用いて脊髄をつなぎ合わせれば、両者の合体が可能だというもの。患者は約1年後には歩けるようになるという。

1970年にサルの頭をすげ替える手術が実際に行われ、成功した。
それから40年、最近ではマウスでの実験にも成功している。ネット上では「アンパンマンって時代を先取りしていたんだね」などのコメントが寄せられている。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:フォーカスアジア http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/410484/

引用元: 【科学】 「人の頭の移植は2年以内に実現」…イタリア人医師の発表に「アンパンマンって時代を先取りしていたんだね」 ―台湾紙

【マジか】 「人の頭の移植は2年以内に実現」…イタリア人医師の発表に「アンパンマンって時代を先取りしていたんだね」 ―台湾紙の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/06/12(木) 21:30:51.15 ID:???0.net

「人工冬眠」は、長い間、医療関係者の夢でした。ピッツバーグ大学UPMCプレスビテリアン病院のサム・ティッシャーマン博士率いる外科医たちは、人工冬眠ならぬ「緊急保存と蘇生(Emergency Preservation and Resuscitation)」の実用化に向けた臨床試験をスタートさせました。
この方法は、まず患者の血液をすべて抜いて、冷たい生理食塩水で置き換えます。
体を低体温状態を保ち、冬眠状態に入っている間に外科的な治療を行うというもの。(略)

「低体温状態」になると、人体は酸素の消費量を劇的に下げます。ちょうど動物の冬眠のような感じです。
「緊急保存と蘇生」では、血液を冷たい生理食塩水で置き換えることで、患者を低体温状態に導きます。
患者の身体は、15分間、摂氏10度というかなりの低温に保たれます。通常、人間は血液なしでは生きられません。
血液は細胞がエネルギーを作るのに必要な酸素を運ぶ役割があります。しかし、低体温状態になると、細胞は活動を止め、酸素がなくても大丈夫な状態になります。組織や器官へのダメージも残りません。
また、外傷により血液が急速に失われているときも、体温をすばやく下げることが鍵となります。
通常の体温で脳への血流が4~5分止まると、深刻なダメージを引き起こします。

続きはソースで

How It Works: Putting Humans In Suspended Animation|Popular Science
Ina Yang(訳:伊藤貴之)
http://news.livedoor.com/article/detail/8931396/
~~引用ここまで~~



引用元: 【医療】人工冬眠技術、実用化も間近…臨床試験がスタート


人工冬眠技術…臨床試験がスタートの続きを読む

このページのトップヘ