理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

全天

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/16(金) 17:05:49.73 ID:???.net
掲載日:2015年1月15日

 東京大学の土井靖生さんらにより、2006年に打ち上げられた赤外線天文衛星「あかり」の全天観測データから遠赤外線の画像データが作成された。この遠赤外線データは、これまで広く利用されてきた衛星「IRAS」のデータを約20年ぶりに刷新するもので、解像度が4~5倍向上している。遠赤外線観測では、星や惑星の材料となる低温の塵(ダスト)などの星間物質の分布を把握し、天体が生まれるようすを調べることができる。

 星間物質が重力で集まると、まず大きさが数百光年に達する「巨大分子雲」が作られ、その中で直径数十分の1光年以下の「分子雲コア」と呼ばれる特に密度の濃い領域ができる。今回完成した「あかり」のデータでは、大きな構造の全体を詳しく調べられるので、巨大分子雲から分子雲コアが生まれる過程を調べることができる。
これは世界で唯一のデータだ。

続きはソースで

<画像>
「あかり」が観測した全天の遠赤外線画像。青く示された箇所が温かい星間物質(波長90μm)、赤いほど冷たい星間物質(140μm)の存在を示す。星間物質が温かい領域ほど、より多くの新しい星が生まれつつある。(提供:発表資料より、以下同)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/01/15akari/attachments/akari.jpg

「あかり」が観測した天の川付近の拡大画像。はくちょう座付近(下図の黄色枠)がとらえられている。
(星図は発表者により「ステラナビゲータ」で作成)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/01/15akari/attachments/farir_cyg.jpg

<参照>
ISAS | 高詳細な遠赤外線全天画像データを公開~赤外線天文衛星「あかり」の新しい観測データを研究者が利用可能に~ / トピックス
http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2015/0115_akari.shtml

東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 - 【研究発表】高詳細な遠赤外線全天画像データを公開 -赤外線天文衛星「あかり」の
新しい観測データを研究者が利用可能に - 総合情報ニュース - 総合情報ニュース
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/news/topics/20150115175744.html

AKARI Far-infrared All-Sky Survey Maps
http://www.ir.isas.jaxa.jp/AKARI/Archive/Images/FIS_AllSkyMap/

<記事掲載元>
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/01/15akari/index-j.shtml

引用元: 【宇宙】天文衛星「あかり」が遠赤外線でとらえた全天画像

天文衛星「あかり」が遠赤外線でとらえた全天画像の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ウィンストンρ ★ 2013/08/09(金) 11:02:40.43 ID:???

真夏の夜空を彩るペルセウス座流星群が12日深夜から13日未明にかけて見頃を迎える。

ことしは流星がピークとなるころに月明かりがなく、前後10年間で最も好条件。国立天文台は「このチャンスを見逃さないで」と呼び掛けている。

国立天文台によると、流星群の活動は15日ごろまで続く見込み。条件が良ければ、1時間に50個以上流れることも期待できるとしている。

流星はペルセウス座の「放射点」の方向から八方に流れるが、特定の方角ではなく全天に現れる。

観察する場合は、肉眼で空全体を広く見渡すように見るのが良いという。

ソース 47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013080901000930.html
4



【天体】8月12日深夜から13日未明に見ごろ ペルセウス座流星群の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ