理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

光ファイバ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/28(火) 12:04:34.34 ID:CAP_USER
体内に注射できる極小カメラ、3Dプリンターで作製 独大学 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00000010-jij_afp-sctch


【AFP=時事】ドイツの技術者チームがこのほど、塩1粒ほどの大きさのカメラを作製した。これにより、画像検診や、秘密の監視活動の未来が変わるかもしれない。

 独シュツットガルト大学(University of Stuttgart)の研究チームは、3つのレンズを備えたカメラを3Dプリンターで作製、直径が毛髪2本分の光ファイバーの先端に取り付けた。

 英科学誌「ネイチャー・フォトニクス(Nature Photonics)」に発表した研究論文によると、こうした技術は、侵襲性を最小限に抑えた内視鏡としての活用も期待できるとされ、さらには、実質的に目に見えないセキュリティー向けの監視装置や、「自律視覚」を持つミニロボットなどにも搭載できる可能性があるという。

 研究チームは、医療分野での重要な用途に適用できるほどの小型のレンズについて、従来の方法では技術的な限界から作製できないことを指摘しつつ、今回開発した3D印刷技法が「パラダイムシフト」を起こすかもしれないと説明する。

 設計から、製作、試験までにわずか数時間しかかからないこの「微小な目」だが、それがもたらすのは「高い光学性能と驚異的なコンパクトさ」と論文には記された。この複合レンズは、単体の直径が100ミクロン(0.1ミリ)で、ケーシングされた状態で120ミクロンになる。対象から3.0ミリ離れたところから焦点を合わせることができ、撮影した画像は、レンズが取り付けられている長さ1.7メートルの光ファイバーを通して中継される。

 この「撮像システム」は、標準的な注射針にも容易にフィットするため、人の臓器はもちろん脳の内部にまで到達させることも可能だ。研究チームは、「内視鏡に応用することにより、医療分野や工業分野で、小型の対象物を非侵襲的かつ非破壊的に調査することが可能になる」としている。

 また、この複合レンズは、光ファイバー以外にも、デジタルカメラに用いられているような画像センサー上にも3D印刷で形成できるという。【翻訳編集】 AFPBB News

ダウンロード
 

引用元: 【医療技術】体内に注射できる極小カメラ、3Dプリンターで作製 独大学 [無断転載禁止]©2ch.net

体内に注射できる極小カメラ、3Dプリンターで作製 独大学の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/20(水) 17:58:45.30 ID:CAP_USER.net
共同発表:長距離光ファイバ共振器を用いて光による大規模人工スピンネットワークの生成に成功
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160419/index.html


ポイント
10,000を超える人工スピン群を、長距離光ファイバ共振器を用いて生成した光パラメトリック発振器群で実現。
室温の光パラメトリック発振器群が低温下のスピン群の振る舞いを模擬し、高品質な人工スピンとして使用可能であることを確認。
組合せ最適化問題を高速に解くコンピュータの実現に向けた大きな一歩。


内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の山本 喜久 プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、日本電信電話株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 鵜浦 博夫 以下、NTT) NTT物性科学基礎研究所(所長 寒川 哲臣) 量子光制御研究グループの武居 弘樹 主幹研究員、稲垣 卓弘 研究員らのグループは、大阪大学 大学院工学系研究科の井上 恭 教授らと共同で、組合せ最適化問題の解を高速に探索する「コヒーレントイジングマシン」実現の基盤技術である、光による大規模な人工スピン群の生成に成功しました。

通信網、交通網、ソーシャルネットワークなど、社会を構成する様々なシステムが大規模化、複雑化するにつれ、システムの解析や最適化が重要な課題となっています。これらの課題の多くは組合せ最適化問題と呼ばれる、従来のコンピュータが苦手とする数学的問題に帰着されることが知られています。本研究グループでは、光パラメトリック発振器と呼ばれる光の発振状態をスピン注1)として見立て、相互作用する多数のスピンが全体のエネルギーを最低とするようにその向きをとる現象を利用して組合せ最適化問題の解を探索する「コヒーレントイジングマシン」の研究を行っています。

今回、長さ1kmの長距離ファイバ光共振器中に配置した高非線形光ファイバ中の四光波混合注2)により、時間的に多重された10,000を超える光パラメトリック発振器を一括生成することに成功しました。さらに、隣接する発振器を結合することにより、1次元のスピンネットワークを模擬し、光パラメトリック発振器群が低温下のスピンのように振る舞うことを確認しました。

本研究成果は、長距離光ファイバ共振器を用いて時間多重された光パラメトリック発振器を生成する今回の手法が、数千を超えるスピン数を持つコヒーレントイジングマシンの構築のための基盤技術として有用であることを示すものであり、大規模な組合せ最適化問題を従来に比して飛躍的に高速に解くコンピュータの実現に寄与することが期待されます。本研究成果は、2016年4月18日16時(英国時間)に英国の科学誌「ネイチャー・フォトニクス」のオンライン速報版で公開されます。

続きはソースで

ダウンロード (1)
 

引用元: 【計算科学】長距離光ファイバ共振器を用いて光による大規模人工スピンネットワークの生成に成功

長距離光ファイバ共振器を用いて光による大規模人工スピンネットワークの生成に成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/02(金) 18:12:44.58 ID:???.net
【やじうまPC Watch】時間反転波で光の時間を逆戻りさせ光信号を長距離伝送 ~NTTが技術開発と実証に成功 - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20151001_723622.html
NTT HOME > NTT持株会社ニュースリリース > 時間反転波を用いて、波長多重信号の劣化を高密度で一括補償する原理実証に世界で初めて成功
http://www.ntt.co.jp/news2015/1510/151001b.html

画像
http://www.ntt.co.jp/news2015/1510/image/151001ba.gif
図1 光ファイバ通信における伝送距離制限の要因
http://www.ntt.co.jp/news2015/1510/image/151001bb.gif
図2 位相共役変換による歪み補償の概念図
http://www.ntt.co.jp/news2015/1510/image/151001bc.gif
図3 位相共役変換器の有無による信号歪み特性の比較
http://www.ntt.co.jp/news2015/1510/image/151001bd.gif
図4 高効率PPLN導波路デバイス技術
http://www.ntt.co.jp/news2015/1510/image/151001be.gif
図5 相補スペクトル反転位相共役変換技術


 日本電信電話株式会社(NTT)は1日、位相共役変換を用いた新開発の光回路により、大容量光信号の伝送距離を大幅に長距離化できる技術を開発し、世界で初めて原理実証実験に成功したと発表した。

 光信号を伝送すると距離によって信号の劣化(非線形歪み)が生じる。これを補償する技術としてデジタルコヒーレントと呼ばれる技術が実用段階に入っているが、補償性能を上げるにつれ、信号処理回路規模が大きくなるトレードオフがある。

 他方、電気的なデジタル信号処理を用いずに非線形歪みを補償する手段として、位相共役変換により時間反転波を生成する方法がある。これは、光をあたかも時間が逆戻りしたかのように振る舞わせる技術で、伝送路の中間地点で位相共役変換を行なうことで、伝送路の前半で受けた波形歪みを伝送路の後半で修復できる。しかしこの方法にも、変換の際に異なる信号チャネルに光信号が移動して2倍の信号チャネルを占有し、チャネル帯域が半分以下に減少する課題があった。

続きはソースで

images


引用元: 【通信技術】時間反転波を用いて、波長多重信号の劣化を高密度で一括補償する原理実証に世界で初めて成功 NTT

時間反転波を用いて、波長多重信号の劣化を高密度で一括補償する原理実証に世界で初めて成功 NTTの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ