理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

光学迷彩

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/08(月) 17:56:02.59 ID:???.net
光の伝搬経路を自由に調整できる光学迷彩装置の実現へ前進 - 理研と東工大 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2015/06/08/420/
非対称な光学迷彩装置を理論的に実証 | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2015/20150608_1/

画像
http://www.riken.jp/~/media/riken/pr/press/2015/20150608_1/fig1.jpg
これまでの光学迷彩(左)では、光の伝搬の経路は向きに依存しないため、シールド領域に入ってくる光は存在しない。非対称光学迷彩(右)では、これまでの光学迷彩同様、外部から内部へ届く光はない。しかし同時にシールド領域内には光が届くため、内部から外部を見ることができる。


理化学研究所(理研)と東京工業大学は6月8日、非対称な光学迷彩を設計する理論を構築したと発表した。

同成果は理研理論科学研究推進グループ階層縦断型基礎物理学研究チームの瀧雅人 研究員と東京工業大学量子ナノエレクトロニクス研究センターの雨宮智宏 助教、荒井滋久 教授らとの共同研究グループによるもので、米科学誌「IEEE Journal of Quantum Electronics」に掲載された。

光学迷彩は、光を自在に曲げる装置によって、物体や人を見えなくする技術で、最近ではメタマテリアルという人工素材が注目を集め、透明マントのような装置の研究が進められている。これまで提唱されてきた光学迷彩装置は、入射した光が1つの閉領域を迂回するようにすることで、外部から見た人にとって、あたかもその領域内に何も存在しないように見せるという仕組みとなっており、外から光が入らないため、外部だけでなく内部からも見えない「対照的」な振る舞いを示す装置しか実現することができなかった。

今回の研究では、「内部から外部を見ることができるが、外部から内部は見えない」という「非対称性」を持つ光学迷彩装置を実現するための理論を構築した。ベースとなったのは2012年に米スタンフォード大学のグループが提唱した「光子に作用するローレンツ力」の概念で、光を補足する光学的な共振器を格子状に配置し、共振器間を光が曲がりながら伝搬する理論モデルだった。

続きはソースで

ダウンロード



引用元: 【光学/技術】「内部から外部を見ることができるが、外部から内部は見えない」非対称な光学迷彩装置の理論を構築 理研と東工大

【悪用厳禁】「内部から外部を見ることができるが、外部から内部は見えない」非対称な光学迷彩装置の理論を構築 理研と東工大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/11/03(日) 22:21:45.17 ID:???0

中国とシンガポールの共同研究チームはガラス製の”光学迷彩”を開発しました。
このデバイスは後ろにある物体に影響を与えることなく、前方から見えなくすることができます。
もちろんそのまま移動することも可能です。

この光学迷彩はガラス製の薄いパネルを使って光を屈折させることでオブジェクトを不可視にします。
現在は単一方向だけにしか完全に不可視に出来ず、研究はまだまだ初歩段階と言えます。

研究チームは簡単な技術で不可視化できないかと考えていました。
人間の目は屈折による光の位相の変化に鈍感なため、また透明で加工性が良いためにガラスを使うことにしました。
これによりナノテクノロジーのような高度な処理は不要で容易に製作可能です。

この光学迷彩は光学素子を特定の角度で組み合わせることで不可視化することが出来ます。
研究チームは6方向からの光に対応できる6角形の素子を作成しました。
この実験結果は10月に学術誌に論文発表されています。

将来的にはセキュリティ、エンターテイメント、監視の分野で使用出来るようになるとのことです。

※画像
9

http://www.wantchinatimes.com/newsphoto/2013-11-03/450/20131102invisiblehexagon-151925_copy1.jpg

http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20131103000062&cid=1104



中国らの研究チーム、光学迷彩を開発[11/3]の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ