理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

作製

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/23(金) 16:56:16.37 ID:CAP_USER
文科省、動物で人臓器作製妥当 移植用に素案

動物の体内で人の臓器を作る研究の倫理的課題を検討している文部科学省の専門委員会は20日、移植用の臓器を作る研究を認めるよう将来、規制を緩和することは「社会的妥当性が認められる可能性が高い」とする見解の素案を示した。
専門委は来月にも見解をまとめる見通し。
 
続きはソースで

▽引用元:共同通信 2016/12/20 19:03
https://this.kiji.is/183882658251964422
ダウンロード (3)


引用元: 【生命倫理】動物の体内で人の臓器作製妥当 移植用に素案/文部科学省の専門委員会 ©2ch.net

【生命倫理】動物の体内で人の臓器作製妥当 移植用に素案/文部科学省の専門委員会の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/11/22(火) 23:17:32.65 ID:CAP_USER
ヒトiPS細胞からがん細胞を◯傷できる強力なキラーT細胞を再生 -再生T細胞療法の臨床応用に向けて一歩前進-

河本宏 ウイルス・再生医科学研究所教授、前田卓也 同特定研究員らは、ヒトiPS細胞からがん細胞を◯傷する能力をもつキラーT細胞(ウイルスに感染した細胞やがん細胞を◯すことのできるT細胞)を作製することに成功しました。
 
本研究成果は2016年11月22日午前2時に米国の科学雑誌「Cancer Research」のオンライン版に掲載されました。

*研究者からのコメント

がん患者の体の中には、がん細胞を◯傷することができるキラーT細胞が存在します。
私達は、iPS細胞技術を利用してそのようなキラーT細胞を再生するという研究を世界にさきがけて進めてきました。
しかし、従来の培養法では、生体中のキラーT細胞に比べると、品質が大幅に劣るものしかつくることができせんでした。
今回開発した方法によって、生体中のキラーT細胞にほぼ匹敵する高品質なキラーT細胞を再生することに成功しました。
再生T細胞を用いたがんの免疫細胞療法の実現化にむけて一歩前進したと考えています。

*本研究成果のポイント

・ヒトiPS細胞からがん細胞を◯傷する能力の高いキラーT細胞を作製
・作製した再生キラーT細胞はWT1抗原を有する白血病細胞を試験管内で◯傷
・免疫不全マウスを用いたヒト白血病モデルで治療効果を確認
・再生キラーT細胞を用いた免疫細胞療法の臨床応用に向けて一歩前進

続きはソースで

▽引用元:京都大学 研究成果 2016年11月22日
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/161122_1.html
ダウンロード (4)


引用元: 【医学/iPS】ヒトiPS細胞からがん細胞を殺傷できる強力なキラーT細胞を再生 再生T細胞療法の臨床応用に向けて一歩前進/京都大 c2ch.net

ヒトiPS細胞からがん細胞を殺傷できる強力なキラーT細胞を再生 再生T細胞療法の臨床応用に向けて一歩前進/京都大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/18(火) 01:17:34.32 ID:CAP_USER
体外培養で卵子作製=マウスiPS、初成功-九大

マウスの尻尾の組織から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作り、卵子に変化させるまでの全過程を体外培養で実現したと、九州大大学院の林克彦教授らのグループが発表した。
体外で卵子の形成過程が観察でき、不妊の原因究明などにつながると期待される。
論文は17日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。
 
マウスの卵子は、受精卵から卵子のもとになる始原生殖細胞ができるまでに約6日、その後卵子になるまでに約5週間かかる。
この間は袋のような卵胞で育てられ、複雑な過程で形成されるため、体外培養は難しいと考えられていた。
 
研究グループは、始原生殖細胞から卵子ができるまでの期間を三つに区切り、約3年にわたり培養条件を検討。

続きはソースで

(2016/10/18-00:30)

▽引用元:時事ドットコム 2016/10/18-00:30
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101800007&g=soc

▽関連
Nature (2016) doi:10.1038/nature20104
Received 22 October 2015 Accepted 22 September 2016 Published online 17 October 2016
Reconstitution in vitro of the entire cycle of the mouse female germ line
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/abs/nature20104.html
ダウンロード (2)


引用元: 【再生医学】マウスのiPS細胞から卵子作製 全過程を体外培養で実現 初めて成功/九州大など©2ch.net

マウスのiPS細胞から卵子作製 全過程を体外培養で実現 初めて成功/九州大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/09/15(木) 17:54:04.08 ID:CAP_USER
【プレスリリース】ゲノム編集ブタ作製の新手法を確立 - 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/50176


(報道概要)

ゲノム編集技術を用いてブタの遺伝情報を簡便かつ高効率に書き換える手法(GEEP 法)を世界で初めて確立しました。ゲノム編集システムをエレクトロポレーション法によって受精卵に導入する新しい手法です。これまでの遺伝情報操作ブタ作製の主流であった体細胞クローン技術を必要としない方法で、特殊な機器を必要とせず、作製技術・時間の大幅な短縮が可能です。ブタは生理学的、病理学的、解剖学的にヒトに近く、また体の大きさもヒトに近い事から医学分野で注目を集めている動物です。本手法を用いてヒト病態モデルブタを作製することで、医学研究の大幅な発展が期待されます。

続きはソースで

ダウンロード
 

引用元: 【遺伝子工学】ゲノム編集ブタ作製の新手法を確立 [無断転載禁止]©2ch.net

ゲノム編集ブタ作製の新手法を確立の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/08/12(金) 00:46:57.55 ID:CAP_USER
「iPS細胞が治療に役立つ日近い」山中伸弥氏

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製を世界で初めて、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長が発表してから、11日で10年を迎える。

山中所長は読売新聞の取材に「iPS細胞が患者を治すのに役立つ日が近づいている」と述べた。

山中所長は2006年8月にマウスから、翌年に人間の細胞からiPS細胞を作製したと論文発表した。

続きはソースで

▽引用元:YOMIURI ONLINE 2016年08月11日 14時27分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20160811-OYT1T50072.html

ダウンロード (1)


引用元: 【再生医療】iPS細胞の作製を世界で初めて発表してから10年 「iPS細胞が治療に役立つ日近い」山中伸弥氏©2ch.net

iPS細胞の作製を世界で初めて発表してから10年 「iPS細胞が治療に役立つ日近い」山中伸弥氏の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/07/16(土) 15:36:29.97 ID:CAP_USER9
 将来の再生医療に向けて血管など複雑な形の組織を3Dプリンター技術で作る研究が相次いでいる。

佐賀大学はiPS細胞から育てた細胞の塊をチューブ型に組み上げて血管を作った。
京都大学は神経を包む筒状の組織を作り、ネズミに移植して神経を再生した。

続きはソースで

ダウンロード

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG15H23_W6A710C1MM0000/

引用元: 【医療】3D印刷プリンターで血管や神経などを作製 佐賀大や京大が研究 心臓病などiPS細胞の治療で見込み©2ch.net

3D印刷プリンターで血管や神経などを作製 佐賀大や京大が研究 心臓病などiPS細胞の治療で見込みの続きを読む

このページのトップヘ