理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

健全

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/07/17(日) 22:57:10.96 ID:CAP_USER
世界の生物多様性、「安全」レベル下回る 研究

【7月15日 AFP】地球の健全性を保証する生物多様性が現在、危機的なレベルにまで減少していることを示唆する研究論文が14日、発表された。

米科学誌サイエンス(Science)に掲載の論文は、地球の全陸地面積の58%で「エコシステムが人間社会を支える構図に疑問が生じるほど、生物多様性の損失は広がっている」と指摘する。
この58%の陸地には、地球人口の約71%が暮らしているという。

英ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(UCL)の研究者らは、各国の科学者数百人による、世界1万8000以上の場所で採取された、生物3万9000種以上に関する計238万件の記録データを基に研究を行った。

研究では、それぞれの土地における人の入植後の生態系の多様性について経時変化を推定するため、生物種の個体数変化を表す「生物多様性完全度指数(BII)」が用いられた。

BIIでは、一般的に安全と考えられる指数低下の限界値を最大10%としている。
これは、ある特定の生息地内における生物種の個体数が、人間による土地利用のない時点との比較で90%以上であれば安全圏にあるという意味だ。

しかし、研究論文によると、現在の地球上の生物多様性は、このしきい値を下回る84.6%になっているという。

(引用ここまで 以下引用元参照)

images (1)


▽引用元:AFPBBNews 2016年07月15日 15:05 発信地:マイアミ/米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3094097

引用元: 【生物】地球の健全性を保証する生物多様性 「安全」レベル下回る/英ロンドン大学©2ch.net

地球の健全性を保証する生物多様性 「安全」レベル下回る/英ロンドン大学の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/03(金) 23:31:17.11 ID:???.net
【10月2日 AFP】高齢者における嗅覚機能の低下は、以降5年間に死亡する可能性を高い確率で示唆する「前兆」であるとした研究論文が、1日の米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)に掲載された。

研究論文は「全米社会生活健康加齢プロジェクト(National Social Life, Health and Aging Project、NSHAP」の一環として行われた初の在宅調査の結果を基にしたもので、この調査を通じて年齢57~85歳の調査対象者のうち、嗅覚に関する簡単なテストで正確に答えることができなかった人の39%が、その後の5年以内に死亡していたことが判明している。
また、嗅覚機能に軽度の低下が認められた人と健全な状態と判断された人のうち同じ期間内に死亡した人はそれぞれ、19%、10%だったという。

研究者らによると、嗅覚機能の低下は心不全やがん、肺病の診断よりも明確に死期を予測するとされ、これを上回るのは、重度の肝臓障害のみだという。

論文の主執筆者である米シカゴ大学(University of Chicago)医学部外科のジャヤン・ピント(Jayant Pinto)准教授は、「嗅覚機能の低下は(危険が迫っていることを知らせてくれる)『炭鉱のカナリア』のようなものと考えている。
直接の死因とはならないが、体内に何らかの大きな異常が発生したことを表すサインだ」と説明している。

同准教授は、今回の研究結果は最も危険な状態にある患者を特定するための迅速かつ安価な臨床検査方法として有用となる可能性があるとしている。

ただ嗅覚機能の低下と死亡の明確な関連性は、今のところ明らかになっていない。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3027853

引用元: 【人体】高齢者の嗅覚機能低下、5年以内の「死期」示唆か 米研究

高齢者の嗅覚機能低下、5年以内の「死期」示唆かの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ