理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

体験

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/12(火) 12:17:53.25 ID:???.net
ラットが溺れる仲間を救助 苦しさ「共感」確認 関学大など (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150512-00000002-kobenext-sctch

画像
http://amd.c.yimg.jp/amd/20150512-00000002-kobenext-000-3-view.jpg
プールに漬かったラット(右上)がいると、水のない部屋のラット(左下)がドアを開け、助けようとする行動が確認された(佐藤暢哉教授提供)


 ネズミの一種・ラットが、溺れる仲間の危機を感じ助ける行動を起こすことを、関西学院大学文学部(兵庫県西宮市)の佐藤暢哉教授(神経科学)らのグループが確認した。他者に対する「共感」の進化過程の解明にもつながるといい、ドイツの科学誌電子版に12日発表した。

 佐藤教授らは、一方がプール、もう一方は水のない部屋となった透明の箱を使って実験した。水のない方のラットは、プール側で仲間が溺れかけると、部屋をつなぐドアを開けて救助。水がない場合は助けることがなかった。ドアを開けるまでの時間は、溺れかけた経験があるラットの方が短く、つらい体験が共感を強くすることも分かった。

 さらに、仲間を助けるドアとエサのある部屋に通じるドアの二つがある場合でも、エサを食べるより救助を優先する傾向があった。

 見返りがないのに他者を助ける行動は、近年まで霊長類のみの特徴と考えられてきた。佐藤教授は「他者への共感は、社会生活を送る上で欠かせない能力。実験がしやすいラットで示されたことで、神経メカニズムの解明も期待できる」と話す。(武藤邦生)

no title
 

引用元: 【神経科学/心理学】ラットが溺れる仲間を救助 苦しさ「共感」確認 関学大など

ラットが溺れる仲間を救助 苦しさ「共感」確認 関学大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/17(火) 00:09:39.33 ID:???.net
掲載日:2015年3月16日
http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015031601002102.html

no title


 大阪大と東京大のチームは16日、自閉症やアスペルガー症候群といった発達障害の総称「自閉スペクトラム症」の人に見える視覚世界を体験できる装置を開発したと発表した。
「健常者と発達障害の人が歩み寄る社会をつくるのに役立てたい」としている。

 大阪大の長井志江特任准教授(認知発達ロボティクス)によると、自閉スペクトラム症の人は周囲の環境の変化によって、コントラストや輪郭が強調されたり色彩がなくなったりといった見え方をしていることが近年分かってきている。

 チームは20~50代の男女16人に祭りや動く電車などの動画29種類を見せて症状を解析。
結果を基に装置を開発した。

<画像>
 自閉スペクトラム症の人の視覚世界を体験できる装置のデモンストレーション。視界に細かく白などの点が入る様子がスクリーンに映し出された=16日午後、大阪府吹田市
http://img.47news.jp/PN/201503/PN2015031601002157.-.-.CI0003.jpg

<参照>
Yukie Nagai - Research
http://cnr.ams.eng.osaka-u.ac.jp/~yukie/research-jp.html

引用元: 【医療技術】発達障害の人の視覚世界を体験 大阪大など装置開発

発達障害の人の視覚世界を体験 大阪大など装置開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/24(火) 23:59:56.27 ID:???*.net
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、研究をサポートする「宇宙バイト」の求人を、求人情報サイト「タウンワーク」で募集していることがわかった。

no title


仕事内容は、人工衛星に関するJAXAの研究に体験モニターとして参加すること。
職員からの人工衛星に関する講義を受講後、JAXAの小型衛星「SDS-4」との交信などを行ってレポートにまとめる。

勤務地は、茨城県にあるJAXA筑波宇宙センターで、採用予定人数は各日程ごとに2~3名を予定。

服装や髪型は自由になっており、未経験でもOK。誰もが人工衛星を利用できる時代に備え、人工衛星の運用を支える技術向上や一般化を目的に、誰にでも分りやすい衛星技術を目指す研究のため、特別な知識がなくでも参加できる。

全国どこからでも規定に沿った交通費が支給され、軽食も支給。
日給3万円という、かなり高待遇なバイトとなっている。

続きはソースで

画像
http://kai-you.net/press/img/1f65960b1da0a6b4fe23a17a798aebf5.jpg
http://kai-you.net/press/img/648d10d5ec871cb3e6d24129ac3d250c.jpg
http://kai-you.net/article/13803

引用元: 【求人】JAXA、人工衛星と交信する「宇宙バイト」募集 未経験OK!日給3万円

JAXA、人工衛星と交信する「宇宙バイト」募集 未経験OK!日給3万円の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/05(月) 17:27:16.99 ID:???0.net
今もUFOの目撃情報は絶えない。特に最近では、一般人が撮影したYouTube動画などからも
数々の報告があがっている。

もちろん、眉唾(まゆつば)ものも少なくないが、そうした情報をつぶさに集め、分析しているのが元航空自衛隊空将の佐藤守氏。2010年夏には、自衛隊パイロットたちのUFO目撃証言を集めた『実録・自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO』(講談社)を上梓、UFO研究の第一人者である。

何人もの自衛隊パイロットたちが実名で遭遇体験を告白する内容に衝撃を受けた本誌は当時、緊急インタビューを敢行。その後も人知れず独自にUFO情報を取材してきたという佐藤氏は、UFOが福島第一ほか原発周辺で多数目撃されていると指摘、「やはり、日本の上空にUFOはウヨウヨいます!」と断言した(http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/26/41148/)。

 * * *

―2010年の出版以降、自衛隊員のみならず、各方面からUFOの情報が集まってきたそうですね。

佐藤 ええ。例えば、YouTubeに投稿された、東京スカイツリーと低く垂れ込めた黒い雲を撮影した動画。
ここに、撮影者も気がついていないであろうUFOが映っているとのタレコミがありました。
全体で5分弱の映像ですが、4分10秒過ぎあたりから、カミソリのように細く光る飛行物体が複数機、時間差で映り込んでいます。

―(動画を見ながら)確かに光る物体が飛んでいますが、これは鳥ではないのですか?

佐藤 鳥はそれよりも前、3分20秒前後に映っている。ほら、ちゃんと羽ばたく翼が見えます。
一方、UFOには翼がありませんし、飛び方も鳥と違って機械的な動きをしています。
この動画が公開されたのは13年4月。つい最近の話です。

―かつては、UFO目撃情報の多くは「開発中の最新軍事兵器ではないか」などといわれることも多かったのですが、科学が発達した今も「未確認飛行物体」は変わらず出現し続けているわけですね。

佐藤 1966年にワシントンで開かれた米下院第89議会軍事委員会公聴会。空軍大将や国防長官も名前を連ねたものですが、ここでは、47年から65年の間に1万147件あった未確認飛行物体の目撃報告のうち、6%が「科学的に説明できないもの」と発表されています。

時代は移り変わりましたが、この6%というのは、プロであるわれわれパイロットからしても「さもありなん」と思える数字です。私が空自パイロットから聞いたUFO目撃談のなかには、2014年現在でも人類が持ち得ない技術を持っていたであろうものが多く含まれているのです。

(以上、P1まで)

スカイツリー上空でもステルス戦闘機で再現不可能なUFO映像!
F-15パイロットが「あんなのに攻められたら勝ち目はない」 - 週プレNEWS
http://wpb.shueisha.co.jp/2015/01/05/41544/
http://wpb.shueisha.co.jp/2015/01/05/41544/2/
[2015年01月05日]

引用元: 【UFO】「ギブアップ。あんなのに攻められたら勝ち目はない」と自衛隊のF-15パイロット

【UFO】「あんなのに攻められたら勝ち目はない」自衛隊F-15パイロットの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/15(月) 00:09:45.53 ID:???.net
視覚野の神経回路発達には、生後の正常な視覚体験が必要であることが明らかに
2014年9月12日 14:27

生理学研究所の石川理子研究員・吉村由美子教授らによる研究グループは、脳にある視覚野の神経回路発達には、生後の正常な視覚体験が必要であることを明らかにした。

脳の機能は生後の体験や学習によって発達することが知られており、生後の発達期に様々な視覚体験をすることが物の認知・識別能力を高める。
しかし、これまでその詳細なメカニズムについては解明されていなかった。

今回の研究では、視覚に関する条件を変えたラットを用いて実験をおこなったところ、暗室で飼育したラットは、生後開眼したばかりの未熟なラットと同様に視覚野の微小神経回路網が形成されていないこと、物の形など意味のある視覚体験を遮断されたラットは、微小神経回路網の発達が阻害されていたことが分かった。
(***引用ここまで全文は引用元でご覧ください***)
__________

▽記事引用元
http://www.zaikei.co.jp/article/20140912/213602.html
財経新聞(http://www.zaikei.co.jp/)2014年9月12日 14:27配信記事

▽関連リンク
生理学研究所 プレスリリース
生後の視覚機能を支える神経回路の発達には生後の正常な視覚体験が必要である
http://www.nips.ac.jp/contents/release/entry/2014/09/post-278.html

The Journal of Neuroscience, 10 September 2014, 34(37): 12576-12586; doi: 10.1523/JNEUROSCI.1346-14.2014
Experience-Dependent Emergence of Fine-Scale Networks in Visual Cortex
http://www.jneurosci.org/content/34/37/12576.abstract

引用元: 【神経】視覚野の神経回路発達には、生後の正常な視覚体験が必要であることが明らかに/生理学研究所

視覚野の神経回路発達には、生後の視覚体験が必要だったの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/09(火) 01:12:54.14 ID:???0.net
無重力、人間関係も上下なし? 野口・宇宙飛行士が論文
http://www.asahi.com/articles/ASG886T7NG88UNHB010.html
朝日新聞 小宮山亮磨 2014年9月8日11時31分

 重力がなく上下がない宇宙空間では、人間関係の「上下」もなくなるかもしれない。宇宙飛行士の野口聡一さん(49)が、国際宇宙ステーション(ISS)滞在時の体験などをもとに、飛行士のふるまいを分析した論文をまとめ、8月発行の日本社会心理学会の学会誌で発表した。

 野口さんは、2009年12月から10年6月まで滞在した間に飛行士を撮影した約2600枚の写真について、共同研究者の木下冨雄・京都大名誉教授(社会心理学)と議論。大きく四つのタイプに分けて、乗組員たちの位置取りと階級の関係を分析した。

 最も多いタイプは、カメラをさほど意識しない日常風景。船長(司令官)が位置取りの上で尊重されていると思われるシーンは見つからなかった。例えば、テーブルを囲んでの食事では、船長の頭の上に他の飛行士が浮かんでいた。

※無料部分ここまで

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140908000876_comm.jpg
↑画像:集合写真をとるために円形に並ぶ。船長も特別扱いされていない=宇
宙航空研究開発機構、米航空宇宙局提供
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140908000877_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140908001218_comm.jpg


===================================
宇宙飛行士の野口さん「無重力で社会規範変わるのでは」
http://www.asahi.com/articles/ASG886T11G88UNHB00Z.html
朝日新聞  2014年9月8日13時21分

 宇宙飛行士の野口聡一さん(49)が、国際宇宙ステーション(ISS)における飛行士の行動を分析した論文をまとめた。

 野口さんが論文を書くきっかけとなったのは、最初に宇宙に行った2005年7月の打ち上げ。約2週間の慌ただしいミッションを終えて地球に戻ったため、余裕ある長期滞在ができたら人間の内面の変化も調べたいと感じた。「理系的な思考から離れて、宇宙体験のもっと大きな意味を探りたい」。そう思い立ったという。

 ISSで「上下関係」を意識しなくなることは、野口さん自身も気づいていなかった。飛行士40~50人に聞いた範囲でも、ほとんどの人が「行動は地上と同じだ」と答えたという。だが、木下さんと一緒に写真を分析すると、変化があった。「本人が意識していなくても、(無重力になることで)動作や社会規範が変わっていくのではないか」

※無料部分ここまで

引用元: 【宇宙開発】宇宙では「上下関係」を意識しなくなる…宇宙飛行士の野口さん論文 「無重力で社会規範変わるのでは」 [9/8]

宇宙飛行士:野口聡一「宇宙では“上下関係”を意識しなくなる」の続きを読む

このページのトップヘ