理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

佐渡市

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/01(日) 00:16:39.95 ID:???*.net
 新潟県・佐渡島で採取されたクモが新種と判明し、「ヘリジロコモリグモ」と命名されたことが31日までに分かった。佐渡島では、2012年にカエル、14年にナマコと新種の確認が相次いでいる。

 クモの分類が専門の東大大学院農学生命科学研究科の谷川明男農学特定支援員によると、体長約1センチで、雌が腹部に付けた袋で卵をふ化させるコモリグモ科に属する。頭胸部の縁に白いしま模様があることにちなんで名付けた。毒グモではない。湿った場所に生息し、植物の葉の裏に隠れて小さな虫を捕食する。

 新潟大の調査で11年6月に島中央部の田んぼで採集され、谷川氏らが分類した。昨年8月、日本蜘蛛学会の学会誌に論文が掲載された。谷川氏は「佐渡島のクモの研究はまだ進んでいない。
今後も新種が発見される可能性がある」と説明している。〔共同〕

日本経済新聞 2015/1/31 23:57
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO82657360R30C15A1000000/

引用元: 【科学】佐渡のクモ、新種と判明=「ヘリジロコモリグモ」と命名 カエル・ナマコと新種の確認相次ぐ[02/01]

佐渡のクモ、新種と判明=「ヘリジロコモリグモ」と命名 カエル・ナマコと新種の確認相次ぐの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/26(金) 18:54:55.34 ID:???0.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141226-00000116-jij-soci
環境省は26日、新潟県佐渡市で国の特別天然記念物トキ1羽の死骸が見つかったと発表した。
放鳥トキの死骸発見は12羽目で、死因は不明という。

 同省によると、死んだのは昨年6月に放鳥した3歳の雄。同日朝、市内の土手に羽と骨の一部、足環が散乱していると近隣住民から通報があった。
15日には、同じ番号の足環を付けたトキが傷を負ってうずくまっているのが目撃されており、タカなどに襲われた可能性があるという。 

引用元: 【新潟】トキの遺体を発見 タカの襲撃受けたか?

【新潟】トキの遺体を発見 タカの襲撃受けたか?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/10(月) 21:03:24.28 ID:???*.net BE:348439423-PLT(13557)
新潟県佐渡市の漁港で定置網に幻の巨大深海生物とも言われるダイオウイカがかかり、9日、市内で開かれたイベントに展示された。

初めて本物のダイオウイカを見た人たちは、触ったり一緒に記念撮影をしたりしていた。

*+*+ 日テレNEWS24 +*+*
http://www.news24.jp/articles/2014/11/10/07263094.html

引用元: 【社会】佐渡に再び…ダイオウイカ水揚げ

佐渡に再び…ダイオウイカ水揚げの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: ( ´`ω´) ★@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 02:22:25.01 ID:???0.net

■自然界で初 トキ2世が誕生 [14/05/06]

 新潟県佐渡市の自然界で36年ぶりに誕生したトキが作った巣でひなの姿が確認されました。

 日本でトキが絶滅したあと野生復帰の取り組みが進められるなかで自然界で育ったトキの「2世」の誕生は初めてです。ひながかえったのは、おととし佐渡市の自然界で36年ぶりに誕生した2歳のオスと、島根県出雲市の飼育施設で誕生し自然に放された3歳のメスのつがいの巣です。

続きはソースで

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140506/4244421.html
http://www3.nhk.or.jp/news/ NHKニュース 05月06日 15時41分 配信依頼
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398915615/739 依頼


引用元: 【国内】自然界で初 トキ2世が誕生 [14/05/06]


「自然界で初 トキ2世が誕生 [14/05/06]」についての続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 伊勢うどんφ ★ 2014/03/03(月) 23:42:29.91 ID:???i

★ダイオウイカ 佐渡に今年4体目

佐渡市の椎泊海岸に打ち上がっていたダイオウイカ。比較のために奥に横たわる人より大きいのが分かる(県提供)

【画像】
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20140302-103642-1-L.jpg

 2日午前8時半頃、佐渡市椎泊の海岸にダイオウイカの死骸が打ち上げられているのを近くの住民が発見した。
同市内では1月以降、ダイオウイカが3回、水揚げされている。

 県佐渡地域振興局によると体長は約3・2メートルで、ちぎれていた最も長い触腕があれば5メートル超はあったとみられる。

 現場に駆けつけた近くの漁業甲斐正美さん(67)は、「打ち上がってから数日はたっているんじゃないか」と指摘した上で、「ダイオウイカを見るのは初めて。カモメも不思議そうに眺めていた」と話していた。

(2014年3月3日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20140302-OYT8T00761.htm




リアルぬいぐるみ ダイオウイカ Mサイズ
ダイオウイカ 佐渡に今年4体目(画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 腕ひしぎ十字固め(家) 2014/02/18(火) 15:52:11.16 ID:qteYNKz/P BE:1941943739-PLT(22223) ポイント特典

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1700X_Y4A210C1CR0000/
新潟県佐渡市で放鳥されている国の特別天然記念物トキの天敵カラスの駆除をめぐり、専門家や地元住民の間で意見が割れている。トキ保護のため賛成する声が上がる一方で「人が介入すべきでない」との反対意見も。3月には繁殖期を迎えるため、環境省は対応を急いでいる。

トキは2003年に「キン」が死んで国産が絶滅。中国産を国内の施設で繁殖させ、佐渡市では08年から野生復帰に向けた放鳥を開始しているが、昨年の繁殖期はカラスによる卵の持ち去りや攻撃などが深刻化。巣立ったひなは4羽に減少し、巣立ち直前に捕食された例もあった。

環境省は昨年8月、野生復帰事業の専門家会合を同市で開き、トキを襲う特定のカラスを必要に応じて駆除する方針を決定。会合に参加した山階鳥類研究所の尾崎清明副所長は「駆除して効果をみることに意味はある」と主張する。

カラス対策では、野生トキがわずかとなった1954年に、新潟県が海岸のごみ捨て場などへの毒団子散布を実施。だが駆除数は目標を大きく下回り、毒物使用への批判が上がったことも重なって頓挫した経緯がある。

今回の駆除方針にも一部の住民から反対の声が上がる。「自然を操るのが無理なのは過去の経験が証明している」と強調するのはトキの餌場作りに励む高野毅さん(70)。NPO法人「トキどき応援団」の仲川純子理事も「人が手を出すと本当の意味での野生復帰にはならない。他の生物も生息できる環境で繁殖を見守るべきだ」と話す。

駆除方法は未定だが、佐渡トキ保護センターの金子良則獣医師は「せいぜい空気銃で撃つぐらい。トキを襲うカラスの特定は困難で、やっても無駄だろう」と批判する。

新潟大の永田尚志准教授(鳥類生態学)は「カラスが繁殖に影響を与えているのは事実。餌を与えないようにしたり、ごみをむやみに出さないようにしたりするなど、住民と長期的な対策を考える必要がある」と話す。〔共同〕
3



トキの天敵、カラス駆除に賛否 佐渡の住民や専門家の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ