理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

内視鏡

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/07/13(木) 15:41:49.87 ID:CAP_USER
手術せず肥満解消 胃から小腸の内側、膜で覆う治療法
2017年07月09日09:06

肥満症の治療に向け、松波総合病院(岐阜県羽島郡笠松町田代)は8日、東京大などと、消化器官での栄養吸収を抑制して肥満を解消する新たな治療法の共同研究を開始した、と発表した。外科的手術が不要で、患者の体への負担軽減や医療費の抑制が期待される。3年以内をめどに臨床実験に入り、効果を実証する方針。
 
研究するのは、胃から小腸までの内側を筒状の膜で覆う治療法。同院が昨年3月、膜を網目状にして必要な栄養素のみ吸収できるように改良し、国内特許を取得した。内視鏡を使って膜を口から小腸まで運ぶため、肥満治療の主流となっている胃切除などの外科的手術を伴わないのが特長。減量後には膜の摘出もできる。これまでに子ブタでの実験で、体重の増加を抑えるデータが得られた。

続きはソースで

▽引用元:岐阜新聞Web 2017年07月09日09:06
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170709/201707090906_30020.shtml

消化器官からのエネルギー吸収を抑える「インナーシャントソック」を使った肥満症治療法のイメージ図
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170709/201707090906_30020.jpg
ダウンロード (1)


引用元: 【医学】手術せず肥満解消 胃から小腸の内側、膜で覆い栄養吸収を抑制/松波総合病院・東京大など©2ch.net

手術せず肥満解消 胃から小腸の内側、膜で覆い栄養吸収を抑制/松波総合病院・東京大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/07/11(火) 21:34:52.03 ID:CAP_USER9
http://eetimes.jp/ee/articles/1707/11/news093.html

NECと国立がん研究センターが、大腸がんや前がん病変(大腸腫瘍性ポリープ)を内視鏡検査時にリアルタイムで発見できるAI(人工知能)を開発した。大腸がん発生の原因となる大腸腫瘍性ポリープの見逃し率を減らすことが期待できる。
[辻村祐揮,EE Times Japan]2017年07月11日 15時30分 更新
人間の視野の限界を補う

 NECと国立がん研究センターは2017年7月10日、大腸がんや前がん病変(大腸腫瘍性ポリープ)を内視鏡検査時にリアルタイムで、98%の精度で発見できるAI(人工知能)システムの開発に成功したと発表した。

 同AIシステムは、NECのAI技術「NEC the WISE」で約5000枚の内視鏡画像を学習データとして解析し、大腸腫瘍性ポリープと早期大腸がんの発見率98%を実現。高速処理アルゴリズムとGPUの搭載により、処理速度を33ミリ秒以内に高速化し、リアルタイムの診断を可能とした。内視鏡に映る画像全体の解析が可能で、人間の視野の限界が補えるため、大腸腫瘍性ポリープの見逃し率減少が期待できる。

続きはソースで


ダウンロード (1)


引用元: 【医療】NEC開発、発見率は98%:内視鏡診断にAIを活用、大腸がんの即時発見へ [無断転載禁止]©2ch.net

NEC開発、発見率は98%:内視鏡診断にAIを活用、大腸がんの即時発見への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/07/10(月) 18:18:19.04 ID:CAP_USER9
大腸がんの内視鏡検査を行う際に、人工知能ががんを見つけて医師に知らせるシステムを国立がん研究センターなどが開発し、人による見落としを防ぐ技術として注目されています。

国立がん研究センターと大手電機メーカーのNECは、医師が内視鏡の画像を見ながら大腸がんの検査を行う際に、人工知能が画像を解析し、がんになる前のポリープやがんを見つけて即座に知らせるシステムを開発しました。

このシステムでは、人工知能が異常を見つけるとチャイムが鳴り、画面上に緑色の丸印で位置を医師に知らせます。

続きはソースで

7月10日 17時56分 (動画あり)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170710/k10011052571000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001
ダウンロード


引用元: 【医療】大腸がん見落とし防止で人工知能使うシステム [無断転載禁止]©2ch.net

大腸がん見落とし防止で人工知能使うシステムの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/06/23(金) 09:23:03.80 ID:CAP_USER9
鼻や口から内視鏡を入れると、患者そっくりに反応する研修用ロボットを、医療ロボットベンチャーのテムザック技術研究所(鳥取県米子市)と鳥取大学が開発した。

ロボットは女性の等身大で、皮膚や内臓はシリコーンゴム製。鼻や口から食道までの構造は、実際の患者の画像を元に3Dプリンターで再現した。1体980万円(税抜き参考価格)で販売中だ。

続きはソースで

鳥取大などが開発した内視鏡の操作訓練ができる人型ロボット(鳥取県米子市で)
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20170623/20170623-OYT1I50012-L.jpg

配信 2017年06月23日 09時12分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/science/20170623-OYT1T50044.html
ダウンロード


引用元: 【医療】内視鏡に「痛っ」「オエッ」反応する研修用ロボ 鳥取大学が開発 [無断転載禁止]©2ch.net

内視鏡に「痛っ」「オエッ」反応する研修用ロボ 鳥取大学が開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/08/08(月) 07:47:35.08 ID:CAP_USER9
総務省は、がんなどの診断で人工知能(AI)が医師を支援するシステムの開発に乗り出す。

 8Kカメラで撮影した患者の体内の超高精細画像を基に、AIが分析する仕組みで、判定の精度を高めることで、医師が病気の兆候を見逃さないようにする。開発に参加する産官学のAI研究機関や大学病院、医療機器メーカーを年内に募集し、2019年の実用化を目指す。
AIと日本が先行する8K技術を組み合わせ、医療分野に本格応用する。

続きはソースで
 
http://www.yomiuri.co.jp/science/20160807-OYT1T50136.html
16年08月08日 07時12分
ダウンロード


引用元: 医療】人工知能AIと8Kカメラで医師の診断を支援…がんなど見逃し防止で開発へ 総務省©2ch.net

人工知能AIと8Kカメラで医師の診断を支援…がんなど見逃し防止で開発へ 総務省の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/07/08(金) 20:53:24.83 ID:CAP_USER9
http://mainichi.jp/articles/20160709/k00/00m/040/167000c

国立がん研究センターと東工大のグループまとめ
 ヒトの腸の中で生息する腸内細菌は、大腸の内視鏡検査で便をすべて洗い流しても、その前後で種類や構成比率に変わりはないとする研究結果を、国立がん研究センターと東京工業大のグループがまとめた。検査時は薬剤を使って大腸を空っぽにするため、腸内細菌に影響するとの指摘もあったが、検査の60日後に調べたところ、変化はなかったという。

 腸にいる約1000種類の細菌は、糖尿病やアレルギーなどさまざまな病気と関係するとされ、炎症性の腸疾患の患者は健康な人より腸内細菌の種類が少ないとの研究結果もある。近年は、洗浄で腸内をきれいにして体質改善や健康増進を図るという「腸内デトックス」も広まっている。

続きはソースで

ダウンロード (1)


引用元: 【医療】腸内細菌 内視鏡検査…実は、洗浄しても変化なし©2ch.net

腸内細菌 内視鏡検査…実は、洗浄しても変化なしの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ