理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

健康

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/16(木) 14:56:54.76 ID:CAP_USER9
日本では、悲惨な医療事故が起こる度に、医療バッシングが起こり、医療不信に拍車がかかる。その度に「日本の医療はひどい」「欧米に比べて遅れている」等の声が聞かれる。先進主要国に比べ、本当に日本の医療はひどいのか、調べてみた。(多摩大学大学院教授、医師 真野俊樹)

● 日本人は自国の医療に 不信感を持ちすぎている?

 日本人ほど自国の医療に不信感を持っている国民はいない。2010年にロイター通信が報じた「医療制度に関する満足度調査」によると、日本人の医療満足度は15%で、これは世界の先進・新興22ヵ国中、最下位である。ちなみにトップは、スウェーデンの75%だ。

 また、カナダの調査(下表)においても、客観的データはほぼA評価であるのにもかかわらず、日本人の健康への自己評価は低い。

 その一方で、安倍政権では日本の「医療の良さ」を海外に輸出するとしているし、中国人を中心に日本に医療ツーリズムで訪れる患者も増えてきているようだ。果たして日本の医療レベルは高いのであろうか。そこを簡単に検証してみたい。

 あえて結果を先に言えば、筆者の分析では、日本の医療は世界の医療と比べても「10勝5敗3分け」(表)で「世界一」と言えるものであった。

 なぜ、そうと言えるのか。その要点を説明しよう。

続きはソースで

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170316-00121429-diamond-soci
images


引用元: 【医学】「医療世界一」は国際比較してみたら日本だった [無断転載禁止]©2ch.net

「医療世界一」は国際比較してみたら日本だったの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/12(日) 01:48:58.74 ID:CAP_USER
不健康な食事、米で年間40万人の死亡に関連 研究
2017年03月10日 10:50 

【3月10日 AFP】不健康な食生活によって、米国では年間40万人以上が心臓病と関連疾患で死亡している恐れがあるとの研究結果が9日、発表された。

研究によると、米国人は、塩分、脂肪、糖分などを多く含む食品を取り過ぎており、その一方で、果物、野菜、全粒穀物などは足りていないのだという。
研究結果は、米オレゴン(Oregon)州ポートランド(Portland)で開催の米国心臓協会(AHA)の会合で発表された。
 
研究を率いた米ワシントン大学(University of Washington)保健指標評価研究所(IHME)のアシュカン・アフシン(Ashkan Afshin)助教(国際健康学)は、「ナッツ、野菜、全粒穀物、果実などの健康的な食物の摂取不足と塩やトランス脂肪酸などの不健康な食事成分の取りすぎとの組み合わせは、米国での循環器疾患による死亡の主要原因となっている」と指摘する。

「米国での循環器疾患による死亡の半数近くが、食事の改善によって回避できる可能性があることを、研究結果は示している」とアフシン助教は述べ、食習慣を変えることで、多くの命が救われる可能性があると説明した。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2017年03月10日 10:50
http://www.afpbb.com/articles/-/3120873

ドーナツ、フライドポテト、フライドチキンなどのいわゆるファストフード。米フロリダ州マイアミで(2006年9月27日、資料写真)。(c)AFP/ROBERT SULLIVAN
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/f/500x400/img_4f2528bf5ede9aeba6e0982552ddc1ef313837.jpg
ダウンロード


引用元: 【循環器】不健康な食生活 米国で年間40万人以上が心臓病と関連疾患で死亡している恐れ©2ch.net

不健康な食生活 米国で年間40万人以上が心臓病と関連疾患で死亡している恐れの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/26(日) 09:02:51.67 ID:CAP_USER9
人前ではちょっと恥ずかしい貧乏ゆすりですが、イギリスの研究で、貧乏ゆすりをする人はしない人に比べて死亡リスクが低いとわかりました。
整形外科の分野では、貧乏ゆすりは「ジグリング」と呼ばれ、すでに治療に取り入れられています。
注目されている貧乏ゆすりの効能を紹介します。

座っている人が無意識に行う貧乏ゆすり。
一般的に見苦しい行為、落ち着きがない様子と考えられているので、貧乏ゆすりの癖を直したいという人は少なくないでしょう。
しかし、その好ましくないはずの貧乏ゆすりが、死亡リスクを軽減させる可能性があると、イギリス・ロンドン大学の研究チームが発表しました。

研究チームは、イギリスに住む37?78歳の女性、1万2778人を対象に、1日に座っている時間、貧乏ゆすりの頻度、活動量、食事、喫煙、飲酒などについて調査。
さらに12年間にわたり死亡率の追跡調査を行いました。

その結果、ほとんど貧乏ゆすりをしない人のグループのなかで1日に7時間以上座っている人は、同グループの1日5時間未満しか座らない人に比べ、死亡リスクが約3割上がりました。
ところが、ときどき貧乏ゆすりをする人、頻繁に貧乏ゆすりをする人のグループでは、1日7時間以上座っていても死亡リスクは5時間未満の人と変わらなかったのです。
この結果から、貧乏ゆすりをすれば長時間座っていることのリスクを回避できるとも考えられます。

また、1日5?6時間座っていて頻繁に貧乏ゆすりをする人のグループは、座っている時間が同程度でほとんど貧乏ゆすりをしない人や、ときどき貧乏ゆすりをする人のグループに比べ、死亡リスクが下がりました。
つまり、貧乏ゆすりは頻繁に行うほうが死亡リスクを下げるという結果です。

続きはソースで

http://news.goo.ne.jp/article/kateinoigaku/life/kateinoigaku-20170214134414934.html
http://news.goo.ne.jp/article/kateinoigaku/life/kateinoigaku-20170214134414934.html?page=2
ダウンロード (1)


引用元: 【健康】貧乏ゆすりが長生きにつながる 血流やリンパの流れを改善 [無断転載禁止]©2ch.net

貧乏ゆすりが長生きにつながる 血流やリンパの流れを改善の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/25(土) 09:26:14.18 ID:CAP_USER9
市販の弁当や加工食品、外食の多くは栄養分のミネラルが不足、慢性◯の原因になっていると、NPO法人「食品と暮らしの安全基金」(小若順一理事長)が警告している。
早くから気づいていた同基金は2010年から市販食品などのミネラル量を実測、2017年2月号の機関誌『食品と暮らしの安全』で「ほとんどの栄養士、医師、専門家が知らない! 心身を害するミネラル不足食品」とのタイトルでデータをまとめて特集した。

「ミネラルを多く摂れば家族は健康になり、社員食堂や病院食の改善で、うつ病は減り、病気も治る」と小若さんは訴えている。

メーカーや販売店の実名入りで公表

店で購入した単品、または同メーカーの 3食分、別メーカーの類似品の平均、などを埼玉県食品衛生協会検査センターに依頼し、全品についてカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅の5ミネラルを、一部はカリウム、ナトリウムも測定。
下回ると半数に健康障害が起きる恐れもあるという「推定平均必要量」と比較した。メーカーや販売店の実名入りだ。

たとえば、コンビニの幕の内弁当は大手 3社平均でも、5 種類のミネラルはいずれもその値を大きく下回った。
代表的な高齢者向け宅配弁当は 3食平均で、70歳超男性の必要量に全く足りなかった。

続きはソースで

http://news.livedoor.com/article/detail/12720299/
2017年2月25日 9時0分 J-CASTニュース
ダウンロード (1)


引用元: 【健康】外食やコンビニ弁当を続けていると・・・ 「ミネラル不足」で大変なことに [無断転載禁止]©2ch.net

【健康】外食やコンビニ弁当を続けていると・・・ 「ミネラル不足」で大変なことにの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/16(木) 20:52:24.90 ID:CAP_USER9
“真面目な人が長生き”という因果関係を明らかにしたのは2011年に米国で発表された「長寿プロジェクト(The Longevity Project)」だ。

スタンフォード大学の心理学者ルイス・ターマン教授が1921年、10歳前後の児童1528人を対象に調査を開始。
その後、1980年代になってカリフォルニア大学の長寿学者ハワード・フリードマン教授が引き継ぎ、「性格」と「寿命」の因果関係を80年にわたって追跡する大規模調査に結実したのだ。

そして1975年、アメリカの心臓外科医であるメイヤー・フリードマン氏が明らかにしたのは、「せっかちで競争心が強い」タイプはそうでないタイプに比べ、狭心症などの冠動脈疾患の発生率が2.24倍も高まるという事実である。

健康長寿を実現するために、性格を柔軟に見直す可能性を求めるにしても、バランスは必要だ。精神科医で岡田クリニック院長の岡田尊司氏がいう。

「ストレスがたまって怒りを爆発させるようになると、攻撃的な性格になる。攻撃性はM.フリードマン氏の研究にある通り病気につながる要素になる。

続きはソースで

http://news.livedoor.com/article/detail/12682365/
2017年2月16日 16時0分 NEWSポストセブン
ダウンロード (3)


引用元: 【生活】浮気する人としない人 寿命に差 平均寿命は「一途な結婚生活」を維持した人のほうが長い [無断転載禁止]©2ch.net

浮気する人としない人 寿命に差 平均寿命は「一途な結婚生活」を維持した人のほうが長いの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/12(日) 13:57:38.54 ID:CAP_USER9
オフィス勤務のような座りっぱなしの生活を送っている人々は、健康に様々な問題を抱えているという意見がある。
しかし、オーストラリアのシドニー大学の研究チームは、そのような活発度が考えられているほど広い一連の問題を常に誘発するわけではないと述べる。

鍵となる差は、デスクワーク中心の仕事と、画面の前でのテレビ視聴を含む、同様の余暇時間の過ごし方の間にこそある。

続きはソースで

https://jp.sputniknews.com/science/201702113330379/
images


引用元: 【科学】座りっぱなしの生活は必ずしも健康にとっての脅威ではないことが判明 [無断転載禁止]©2ch.net

座りっぱなしの生活は必ずしも健康にとっての脅威ではないことが判明の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ