理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

保証

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/10(火) 18:09:19.35 ID:CAP_USER*
「ひきこもり」という言葉から連想するのは、一般的になんとなく男性であることが多いのではないだろうか。

しかし、約20年間「ひきこもり」界隈を追い続けてきた池上正樹氏によると、はたしてそのイメージは正しいのか、さらにはそのイメージによって埋もれてしまい苦しんでいる人々がいるという。

一昔前までは、「男性は外に働きに出る」ことが当たり前のように考えられ、「女子は家事を支えて家庭を守るもの」という価値観を前提にして、保険や年金といった日本の社会保障制度が設計されていた。 
しかし、「ひきこもり」という現象は、男性の身だけに起きる問題ではない。
ひきこもっている女性たちを阻む障壁や環境、課題について、いったい国はどこまで想像し、真剣に向き合ってきたのだろうか。

と怒りを表す。なぜなら、

20年近く「ひきこもり」界隈を取材してきた筆者が把握する限り、ひきこもる女性に特化した実態調査は行われてこなかったために、男性と違って、彼女たちの抱える現実や課題は、なかなか見えてこない。 

2016年4月現在での最も直近のエビデンスは、2010年に内閣府が行ったデータが比較的、現実に即しているといえるだろう。
 
当時の調査によると、「ひきこもり」群の定義である「趣味の用事のときだけ外出する」「近所のコンビニなどには出かける」
「自室からは出るが、家からは出ない」「自室からはほとんど出ない」状態が6ヵ月以上続いていると答えた人は、1.79%で、約70万人と推計した。

「ひきこもり」群の性別(注:二者択一)は、男性66.1%、女性33.9%だった比率を当てはめると、「ひきこもり」層の女性は、約23万6千人に上る。 
しかし、この内閣府の調査は、上限39歳までしか対象にしていない。 

続きはソースで

images

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160509-00001930-besttimes-cul
BEST TIMES 5月9日(月)23時33分配信


引用元: 【社会】ひきこもる女性の数は約50万人以上!?★2 [無断転載禁止]©2ch.net

ひきこもる女性の数は約50万人以上!?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆10.9/2taLY 2014/04/17(木)10:47:34 ID:9UwuUtwF4

2月26日、ドイツで衝撃的なリポートが発表された。
EFI(Expertenkommission Forschung und Innovation=研究・革新専門家委員会)といって、2006年にドイツ政府によって作られた6人の専門家からなる調査グループの提出したリポートだ。
 EFIは、教育、研究、技術開発を中心に詳細な研究をし、毎年1度、結果を政府に報告する。
つまり、政府のコンサルタントといった役割を果たしており、その権威と影響はかなり大きい。

+再生可能エネルギー法を全面否定したリポート+
さて、そのEFIのリポートによると、「再生可能エネルギー法は、気候変動防止も技術の刷新も促進しない」という。
 再生可能エネルギー法では、自然エネルギー由来の電気は、20年間にわたって全量が固定価格で買い取ってもらえるということが定められている。
この法律は、自然エネルギーの先進国を自負するドイツが誇って止まない法律であったのだが、それを、今回のリポートは全面否定したわけだ。
 酷評の理由を見ていく。
まずEFIのホームページに載っている同リポートの要約は、
「EFIは、再生可能エネルギー法の継続を正当であるとする理由は見つけることができない。
再生可能エネルギー法は電気代を高騰させるのみで、気候変動の防止も技術改革も促進しない」となっている。
 読み進んでいくと、さらに辛辣。
「ドイツの気候とエネルギー政策の核心的な道具としての再生可能エネルギー法は、失敗に終わった。
電力生産における再生可能エネルギーの割合は、2000年に同法が施行されて以来、7%から23%に伸びたが、そのため巨額なコストが掛かった。同法で保証されている助成金の額は、2000年には8億8300万ユーロであったが、2013年は230億ユーロに膨れ上がっている。
今では、消費者の支払う電気代の5分の1がこの助成金に充てられている。
同法が気候変動の防止に役立つということが根拠とされ、消費者負担の増大が強いられてきたが、実はその実態がないというところが、EFIが同法を批判する最大の理由である」
 EFIによれば、CO2の排出に関してはEUの排出量取引制度があるため(この制度が機能しているかどうかは別問題としても)、再生可能エネルギー法が気候変動防止に役に立っている事実はなく、電気代を高騰させているだけだというわけだ。
 さらに、「同法は技術開発の役にも立っていない。その理由は20年間有効の全量固定価格買取制度で、これがあれば勝手にお金が入ってくるがために、新しい技術を開発しようというモチベーションが働かない」からだという。
開発は常にリスクを伴うため、今、安易に収益が上がるなら、この技術で十分というのが多くの投資家の考えだ。
その結果、同法が施行された後、ドイツのメーカーの技術的競争力は向上していないという。
 結局、気候変動に貢献せず、技術開発力を弱め、さらに、電気代を高騰させるのならば、再生可能エネルギー法の存続には正当性がないというのがこのリポートの趣旨だ。
EFIは、去年のリポートですでに、現在の電力生産と研究開発の極めていびつな関係に言及しており、技術の促進のため、早急に対策を打つべきだと警告していた。
続く



ドイツの再生可能エネルギー法は失敗だったのか?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★ 2014/02/23(日) 10:39:44.87 ID:???0

 火星への片道飛行は、イスラム教徒にとって罪深いものであると認定された。これはアラブ首長国連邦イスラムワクフ宗務庁が出したファトワによる。Khaleej Timesが報じた。

 それによれば、これは火星で生き抜くことができるのを保証してはおらず、リスクの高い事業であり、「正しい理由なく」参加することは自◯するのと同じ、つまり許されない罪である、という。

 これは、2022年に火星に最初の植民団を派遣しようという「Mars One」事業を背景にしたもの。

1

ソース:http://japanese.ruvr.ru/2014_02_22/129008309/



火星への片道飛行、イスラム教徒の参加は禁止…アラブ首長国連邦イスラムワクフ宗務庁の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ