理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

修正

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/10/26(木) 18:08:14.50 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3148175?cx_module=latest_top

【10月26日 AFP】生物の遺伝コードに存在する小さくも致命的な誤りを「継ぎ目なく」修正できる、高精度の制御が可能な新たな分子機械を開発したとの研究結果が25日、発表された。

 この技術は、遺伝子編集の適用範囲を拡大し、精度を向上させるもので、遺伝性の失明、鎌状赤血球貧血、嚢胞(のうほう)性線維症やその他多くの消耗性疾患を引き起こす遺伝子変異の修復に道を開くものだ。

 米ハーバード大学(Harvard University)のデービッド・リュー(David Liu)氏率いる研究チームが開発した「一塩基編集」と呼ばれる手法では、DNAに直接「化学的な手術」を実行し、DNAのはしご型構造を切断することなく、問題のある部分を恒久的に修正する。

 英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された論文によると、病気のヒト細胞を用いた実験では、この技術が有効に機能することが示されたという。

 DNAは、個々の細胞がそれぞれに特化した仕事をどのように行うかに関する詳細な指示を細胞に与える。DNAを構成する「塩基」と呼ばれる4種類の化学物質はそれぞれ「A」「T」「G」「C」の文字で表され、必ずAとT、GとCがペア(塩基対)になるように配列されている。

 この中に1つの塩基対が誤った場所にある「遺伝子変異」が存在するだけで、物事は極めて悪い方向に進むことになる。

 すでに広く利用されているもう一つの遺伝子編集技術「CRISPR-Cas9」は通常、DNAの1つの塩基対を挿入したり削除したりするためにDNAのらせん状の鎖を切断する。

 だが、リュー氏の編集技術は、DNAの鎖を切らずに修正を行うことができる。「例えるなら、CRISPR-cas9ははさみで、一塩基編集は鉛筆のようなものだ」と説明し、それそれ向いている用途が異なると主張した。

 リュー氏のチームは2016年の画期的研究で、C-Gの塩基対をT-Aと交換する方法を示した。

 その後、バクテリアやトウモロコシ、マウスやヒトの胚に至るまでの生命体におけるいわゆる「点変異(1塩基置換)」を修正するため、この方法を用いた実験が世界中の研究所で実施され、好ましい結果が得られている。

続きはソースで

(c)AFP/Marlowe HOOD

2017年10月26日 14:18 発信地:パリ/フランス
ダウンロード (1)


引用元: 【研究】高精度「塩基エディター」、遺伝子治療の大きな一歩に

高精度「塩基エディター」、遺伝子治療の大きな一歩にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/29(水) 23:28:46.94 ID:CAP_USER9
日本臓器移植ネットワークの患者選定システムに不具合があり、脳死での心臓移植を受ける患者の選定に誤りが起きた問題で、移植ネットが設けた第三者調査チームは29日、「初歩的なプログラムミスが原因」とする報告書を公表した。システム稼働前後のチェックも甘く、不具合を見逃したという。

報告書によると、システムは移植ネットが2016年10月に導入した。システム開発会社が納品した当初からプログラムミスがあり、患者の情報を修正すると移植の待機日数が誤って長くなる不具合があった。

続きはソースで

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDG29H5A_Z20C17A3CR8000/
ダウンロード


引用元: 【医療】心臓移植患者「プログラムミス原因」で移植の待機日数が誤って長くなる不具合/臓器移植ネット [無断転載禁止]©2ch.net

心臓移植患者「プログラムミス原因」で移植の待機日数が誤って長くなる不具合/臓器移植ネットの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/16(木) 15:47:37.60 ID:CAP_USER9
<米科学アカデミー>ゲノム編集で出産容認 遺伝病に限定
毎日新聞?2/15(水) 20:19配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000112-mai-sctch

 米科学アカデミーが14日、狙った遺伝子を改変する「ゲノム編集」技術で受精卵や生殖細胞の異常を修正して子どもをもうけることを容認するとの報告書を公表した。重い遺伝性疾患に限るなどの条件付きだが、これまでは子宮に戻さない基礎研究に限るとしてきた姿勢を転換した。

 報告書によると、ゲノム編集が容認されうるのは、重い遺伝性疾患で他に治療法がない場合で、数世代にわたる影響の追跡調査を行うなどの条件を付けた。身体能力や知能の向上などを目的とするのは禁止した。現時点で具体的な計画はないが、技術の進歩が速いことから、考慮する時期に来ていると判断した。

 一方、現状では、技術面や安全面で克服すべき課題が山積しており、慎重な意見も多い。現在の技術では狙ったものとは違う遺伝子を改変してしまう確率がまだ高い。分裂して成長していく受精卵の場合、改変された細胞と改変されていない細胞が混ざる危険性もある。子孫に与える影響も未知数だ。

 日本では昨年4月、政府の生命倫理専門調査会が、子宮に戻さないことを条件に、受精卵の基礎研究を容認するとの中間報告書をまとめた。法規制や指針作成は見送られ、日本遺伝子細胞治療学会などの関連4学会が研究計画を審査する仕組み作りを進めている。

 石井哲也・北海道大教授(生命倫理)は「本来は学会に任せておくべきことではない。安易に臨床応用を目指すべきではなく、今回の報告書を支えに日本で急加速するようなことがあってはならない」と指摘する。【藤野基文】
ダウンロード (4)


引用元: 【遺伝子改変】米科学アカデミー ゲノム編集で出産容認 遺伝病に限定©2ch.net

米科学アカデミー ゲノム編集で出産容認 遺伝病に限定の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/06/07(火) 00:47:06.14 ID:CAP_USER
はやぶさ2、軌道修正成功=18年到着に向け順調-JAXA
時事ドットコム 2016/06/06-18:50
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060600681&g=soc

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、小惑星「りゅうぐう」に向け飛行中の探査機「はやぶさ2」の軌道修正が成功したと発表した。
2018年夏ごろの到着を目指す。

ダウンロード
▽関連
JAXA はやぶさ2プロジェクト
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/

引用元: 【宇宙探査】探査機「はやぶさ2」、軌道修正成功 2018年到着に向け順調/JAXA©2ch.net

探査機「はやぶさ2」、軌道修正成功 2018年到着に向け順調/JAXAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/03/31(木) 08:12:13.38 ID:CAP_USER*.net
10万~6万年前と大幅修正=フローレス原人の化石-国際チーム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2016033100088

 インドネシア・フローレス島のリャンブア洞窟で2003年以降に発見された非常に小柄な「フローレス原人」の化石について、オーストラリアのウーロンゴン大などの国際研究チームが推定年代を10万~6万年前に大幅修正したと、30日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 従来は9万5000~1万2000年前の範囲の地層から頭や腕などの化石が見つかったと発表していたが、発掘調査を続けて地層の複雑な構造を解明した。
フローレス原人が作ったと考えられる石器は、最も新しい物でも約5万年前という。

 学名が「ホモ(属)・フロレシエンシス(種)」と名付けられた同原人は、成人でも身長が約1メートルしかない。

続きはソースで

ダウンロード


時事通信:2016/03/31 06:53

引用元: 【歴史】10万~6万年前と大幅修正、フローレス原人の化石 国際研究チーム [時事通信]

10万~6万年前と大幅修正、フローレス原人の化石 国際研究チームの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/08/06(木) 00:55:40.70 ID:???.net
金星へ、あかつきの軌道修正成功 JAXA探査機
引用元:47NEWS 2015/08/05 12:58
http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015080501001257.html

no title


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、金星に向かう探査機「あかつき」が、小型エンジンを噴射した3度の軌道修正にいずれも成功し、目的の軌道に達したと発表した。

あかつきは29日前後に太陽に最接近する。
老朽化した機体の温度が上昇する「試練」(JAXA担当者)が待ち構えており、乗り越えることができたら12月7日に金星を回る軌道投入に再挑戦する。

続きはソースで

画像:金星に向かう探査機「あかつき」の想像図(JAXA・池下章裕氏提供)
http://www.47news.jp/PN/201508/PN2015080501001285.-.-.CI0003.jpg

▽関連リンク
JAXA
金星探査機「あかつき」の金星周回軌道再投入に向けての軌道修正制御の実施結果について
http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2015/0805.shtml

引用元: 【宇宙開発】金星探査機「あかつき」 軌道修正成功 12月7日に金星を回る軌道投入に再挑戦/JAXA

【朗報】金星探査機「あかつき」 軌道修正成功 12月7日に金星を回る軌道投入に再挑戦/JAXAの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ