理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

兵器

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/12/26(木) 00:36:19.67 ID:???0

今年の秋、ロシアの兵器メーカー、Tula Instrument Design Bureau社は水中で使用することができる機関銃を発表しました。


【画像】
http://images-kitup.military.com/wp-content/uploads/2013/12/ADS_assault_rifle-600x337.jpg 


約1世紀にわたる歴史を持つトゥーラ社は10月にモスクワで行われた武器展覧会で、”水槽の中”にADSアサルトライフルを展示しました。

メディアはすでにロシアの特殊部隊に配備され、また国際的にも輸出可能であると言います。
すでに水中発射銃は海外の顧客からの契約を取っています。

ADSは水中用に特別設計されたカートリッジを使います。
陸上では一般的なライフルとして使用でき、毎分800発の発射速度と500mの射程をもち、性能自体はAK-47とほぼ同様とされています。

水中では少し大きめのカートリッジから長さ53.5mmの弾丸を発射し、30mの深さで約25mの射程距離を持ちます。
完全な水没環境での動作については非公表とされています。

2種類の弾薬の使い分けについて同社は「簡単だ。マガジンを交換するだけで良い。」と言います。

国際的には水中インフラを警護する部隊などへの販路が期待されています。

38ac8347.jpg

http://kitup.military.com/2013/12/russia-export-underwater-machine.html



【軍事】ロシア、完全な”水中銃”を開発、輸出へ…水中での射程は25mの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/14(木) 19:20:17.69 ID:???0

★ロボット兵器にNGOが危険性訴え
11月14日 4時48分

人間の判断なしに自動的に敵を攻撃するロボット兵器の開発について、各国政府の代表が国際的な規制の是非を話し合う初めての会議がスイスのジュネーブで14日から始まるのを前に、開発に反対するNGOが現地で、兵器の危険性を訴えました。

攻撃対象となる敵をみずから識別したうえで自動的に攻撃するロボット兵器の開発については、人間の判断を介さずに殺傷を繰り返すことなどへの反発が強く国際的な規制を求める声が高まっています。

こうしたなか、日本を含む各国政府の代表が参加してジュネーブで14日から開かれるCCW=特定通常兵器使用禁止制限条約の締約国会議で、初めてロボット兵器の問題が取り上げられ、ロボット兵器の開発の規制を視野に入れた専門家会合を開くかどうか話し合われる予定です。

これを前に13日、ジュネーブでは、ロボット兵器の全面禁止を訴えている世界の44のNGOで組織された団体が各国の代表を招いて講演会を開き、ロボット兵器の危険性を訴えました。

この中でNGOのスティーブ・グースさんは「機械に人の生死の判断を任せることは倫理的、道徳的にあってはならないことであり、ロボット兵器は単に新たな兵器の1つというだけでなく戦争そのものを変えてしまうだろう」と述べて全面的な開発禁止を呼びかけました。

CCWの締約国会議は、2日間行われる予定です。

23

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131114/k10013043691000.html


ロボット兵器にNGOが危険性訴えの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/10/31(木) 22:35:45.08 ID:???0

ラインメタル社は8x8 Boxerの上に搭載される20kw級レーザー兵器システムのデモを公開しました。
10月下旬にスイスのOchsenboden実験場で射撃試験が行われ、自走式車両に搭載された高エネルギーレーザー(HEL)システムは複数のUAVと火砲、モルタル製の目標物を破壊しました。
複数の発振器から発生したレーザーは収束され、目標を破壊できるエネルギーを持った光線となって射撃されます。

このレーザーシステムは主にドイツ政府の支援によって行われている開発プロジェクトです。
レーザーモジュールはノースロップ・グラマンのSkyguardとリンクすることも出来ます。

ラインメタル社はレーザー出力別に5kw、20kw、最高の50kwの3つのカテゴリーに分けました。
5kwシステムはM113装甲兵員輸送車、20kwシステムは8x8 Boxerに搭載可能です。
この軍用レーザーシステムは防空、C-RAM(ロケット迎撃)、爆発物処理、目くらまし、航空機への攻撃などに有用と見られており、Skyguardとリンクさせたデモンストレーションにおいても『飽和攻撃』による複数脅威への対処が可能だと証明されています。

将来的には艦船用の100kW級レーザーシステムも現実的に開発できるそうです。

★画像
15eaa363.jpg

http://www.janes.com/images/assets/166/29166/1518383-main.jpg

http://www.janes.com/article/29166/rheinmetall-widens-the-aperture-for-laser-weapons



【軍事】ラインメタル、20kw級高エネルギーレーザー車両を公開。試験では”飽和攻撃”に有用と証明[10/31]の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ