理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/08(土) 21:27:57.17 ID:CAP_USER
産総研:傷つけられても元に戻る透明で曇らない膜の開発
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2016/pr20161007/pr20161007.html
http://www.aist.go.jp/Portals/0/resource_images/aist_j/press_release/pr2016/pr20161007/fig.png


ポイント

•透明で耐久性に優れた防曇膜を開発
• 簡便な処理により、ガラス等の透明基材の防曇膜として利用可能
•めがね、ゴーグル、車両・建物用ガラス、太陽光発電パネルや、その他の産業機器への活用に期待


概要

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)構造材料研究部門【研究部門長 田澤 真人】材料表界面グループ イングランド・マシュー 産総研特別研究員、佐藤 知哉 研究員、穂積 篤 研究グループ長は、透明で自己修復性のある皮膜をコーティングする防曇処理技術を開発した。

 現在、めがね、ゴーグル、車両・建物用ガラス等の表面に付着した微小な水滴が引き起こす"光の散乱"や"曇り"による光透過性の低下を防ぐために、さまざまな親水性素材を用いて材料表面への防曇処理が行われている。しかし、これまでの防曇処理技術では、処理された表面の耐久性が低く、一度物理的な損傷を受けると、恒久的に防曇機能を失ってしまうという課題や、皮膜の密着性が十分でないなどの問題があった。

 今回、防曇機能の向上を目的とし、水溶性ポリマーであるポリビニルピロリドン(PVP)と、アミノプロピル基を表面に付けたタルクに似たフィロケイ酸塩を基本組成とするナノメートルサイズの粘土粒子(AMP-ナノクレイ)からなるゲルを皮膜としてコーティングする技術を開発した。この皮膜は、高い光学特性や防曇性に加え、自己修復性、密着性、水中での安定性、水中はつ油性(油が付着しない性質)にも優れている。また、様々な基材表面にも容易にコーティングすることができる。

 この技術の一部は、平成28年10月10~13日に札幌コンベンションセンター(北海道札幌市)で開催されるAsia NANO 2016で発表される。

続きはソースで

ダウンロード (1)
 

引用元: 【材料科学】傷つけられても元に戻る透明で曇らない膜の開発 水溶性ポリマーと粘土粒子からなるハイブリッド膜で表面処理 [無断転載禁止]©2ch.net

傷つけられても元に戻る透明で曇らない膜の開発 水溶性ポリマーと粘土粒子からなるハイブリッド膜で表面処理の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/30(土) 21:22:45.27 ID:CAP_USER*.net
◆カニの甲羅から作った包帯が効く!

ダウンロード


ボストン大学の研究チームが10年の歳月をかけ完成させたハイテク包帯がイギリスで初めて販売されます。
カニの甲羅の成分が含まれた包帯が傷を素早く治すことが出来るようです。

ボストン大学が英知を結集して作ったハイテク包帯は年間3億円を稼ぐ可能性があると推定されています。
最も重要な成分はカニの甲羅に含まれるキトサンという成分です。
それが細菌を◯し、傷を素早く治します。

古代中国では、怪我をした時に除菌する為、カニを砕いて傷口に押し当てていたようです。
モウセン・ミラフダブ教授のチームは初めて、キトサンの成分を含んだ包帯を作ることに成功しました。

発想自体は古代中国のものですが、このハイテク包帯はイギリスで販売が開始されます。

続きはソースで

写真:http://svd.2chan.net/dec/59/src/1454156463722.jpg

引用元:http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/new-bandage-made-crab-shells-7245249#rlabs=11%20rt$category%20p$9

世界幸福新聞 2016年01月28日
http://www.happypost.top/%E4%B8%E7%8C/53533042.html

引用元: 【話題】傷の治りが早くなる カニの甲羅から作られたハイテク包帯が販売開始

傷の治りが早くなる カニの甲羅から作られたハイテク包帯が販売開始の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/30(日) 03:17:48.68 ID:???.net
クラゲ毒針長いほど刺されたら痛い…東京海洋大
YOMIURI ONLINE 2015年08月29日 17時31分配信記事
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150829-OYT1T50057.html

クラゲの触手にある毒針が長いほど、刺されたときの痛みや傷も大きいという研究結果を、東京海洋大の永井宏史教授らのチームが米科学誌プロスワンに発表した。

クラゲの触手には、微小な毒針が無数にあり、プランクトンなどのエサを捕まえるために使われている。

チームは、日本近海に多い4種のクラゲの毒針を顕微鏡で観察して比較。
刺されると激痛があるハブクラゲとアンドンクラゲの毒針は、長さ0・2ミリ以上のものが多かったのに対し、
刺されても傷が軽いアカクラゲでは0・1ミリ前後、刺される被害がほとんどないミズクラゲでは0・05ミリ程度だった。

(引用ここまで 全文は引用元参照)

ダウンロード (2)


▽関連
Length Is Associated with Pain: Jellyfish with Painful Sting Have Longer Nematocyst Tubules than Harmless Jellyfish
Ryuju Kitatani, Mayu Yamada, Michiya Kamio, Hiroshi Nagai
PLOS
Published: August 26, 2015DOI: 10.1371/journal.pone.0135015
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0135015

引用元: 【生物】クラゲの毒針長いほど刺されたときの痛みや傷も大きい/東京海洋大

クラゲの毒針長いほど刺されたときの痛みや傷も大きい/東京海洋大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/05/22(木) 20:01:20.92 ID:???0.net

カラーコンタクトで目に傷 相談が増加
日本テレビ系(NNN) 5月22日(木)15時54分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140522-00000039-nnn-soci

 カラーコンタクトレンズを使用して目に傷がついたなどの相談が増えている。
 国民生活センターによると、カラーコンタクトレンズを使用して「眼球に傷がついた」などという相談は、2007年度頃から増え、2009年度からの5年間では541件にのぼったという。
 また、日本コンタクトレンズ学会の調査では、2012年7月からの3か月間でカラーコンタクトによる目の障害が395症例報告されたという。
 カラーコンタクトは酸素が通りにくい素材を使っている場合が多いことや着色の影響などから、透明のものよりも目の障害を起こしやすい傾向がみられるという。
 国民生活センターは、視力を補正する「度」の入っていないカラーコンタクトを使用する際にも、必ず眼科を受診し、処方に従ったレンズを選ぶよう呼びかけている。


カラーコンタクトレンズの安全性-カラコンの使用で目に障害も-
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140522_1.html


引用元: 【社会】「カラーコンタクトで眼球に傷ついた」 障害を訴える相談が増加-国民生活センター


「カラーコンタクトで眼球に傷ついた」 障害を訴える相談が増加-国民生活センターの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ